業種別ホームページ制作法ページの作成

2014年8月18日に弊社では業種別ホームページ制作法のページを新規作成いたしました。

このページを作成した理由は、弊社ではスタッフブログを作成して、歯科医院のホームページ制作法や工務店のホームページ制作法などを制作して、それぞれの業界に対して最適なホームページ制作法をご紹介するページを作成しております。

そしてその数が非常に多くなってきたので、振り分けページとして業種別ホームページ制作法ページの作成を行っており、こちらのページであればお探しの業種のホームページ制作法をすぐに閲覧することが可能です。

そこで今回は、業種別のホームページ制作法のページを新規作成いたしましたので、簡単にページのご紹介をいたします。

業種別ホームページ制作法の目的

まず、業種別ホームページ制作法のページを作成した理由は、弊社のスタッフブログには、工務店のホームページ制作法やクリニックのホームページ制作法などの業種ごとに最適なホームページを制作する方法を記事にしておりますが、その数が非常に多くなったことが要因になっております。

実際にスタッフブログにおいては、カテゴリーはあるのですが、業種別のホームページ制作法の更新がどこまで続くかが分からなかったため、カテゴリーを作成しておらず、ホームページ制作・運営カテゴリーでの記事ページの作成を行っておりました。

そして現在弊社ではスタッフブログの更新に力を入れており、そのため、業種別のホームページ制作法の記事がどんどん下の方に埋もれてしまっているので、それらが一目で分かるように、業種別のホームページ制作法ページを作成いたしますた。

記事の質はばらつきがあるが良いページもある

そしてなぜ弊社では、業種別のホームページ制作法のページを見てもらいたいかと言うと、それはかなり記事の作成に力を入れているページもあるためです。

もちろん、その日のコンディションや案件の状況によっては、質が普通かそれ以下のページもあると思いますが、しっかりと書けているページも中にはあります。

それらのページは実際に検索順位で上位表示が行えており、グーグルもしっかりと価値を認めてくれているので、被リンクがないけれども上位表示が可能になっているのです。

そのようなページは確かにグーグルからの訪問者だけでも良いのですが、比較的ライバルが少ないニッチな業種のホームページ制作法になるので、検索からだけではなく、自社のホームページからもそのページへと誘導することで、ホームページの成果を最大化することを検討しております。

これらをしっかりと検討してホームページ制作法のページを作成し、今後は力を入れて告知していくことで、弊社のホームページ全体のSEO効果の向上を図っていきます。

ページを作成する際に

ページを作成する際には、弊社で意識しているのは2点になり、ユーザに良いと感じてもらうこと、そしてグーグルに良質なページであると感じてもらうことが大切になっています。

まず基本的にはページを作成しても、ユーザがその文章を見て良いと感じてくれなければお問い合わせへと繋げることができませんので、しっかりとページを作成する際にはユーザ目線での作成が求められます。

そして次にグーグルが良いページであると認めてもらう必要もあり、これらをしっかりと行うだけで、検索順位を高めることが可能になります。

ある程度ホームページ全体で被リンクがあるホームページにおいては、この質の高いページを作成しただけでそのページ自体が上位表示ができるものになっており、これについては実際に弊社のホームページがそうであるように、業種別のホームページ制作法のページには一切被リンクを行っていないにもかかわらず、これらのページが上位表示されているのです。

そのため、もちろん被リンクはその他のページに対してしっかりと行う必要がありますが、たとえ上げたいページに被リンクがなくてもその他のページに被リンクが付いていること、そしてさらにはそのページ自体の質が高いことで、グーグルは検索順位を上げてくれます。

これらを理解してページ作成を行うと行わないでは、必ずホームページのSEO効果、そしてお問い合わせ数が変わってくるので、しっかりと理解をしてからページ作成を行ってくと良いでしょう。

キュレーションページのSEO効果

そして、現在SEO対策などについて調べていると、このような内容をまとめたページ、すなわちキュレーションページが大切だという記事を見かけます。

実際に作成しておいていうのもなんですが、これはほとんどSEO対策に効果がないと考えています。

これらのページは一般的には内部リンクになるのですが、1ページに10も20も内部リンクがあることは、もちろん検索エンジンスパムになることはないのですが、しかし1つあたりの内部リンクの価値は下がっているのです。

そのため、弊社としては単にページ作成のネタや内部リンクを1つ獲得できるというメリットしかないと考えており、SEO効果はほとんどないと言う感想になります。

弊社がこのキュレーションページを作成した最大の目的はユーザの目的になっているので、特にSEO対策を意識した対策ではありません。

今後御社がこのようなキュレーションページを作成する際には、あまりSEO効果を期待せず、本当にユーザの誘導を狙ったキュレーションページを作成してみてはいかがでしょうか。