制作の流れ

ホームページ制作の流れ

効率化を図り低価格でも成果を出せる
分かりやすく丁寧なホームページ制作フロー

弊社では、ホームページ制作の流れを体系化し、効率の良い作業により、低価格でのサービス提供を行っています。
単に、ホームページを制作するだけであれば、ヒアリングの実施後に、ウェブデザインを作成し、コーディングを行う流れになります。
しかし、低価格でも成果の出すには、目的の明確化をしっかりと行い、制作時間を最小化させるために、ウェブデザイン作成やコーディングを効率よく行うのが重要です。

初期提案の流れ

Step 1

初期提案の流れ

  1. 01初回訪問

    メールまたは電話で、お問い合わせ後に、ホームページを制作する目的をお聞かせいただくために、貴社へご訪問させていただきます。
    具体的なプランや内容、予算などが未定の場合でも、担当者がしっかりとヒアリングいたしますのでご安心ください。

    また、ご予算が決まってる場合は、あらかじめお教えいただければ、ご予算内で、最良のプランをご提案します。

    ※ 初回訪問時に、商品やサービスなどのパンフレットがございましたらご用意ください。

    会社案内 など
  2. 02調査・提案書作成

    ヒアリング内容をもとに、各種調査を実施いたします。
    調査結果を分析し、具体的な集客と成約法を検討し、成果の出るホームページ制作、効率的な更新を行うための提案書を作成します。
    提案書の作成は、1週間から3週間ほどのお時間をいただいています。

  3. 03提案

    お伺いさせていただき、提案書とディレクトリー構成、見積書からプレゼンテーションをさせていただきます。
    ご提案内容や金額などにご不明な点がございましたら、どのような些細な質問でも構いませんので、お気軽にご質問ください。

    ただし、納期については、その段階での大まかな予定をお伝えしていて、具体的な納期は、ご発注後にご報告させていただきます。

    提案書/ディレクトリー構成/お見積書/スケジュール など
ご契約

Step 2

ご契約

ご提案内容やお見積書をじっくりご検討いただき、発注の可否をご判断ください。

企画・設計の流れ

Step 3

企画・設計の流れ

  1. 01企画内容の見直し

    ご発注後、まず初めに行うことは、企画内容の見直しです。
    十分に理解できなかった箇所や、不足情報、不要な情報をお教えいただければ、企画の見直しと修正を行います。
    企画内容が具体的に定まらなければ、ホームページを制作しても、まったく成果が出ないので、2週間ほどの期間で、成果が出ることはもちろん、御社の期待通りの企画内容へと改定します。

    また、この段階で具体的なスケジュールをお伝えいたします。

    企画書/ディレクトリー構成/SEO設計表/スケジュール など
  2. 02素材収集

    ホームページに掲載したい原稿や画像、動画などの素材をご準備ください。

    主にご用意いただくものは、原稿と画像ファイル、動画ファイルになります。
    例えば、テキストであれば、テキストファイルへの記載でもエクセルでも問題がありませんし、画像であれば大容量ファイル転送サービスなどをご利用いただいても構いません。

    ただし、テキストについては、紙媒体で支給されてしまうと、こちらでその文字をデータにしなくてはならないため、ファイルでご用意ください。
    画像や動画については、弊社が確認できる環境であれば、どのようにお送りいただいても問題ありません。

制作・開発の流れ

Step 4

制作・開発の流れ

  1. 01ワイヤーフレームを作成

    企画内容の見直しが終われば、当社でワイヤーフレーム作成に取り掛かります。

    理想は、すでに原稿や画像が揃っている方が良いですが、実際にどのようなイメージか分からないと原稿作成も進まないと思われます。
    そのため、当社でできる範囲ではありますが、原稿を入れたワイヤーフレームをご用意します。

    作成の流れとしては、まずはトップページを作成し、承認をいただいてから、全下層ページを作成します。
    ヘッダーやフッターのワイヤーフレームが固まっていないと、ヘッダーやフッターを修正すると全ページで変更しなくてはならないため、ご理解をお願いいたします。

