ショッピングカート構築

ショッピングカート構築

ユーザーが扱いやすく売上が向上するショッピングカート構築サービス

ネットショップを作成すると、必ずショッピングカート構築が必要です。
既製品で言えば、ショッピファイやECキューブなどが有名ですが、既製品であるが故にこだわれないポイントも多くあります。
この対応が難しかった箇所を改善するために、当社では、フルスクラッチでショッピングカートを構築しています。

このような方にオススメです!

  • どうせならSEOを考慮
  • とことんユーザーに最適化
  • 既製品ではユーザビリティが悪かった
  • 改定のしやすさを意識

売上を最大化するショッピングカート構築 特徴

とことんユーザー目線になり、売上向上に貢献するショッピングカートを構築します。

  • 細部までこだわったショッピングカートを構築

    細部までこだわったショッピングカートを構築

    既製品の場合、ある程度システム箇所に融通が利かず、既製品のルールに則った仕様になってきます。

    例えば、ホームページ制作実績で言えば、リンクをこの位置に配置したいや、ここにこういう文言を入れたいなど、クライアントさまの要望によっては実現できないケースもあります。

    しかし、フルスクラッチでショッピングカートを構築すれば、基本的にはオリジナル開発であり、お客さまの希望をすべて実現することが可能です。

    ただし、反面デメリットと呼べるかわかりませんが、打ち合わせは密に行う必要が出てきます。

    基本的には、すべての要素がクライアントさまのためだけに開発されていて、要望をすべておっしゃっていただかなければなりません。

    ここで聞いていない内容は、フルスクラッチなのでシステムを開発しておらず、既製品みたいに、標準装備されている機能はゼロになっています。

    当社では、しっかりとお打ち合わせを行い、要望をすべてヒアリングしたうえで開発を行います。

    さらには、一般的なホームページ制作で導入する機能は、こちらから提案をして、プラスアルファをお教えいただく形になってきます。

  • ショッピングカート構築とクレジットカード対応

    ショッピングカート構築とクレジットカード対応

    ネットショップ作成では、代引やコンビニ払い、クレジットカード決済、銀行振込など、複数の決済手段があります。

    その中でもっとも面倒になるのが、クレジットカード対応です。

    クレジットカード決済は、ユーザー数が非常に多く、面倒だからやらないと言う、ネットショップ運営者はいないと思われます。

    何が面倒かと言うと、初期設定であれば、決済代行会社が用意してくれる仕様書を閲覧すれば、結構スムーズに行えます。

    しかし、実際に当社が直近で行ったのが、ホームページ制作実績の企業さまの3Dセキュア対応です。

    そちらのホームページは既製品を使って制作したのですが、まず告知から半年くらい経過してやっと既製品も対応ができるようになっています。

    この半年間、クライアントさまはもちろんですが、当社も結構気を使って、クレジットカード決済代行会社のホームページを閲覧しておりました。

    このように既製品を利用した場合、実はクレジットカード決済代行会社がその既製品に対応するまで作業ができないという問題があります。

    フルスクラッチのショッピングカートを構築すれば、このような煩わしい作業がなくなり、スムーズなサイト運営が可能になります。

  • SEOを意識したショッピングカート構築

    SEOを意識したショッピングカート構築

    ホームページ制作では、ショッピングカートを構築すれば、そのページは、noindexを付与するのが一般的です。

    その理由は、特に検索エンジンに見てもらう必要がなく、逆に見られて低品質だと判断をされれば、さまざまなウェブページの検索順位に影響を与える可能性があります。

    一般的な既製品であれば、デフォルトの状態で、noindexが付与されていて、これは問題がありません。

    ただ、ホームページ制作で以前あったのが、ショッピングカートページだけをインデックスにして、個人情報を打つページや確認とサンキュをnoindexにしたいと言われました。

