SEO対策

見込み客を効率良く集客できるホームページの成果に繋がるSEO

見込み客を効率良く集客できる
ホームページの成果に繋がるSEO

SEO対策を実施する目的は、検索結果で上位表示をさせることではなく、見込み客になり得る訪問者を集客し、その訪問者にお問い合わせや商品購入などをしてもらうことになります。
上位表示だけを目的としたSEO対策を実施してしまうと、訪問者数は増えたけども、SEO実施前と成果がほとんど変わらないなどの問題が起こってしまうこともあるためです。
セブンデザインでは、闇雲なSEOを実施するのではなく、検索エンジンユーザのニーズ調査を行い、SEO対策を行うべきキーワード調査から、SEOによって集客した訪問者のニーズに応えることができるコンテンツ作成までを行い、御社のホームページの成果向上を実現できるSEOを実施します。

上位表示を実現するために

上位表示を実現するために

SEO対策には、ホームページの内部を検索エンジンから高く評価してもらえるように最適化する内部対策と、他のホームページからリンクをされることでwebサイトの価値を高める外部対策があります。

どちらか一方の対策を行うのではなく、中長期的に成果に繋がるSEOを行うために、内部と外部の両方の対策を実施しなくてはなりません。

外部対策の重要性

検索エンジンは、多くのホームページからリンクされているホームページは、人気のある重要なwebサイトであると認識します。そのため、自社以外のホームページからリンクを張ってもらうことは、SEOにとって非常に効果的な対策になります。

内部対策の重要性

内部対策を実施することで、webサイトの情報を検索エンジンが正しく判断してくれるようになり、上位表示を実現することが可能になります。

内部対策を行わず、外部対策に頼ったSEOを実施してしまうと、検索エンジンのアルゴリズムの変更のたびに検索順位を大きく落としてしまいます。そうならないためにも、SEOを実施する際には、検索エンジンのアルゴリズムに影響されにくい内部対策を実施することが必要になります。

また、内部対策については、上位表示を目的とせず、成果向上を目的とすることで、中長期的に成果の出るSEO対策とすることが可能になります。

成果に繋がるSEOを実施するために

メインキーワードを中心にしたホームページの設計

ホームページのメインキーワードとなるビッグワードだけではなく、メインキーワードの周りにある関連キーワードでの集客も可能な仕組みを構築することで、幅広いニーズの訪問者をwebサイトに集めることが可能になります。例えば、SEOをメインキーワードとする企業であれば、[SEO対策]で検索するユーザをトップページで集客し、[SEO 費用][SEO 事例][SEO 大阪]などで検索を行った検索者を末端ページで集客できるwebサイト設計が必要になります。そうすることで、ビッグワードだけでは集客できなかった、よりニーズに合致する訪問者を多数集客できるホームページになり、成果の出るwebサイトとすることが可能になります。

コンテンツの充実

ホームページ公開後にコンテンツを充実させていくことは、SEOにとって非常に有効になります。ただし、どんな内容のコンテンツでも良いというわけではなく、訪問者にとって有益な情報であること、御社のビジネスに繋がること、定期的な更新がされていることなどが必要になります。そういった有益な情報を発信でき、更新できる仕組みをホームページに取り入れることで、SEO対策はもちろん、ホームページの成約率向上に繋げることが可能になります。

HTMLの正しい記述

正しいHTMLとCSSによるホームページ作成を行うことで、検索エンジンにwebサイトの情報を正確に読み取ってもらうことが可能になります。

正しいホームページ作成とは、普段インターネットエクスプローラーなどのブラウザでホームページを閲覧するときには意識しないソースコードを、webサイトの標準化を行っているW3Cという団体が規格するweb標準に合わせて作成することになります。

web標準で組まれたwebサイトを作成することは、内部SEOにとって特に重要な要素になります。

テキスト情報の最適化

ページに書かれている内容の要約や結論をページの上部に配置させることは、SEO対策に非常に有効になります。検索エンジンはテキスト情報しか読み取ってくれず、ページの上部にあるテキストをそのページにとって重要なテーマであると認識します。そのため、できる限り上位表示を実現したいキーワードをページ上部に配置させなくてはなりません。また、そうすることで、検索エンジン対策だけではなく、訪問者にとってもそのページの内容を素早く把握することができ、分かりやすいホームページとすることが可能になります。

内部リンク対策

検索エンジンは、外部リンクだけではなく、内部リンクも非常に重要視しています。内部リンクとは、同一webサイト内のページへと向けるリンクのことを言い、グローバルナビゲーションやパンくずリスト、サイトマップなどがあたります。闇雲にホームページ内でリンクを張り巡らせるのではなく、ユーザ目線で、「この情報を読んだ人は次はこのページの情報を見たい」などの仮説を立てながら、リンクを設置していくことで、訪問者にとっても非常に効果的な対策になります。

外部リンク対策

外部リンクは、まだまだSEOにとって有効な手段となっております。しかし、闇雲にリンクを掲載することは検索エンジンスパムとなってしまうため、リンクを獲得できる有益な情報を掲載したブログコンテンツを立ち上げ、自然とリンクが獲得できるようにしなくてはなりません。

クローラビリティの向上

外部対策と内部対策をしっかりと行ったホームページであっても、検索エンジンにwebサイトの情報を洩れなく読み取ってもらえなくては、上位表示が実現することはできません。そのためには、XMLサイトマップと呼ばれる検索エンジン用のサイトマップを作成しておき、常に新鮮な情報を検索エンジンに対し、発信していく必要があります。