2017年のゴールデンウィーク休業

2017年5月03日~2017年5月7日を2017年のゴールデンウィーク休業とさせていただきたいと思います。

ゴールデンウィーク休業期間にいただいたお問い合わせにつきましては、2017年5月8日以降に順次ご対応をさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

しばらく更新が止まっておりました

今回新着情報の更新は非常にひさしぶりになっております。

もちろん電話やメール対応はしっかりとしていたのですが、新着情報の更新業務は非常にお恥ずかしいですが、止まっておりました。

それは主にSEO対策を行わなくても良くなったことや、単純に記事を書くのが面倒くさいと言うあってはならない理由になっておりました。

そして現状の検索順位は一時は狙ったキーワードで1ページ目の上位に来ておりましたが、現在は1ページの下位になっており、ホームページの更新業務を辞めると少しずつ順位が落ちているようです。

更新を辞めた理由はSEOが中心

新着情報は基本的には、既存のお客さまや新規のお客さまが弊社が休みかどうかのチェックや弊社のホームページがしっかりと更新されているかをチェックして、会社としてしっかりとしているかの確認をするために見るものになっております。

そして現在ホームページ制作を行っていると、結構新着情報は更新が大変だからいらないと言うお客さまも多くいて、これについては弊社も実際に自社のホームページの更新が行えていないので、何とも言えないものになっております。

そして、新着情報であっても更新を止めることで、時間が結構空いてくるため、案件に全力で取り組めるようになり、より効果的なホームページ制作を行っております。

そしてなぜ更新を止めたかと言うと、本当はあってはならないのですが、単純に現在弊社では安定してお仕事をいただけるお客さまがいらっしゃり、そこまでSEO対策に注力した見込み顧客対策を行わなくてもよくなったと言うのが大きな要因になっているのです。

新着情報はSEOのための更新ではない

そして、弊社が本当にお恥ずかしいですが、新着情報は何もSEO対策のために更新を行うものではありません。

基本的には、その情報を見てもらうことで、ホームページの成約率を最大化させたり、既存のお客さまに見ていただくことで、弊社の状況を理解していただくものになっており、これは別に当ページのようにゴールデンウィーク休業などのお知らせでも良いので、しっかりと公開していくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まります。

もちろんSEO狙いと言う面もあると思いますが、SEO狙いであればスタッフブログを更新することが最も効率が良いと考えており、新着情報とはまた別になってくると理解をしていく必要があるのです。

これらをしっかりと理解して新着情報を更新することこそが、ホームページで成果を出すために必要なものになり、弊社のように更新が止まるくらいであれば、新着情報がないほうが良い場合もあるのです。

新着情報がないホームページが増えている

そして現在弊社でホームページを制作していて、結構な頻度で新着情報の更新はしないからいらないと言われることがあります。

これは非常に大切なことになっており、更新しないのであれば新着情報はないほうが良いと思われます。

そしてせっかく予算を出して制作したら少しでもいいので、ポイントポイントでしっかりと更新業務を行う必要があり、これらを行うことは、SEO対策としてはもちろんですが、ユーザにとってより良いホームページには必須であると思われるのです。

そのため、ホームページを制作する際に、新着情報をどうするかをしっかりと定めて更新をすることで、本当に成果の出るホームページ制作になっていきます。

1度新着情報の更新が止まります

そしてこの記事を書いていて本当に申し訳ございませんが、現在弊社はかなり忙しい状況になっており、いったん新着情報の更新を止めようと考えております。

具体的に何日止めるかは不明で、数ヶ月になるか数年になるかは未定ですが、いったん止めさせていただきます。

しかし、しっかりと営業は行っておりますので、お問い合わせなどはどんどんいただけましたら幸いです。

追記として不足している分を追加します

2020年10月13日の追記分になりますが、2020年まで更新が止まってしまいました。

そして2018年と2019年は一切更新をしておりませんので、今後は2018年と2019年の記事を作成していこうと考えております。

これは正直に言って、更新が止まっていたと言うのが恥ずかしいので、それらをこっそりと埋めていくことで、後から見たときには更新が止まっていないように見えてくるためです。

そのため、今後少しずつ情報が止まっていた記事ページを追加していき、更新が止まったことを隠すではありませんが、なかったように見せることで、取り敢えずの対策としていく予定をしております。