    そちらの会社さまは、既製品を利用していて、デフォルトでは、すべてがnoindexになっております。

    そして当社コーダーの判断では、ウェブプログラマーがカスタマイズを行えばできると判断して、クライアントさまにお伝えしたところ、諦められました。

    このように、お客さまの要望で、SEOとして検索結果に出したいページと出さなくて良いページが結構細かくあると思います。

    これらに対応するには、フルスクラッチシステムが非常に大切であり、フルスクラッチでショッピングカートを構築すれば、手軽に設定が可能になっています。

    もちろん、フルスクラッチの場合は、後からインデックスとnoindexの変更なども非常に簡単に行えます。

  • ショッピングカート構築とバージョンアップ

    ショッピングカート構築とバージョンアップ

    ホームページ制作でも、かなりウィルスへは意識をしているくらい感染リスクが大きくなっています。

    ショッピングカートを構築する際に、気を付けたいのがウィルスになっています。

    個人情報を入力してもらうコンテンツであり、ウィルス感染にはかなり意識していただく必要があります。

    既製品のデメリットは、そのシステムが多くのユーザーに利用されていればいるほど、ウィルス感染のリスクが上がるという点があります。

    さらには、バージョンアップを行うと、レイアウトや一部機能停止などの問題があり、実際にバージョンアップを行うまで見積書を出せません。

    一般的にWebサイト制作会社は、バージョンアップの仕様は大まかには理解をするのですが、細かな箇所までは追いかけれないと言うのが現状です。

    フルスクラッチでショッピングカートを構築すると、基本的には開発した本人がどんなバージョンアップを行うかを明確に分かっていてリスクも把握が可能です。

    そのため、ウィルス対策になるバージョンアップが行いやすくなり、安心で安全なネットショップと言えます。

  • ショッピングカート構築は改善費が安い

    ショッピングカート構築は改善費が安い

    ショッピングカートを構築する費用ではなく、ホームぺージの改善費になってきますが、一般的には比較的安い料金になります。

    既製品を利用すれば、Webサイト制作会社が普段利用する箇所であれば、細部まで仕様を把握していますが、それ以外の箇所は実は仕様理解が追い付いていません。

    さらに、既製品を使用した場合は、ウェブプログラマーではなく、HTMLコーダーが対応するケースがほとんどなので、最低限のPHPは理解していても、そこまで詳しくありません。

    そのため、もちろん改善箇所にもよりますが、場合によっては、改善時間が非常に多くかかり、その分お見積書も高くなってしまいます。

    オリジナルのショッピングカート構築は、御社のためだけにウェブプログラマーが開発したものになっています。

    そのため、どんな仕様でコードを記述したかは、すべてプログラマーが把握しており、短時間での改善作業が可能になっています。

    そして改善作業が短時間であれば、お見積書も安くすることが可能であり、実はそれほど高い金額はかからなくなってきます。

  • CMSとセットが多いショッピングカート構築

    CMSとセットが多いショッピングカート構築

    当社への依頼で、フルスクラッチでショッピングカートとCMSの構築も一緒にお申込みいただくケースが多くなっています。

    もちろん、ネットショップで販売する商品アイテム数が少ないや、商品の更新作業を行わないケースは別です。

    ただ、これまでの経験上、ある程度ホームページ制作費もかかる話になっていて、そこまで予算をかけるのであれば、セットを希望されます。

    一般論ではありますが、当社のホームページ制作時で言えば、一般的な既製品で制作するときと比べて、150万円くらいの追加予算がかかります。

    具体的な金額で言うと、セットの場合、200万円から300万円くらいのホームページ制作費になってきます。

    ただ、それだけの予算を利用されて、赤字と言うケースはこれまでありません。

    基本的には、すべての企業さまが、集客対策に時間はかかっていますが、適切に対応を行って、成果を出しております。

    既製品が悪いと言えませんが、もし予算に余裕がある場合は、オリジナルでCMSとセットでショッピングカート構築を行ったホームページ制作の方が成果を出せると思います。

サービス料金

400,000

弊社のこれまでの 制作実績

これまでの制作実績をご紹介します。