2014年の夏季休業

誠に勝手ながら、以下の期間を2014年の夏季休業とさせていただきます。

2014年8月14日(木)~2014年8月17日(日)まで

夏季休業中にいただいたお問い合わせにつきましては、2014年8月18日(月)より順次ご対応をさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

20〇〇年の〇〇休業の更新が大変

弊社では毎回「20〇〇年の〇〇休業」などの記事を作成しております。

そして弊社では新着情報であってもしっかりと記事を書くことが大切だと考えており、一応新着情報1記事に対して2,000文字のノルマで更新作業を行っております。

前回の2014年のゴールデンウィーク休業のお知らせを書いたときにも、かなり更新ネタが大変だと記載しておりますが、今回も2014年の夏季休業について何を書いていくかを悩んでいます。

基本的にはページに関係する内容はあまり書かずに別のページに関連する内容のページを作成すると言うのがSEOのルールになるのですが、そうしてしまうと休業系のお知らせの記事が書けないのです。

そのため、毎回この記事作成は本当につらいものになっておりますが、ただ1年に、ゴールデンウィーク、夏季、年末年始の3回になるので、何とか今後も頑張って行こうと思っております。

このページを1ページ作成しただけでSEO効果が上がるとは思っておりませんが、しっかりと作成していくことで、ある程度のボリュームになったときに非常に効果的なSEO対策になると信じて、今後も記事作成を続けていこうと思っております。

とにかく被リンク対策を実施

2014年の夏季休業は非常に短いので、あまりすることをたくさん持つことができません。

そのため今回の2014年の夏季休業で行うことは、被リンク対策だけにしようと思っております。

そして弊社のホームページは圧倒的に被リンク数が足りないので、今後も力を入れて被リンクを行うことで、ホームページの成果は最大化されて行きます。

ただ、現状で被リンク対策を行っており、かなり効果は出ているとは思いますが、それでも全然アクセス数が足りておらず、弊社で狙っているキーワードで上がっていないので、まだまだ細かな作業案件やSEO案件などをいただいており、なかなかホームページ制作実績を増やすことができておりません。

被リンク対策の計画

そして今回の2014年の夏季休業で被リンク対策は行いますが、おそらく年内で弊社が狙っているキーワードでの1ページ目へのランクインはできないと思っております。

それほどさすがは1ページ目のホームページと言うべきか、1ページ目のホームページは大量の被リンク数を獲得していますので、取り敢えずは数では勝てないので、質で勝とうと方向転換を行っております。

これまで弊社では、無料ブログを使った被リンク対策を行っており、結構記事内容についてはリライトをしていないなどの問題がありましたが、今後は数を集めるよりも質で対抗するために、しっかりと記事ページを作成していき、内部リンクや弊社のホームページ以外へのリンクなどを行うことを検討しております。

これらをしっかりと行うことで、その外部のホームページは検索エンジンから高く評価されるホームページになり、当然その被リンクもより効果的なものになってきます。

ただ被リンクは面倒くさい

これが弊社のホームページの被リンク対策が進まない最大の理由ですが、頭では質の高い無料ブログを作成して、そこから被リンクを行えば上がると分かっているのですが、外部の無料ブログで記事を作成することは本当に面倒くさいものになっております。

実際に弊社ではこの無料ブログを使った被リンク対策をお客さまにも提案をしたりしているのですが、やはりどの会社さまも被リンク対策がなかなか進んでおりません。

SEO会社さまなどにおいては、この原稿作成なども代行はできるのですが、やはりSEO会社さまに月額を支払って被リンクだけを行うのであれば、その予算を使ってホームページの内部をより訪問者にとって有益なものへと改定したほうが良いと思っており、被リンク対策は自社内で対応すべき内容だと思っております。

ただ、面倒くさいということが非常に大きなポイントになっており、今後はこの面倒くさい作業を以下に簡略化できるかを検討していこうと思っております。

2014年の夏季休業などの長期の休みの使い方が大切

そしてSEO対策においては2014年の夏季休業などの長期の休みの使い方が大切になってきます。

どういうことかと言うと、この2014年の夏季休業のように長期の休みは御社のライバルサイトなども含め一斉にSEO作業が止まるものになっているのです。

当然ですが、だからと言って毎日の作業をやらなくて良いと言うものではないのですが、毎日の作業は1ページ目のホームページにプラス1程度の作業にして置き、こういった休みでしっかりと自社のSEOで足りていないポイントを対策することで、ホームページのSEO効果は飛躍的に高まります。

SEOは結局のところ、確かにホームページ制作段階でのテクニックの利用などもあるのですが、それよりもホームページ運営にどれくらい真剣に取り組むかが大切になっております。

そのため、しっかりとホームページ運営を行うことで、必ずSEOは成果を出せるので、しっかりとホームページ運営を行い続けることで、SEO効果は高まっていくのです。