レスポンシブWebデザインのメリット・デメリットセミナーを開催

現在の弊社のWeb制作の90%以上がレスポンシブWebデザインでホームページを制作しております。

このレスポンシブWebデザインとは、スマホ対応のことを言い、1つのホームページでありながら、PCとスマートフォンのそれぞれでアクセスすると、PCの場合はPCサイトを、スマートフォンの場合はスマホサイトを表示させることができるのです。

お客さまの中には、まだまだはっきりと理解されている方は少ないとは思いますので、今回はセミナーを開催して、レスポンシブWebデザインとはどのようなものになるのかについてをご紹介いたします。

セミナーの内容

レスポンシブWebデザインとはどのようなものになるのかから、どのようなメリットがあるのかまでをしっかりとご説明をさせていただきます。

基本的には現在のホームページでは、BtoB企業であれBtoC企業であれ、スマートフォンに対応することは非常に大切になっており、スマートフォンに対応することで御社のホームページの集客力と成約力は最大化されるのです。

そして今回は初級編としてですが、具体的なWeb制作方法ではなく、どのようなメリットがあるかを中心にご紹介させていただきます。

現在PCサイトしかないけど、本当に必要なの?とお思いの方はぜひこの機会にご参加いただけましたら幸いです。

申し込み方法

2018年7月20日(金)の16:00から18:00の開催とさせていただきます。

当セミナーの会場は弊社の会議室(大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階)を予定しており、参加人数としては、最大で10名とさせていただきます。

お申し込みはお問い合わせフォームから参加者名と参加人数をご記入の上お申し込みをお願いいたします。

また、お申し込み後のキャンセルにつきましては、人数を計算しておりますので、お手数ではございますが、弊社までご連絡をお願いいたします。

弊社について

弊社は、大阪にあるWeb制作会社になり、現在弊社のホームページの制作案件の9割ほどをレスポンシブWebデザインで作成しております。

しっかりとホームページをスマホ対応することにより、よりユーザーにとって扱いやすく見やすいホームページになるため、成約率を高めることが可能になるや、さらにはグーグルSEOにも効果があると噂されております。

そのため、このレスポンシブWebデザインは非常に重要になっており、まだ対応されていない方は、ぜひ当セミナーにご参加いただき、この機会にホームページのスマホ対応を行われてみてはいかがでしょうか。