    また、当社が作成している原稿については、競合他社サイトからコピー&ペーストはしていませんが、必ずリライトをお願いします。
    当社はホームページ制作は専門家ですが、御社の業界については素人になっております。

    このワイヤーフレーム作成は、お客さまの確認を含め、大体1ヶ月程度で完了させるスケジュールでお願いいたします。

    ワイヤーフレーム など
  2. 02ウェブデザイン作成

    お客さまから全ページのワイヤーフレームの承認をいただいた後、ワイヤーフレームをもとに、ウェブデザインを作成します。

    ウェブデザインは、JPGで作成させていただき、まずはトップページを、そしてトップページをご承認いただいたのちに、ディレクトリー構成に記載されているウェブページをJPGで作成します。

    ウェブデザイン完成後に、全体のレイアウトをご確認いただき、イメージとの相違が無いかなどのチェックをお願いします。
    特に見ていただきたいのは、コンテンツ箇所は、当然のようにお客さまも確認されるので、ヘッダーやフッターなどの隅の方になっていて、しっかりと全体的に御社の希望通りのウェブデザインかを確認お願いします。
    もちろん、原則お客さまがご納得いただけるまで、修正も可能ですので、率直なご意見をお願いします。

    ただし、弊社はお客さまにご納得いただけるウェブデザイン作成も重要ですが、最も大切なのは、利用するユーザーであると考えているので、ご指摘いただいた内容がユーザーのためにならない場合は、ご指摘させていただきます。

    これまでの経験で言えば、ワイヤーフレームを見てもよく分からないと言うお客さまも、JPGを見ればご理解いただけるものになっています。

    最後に、JPGを作成しないウェブページに関しましては、その他ページのJPGとワイヤーフレームから、どのようなウェブデザインになるかを推測してください。

    JPGのウェブデザイン案 など
  3. 03ホームページ制作

    ワイヤーフレームとウェブデザインのJPGをもとに、ホームページ制作作業になるコーディングを実施します。
    制作するホームページによって違いますが、弊社のこれまでの経験から言えば、大体1ヶ月半程度の期間で全ページの作成が完了します。

    作成が完了したウェブページから順に見ていただくのではなく、すべてのウェブページが完成し、テストアップ完了後の確認になっています。

    また、弊社のホームページ制作の特徴としては、SEOに強いことと、ウェブデザインと1pxの狂いもないピクセルパーフェクト、管理画面をお客さまが本当に更新しやすくすることになっています。

    制作されたテストサイト など
  4. 04テストアップ完了

    テストアップが終わりましたら、公開する前に、お客さまと弊社で確認をいたします。

    レイアウトや原稿、画像、内部リンクの確認など、しっかりとチェックいただきますようお願いします。
    直したい箇所があれば、修正いたしますので、お気軽にお申し付けください。

    特に、これまでの事例で言えば、更新管理画面の確認を行われないケースがありますが、管理画面は御社が日々サイト運営で利用するため、しっかりと確認するようにしましょう。

公開・運営の流れ

Step 5

公開・運営の流れ

  1. 01ウェブサイトの公開

    ホームページ制作が完了した後、ご契約いただいてるサーバーにアップロードか、CD-ROMにてデータ納品かをお選びください。
    お客さまのご要望にあった方法で納品します。

    また、公開前に確認はしていますが、公開後にも、軽くでも良いと思いますが、必ず全ページの確認を行うようお願いしています。

    パスワード管理表 など
  2. 02検索エンジン対策

    公開後に、グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクス、ビングウェブマスターツールを導入し、初期設定を行います。

    また、SEO効果を向上させるために、被リンク対策を行う場合は、当社で把握している国が運営するgo.jpドメインのURLをリスト化した被リンクリストをお渡しいたします。
    公開完了後に登録をしていくことで、価値が高い被リンク数を増やす対策が可能になります。

    被リンクリスト など
  3. 03サイト運営

    公開後のサイト運営をサポートいたします。

    ホームページ制作は終わりではなく始まりです。
    御社のホームページの現状把握から具体的な改善提案までを行い、本当に成果の出るホームページへと成長させるお手伝いをいたします。