HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

士業サイト運営の初級!アクセス解析利用法

士業サイト運営の初級!アクセス解析利用法

士業のホームページを制作後に、日々新規ページを作成されていると、検索順位とお問い合わせ数について考える機会があると思います。

基本的に、ホームページは制作しただけで効果が出てたのは昔で、現在では、サイト運営で成約率を高めなくてはなりません。

そこで今回は、当社は感覚的に、士業は、他業界より、数値データを見るや原稿作成が得意なケースが多く、成約率を高める手法として、初級のアクセス解析利用法をご紹介します。

アクセス解析はグーグルアナリティクス

アクセス解析はグーグルアナリティクス

今回ご紹介するアクセス解析ツールは、検索エンジンになるグーグルが提供するグーグルアナリティクス(GA4)になっています。

さらには、すでにグーグルアナリティクスを利用されている、士業サイトにおいては、物足りない内容になっていて、あくまで初級編としてご理解をお願いします。

グーグルアナリティクスは非常に優れたアクセス解析です。

メリットとしては以下になっています。

実際に当社サイトにおいても、グーグルアナリティクスを導入し、日々確認をしています。

さらには、ホームページ制作実績の多くの企業さまにも、導入を行っていて、アクセス解析を利用していない方は、ぜひこの機会に導入をおすすめします。

無料で導入が簡単

グーグルアナリティクスは、原則無料のアクセス解析になっています。

一部、アクセス数が異常に多い、大規模サイトは有料になるそうですが、当社ではこれまで有料になったホームページを制作した経験がありません。

基本的には、初期費用はもちろん、月額も一切かからず、グーグルが無料で提供している間は一切費用がかかりません。

さらには、実は導入が非常に簡単です。

グーグルアナリティクスにログインをすると、埋め込みコードが支給されます。

そのコードを、ホームページのヘッダーに、あるいはグーグルタグマネージャーに設定して、ヘッダーに導入するだけで、すぐに解析データが蓄積されていきます。

そしてWebサイト制作会社も実作業としては、数分になっていて、ホームページ制作後には無料導入をしてくれます。

無料で導入が簡単であり、これからホームページ制作を実施される方は、必ず導入するようにしましょう。

すでにホームページを公開されている方で、導入していない場合は、そのホームページを作ったWebサイト制作会社に「導入して欲しい」と問い合わせましょう。

Webサイト制作会社や公開してどれくらい日にちが経過したか次第ではありますが、高くても5万円くらいで導入が可能であると思います。

そして、すぐに利用する予定がない方であっても導入したほうが良く、導入だけしておいても、アクセス解析は、データを蓄積することが可能です。

そして、本当に必要になた場合に、過去のデータも閲覧することが可能になり、より具体的な改善方法を検討できるようになります。

データ量が豊富

グーグルアナリティクスのデータ量は本当に豊富です。

リリースは2005年ごろだったと思いますが、リリース直後は、アクセス解析業者がなくなる?と言われたくらい、サイト改善に利用できる情報が網羅されています。

これは非常に大きなメリットになっていて、あくまで当社感想ですが、士業ウェブマスターは、文章作成が得意な方が多いと思います。

そのため、ホームページを制作したら、日々サイト運営を継続されていて、そのページ数は膨大なものへと成長します。

データ量が多いのが優れているではありませんが、しかし、不足が原因で十分な分析ができないのはデメリットになります。

そのため、適切にデータが持つ意味を把握して、活用する前提であれば、豊富なデータ量から、適切な改善法が導き出されると思います。

では、グーグルアナリティクスを利用する方法をご紹介したいと思います。

問題ページを発見しリライト

問題点を発見しリライト

士業サイトに見ていただきたい、アクセス解析を使った問題点の発見法をご紹介します。

問題点を発見したら、必ずリライトを行う必要があり、問題点だけを見ていても、絶対にホームページの成果は向上しません。

別の記事で、士業のホームページ制作はSEOに強い傾向があるとご紹介をしていて、しっかりと問題点を発見しリライトすれば高い効果を発揮可能です。

全体を把握

ホームページ全体を数値データとして把握しましょう。

ウェブマスターである以上は、ホームページ全体でユーザー数や新規ユーザー数がどれくらいかを把握して、言えるようにならなくてはいけません。

例えば、上司や社長から、「先月はユーザー数ってどれくらい?」と聞かれたら、最低でも先月と先々月くらいは言える方が良いでしょう。

また、これらの数値データは単に報告用だけではなく、アクセス数が足りているかどうかと言うのをウェブマスター自信が理解するのにも重要です。

実際に、ベンチマーク自体はありませんが、あくまでホームページ制作経験で言えば、月間で2,000人弱は欲しいと思います。

これくらい訪問者数が獲得できていれば、最低限お問い合わせ数は獲得できるようになっています。

ただ、あくまで業種や掲載している内容にこだわらない話になっていて、ベンチマークはないとご理解をお願いします。

エンゲージメントを改善

現在、グーグルアナリティクスでは、直帰率がなく、代わりにエンゲージメントを改善するのに注力しましょう。

エンゲージメントとは、ホームページでのユーザーのアクションを言い、ページビューやリンクのクリック、スクロールなどのアクションを言います。

エンゲージメントを確認して、表示されている時間が短いページは改善を行う必要があるページになっています。

士業の場合は、事例紹介やスタッフブログの更新作業をしっかりと行っていただけています。

そして、単に新規作成をしただけで終わりではなく、エンゲージメントを確認し、改善が必要な場合はしっかりと確認することで、訪問者の成約率は大きく高まります。

もちろん、改善するすなわちリライトを行うのは、SEOにとっても良いことになります。

改善した結果、該当ページの質が高くなれば、当然該当ページはもちろん、関連するカテゴリートップやトップページの検索順位も高めるのです。

実際にエンゲージメントは、細分化されたデータではなく、活用は非常に難しくなってしまっています。

ただ、問題ページが明確に発見できるので、タイトルやメタディスクリプション、本文を一度読み直しましょう。

そして、必要な箇所に対してリライトを実施すれば、必ず効果を発揮できるようになります。

ホームページ制作時からスケジュールを

ホームページ制作時からスケジュールを

上記が、士業サイトが初級編として、アクセス解析を利用したサイト運営法です。

ただし、一点注意点があり、それは、ある程度SEOやソーシャルメディア運用で成功していないと意味がないデーターになることです。

基本的にはアクセス解析は、制作したホームページ全体にバランスよく訪問者数がいなければ利用ができません。

仮に利用したとしても、ほぼすべてのページが0になっているので、サイト改善に活かせないのです。

そのため、ホームページ制作時からしっかりとスケジュールを立てるのがおすすめです。

まず初めに行うのは、集客対策になっていて、集客ができるようになってから、アクセス解析を利用するスケジューリングを行いましょう。

アクセス解析を利用すれば、成約率が高まり、期待以上の成果が出るホームページへと成長します。

そしてさらには、リライトを行えば、SEOとしても効果を発揮し、検索順位を高める効果があり、さらに多くの見込み顧客を集客できます。

士業においては、SEOを目的とした新規ページ作成は、しっかりと行える傾向があり、さらに効果を出す手法として、ぜひアクセス解析を使ったサイト運営をおすすめします。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP