動画配信サイト制作

動画配信サイト制作

目的やターゲットユーザに
応じた
最適な
動画配信・配信サイトを制作

2020年頃から動画配信サイト・ストリーミング配信サイト制作のご相談を割とよくいただきます。
もちろん、これらの動画配信・ストリーミング配信サイト制作においては、単純に動画を上げれるホームページを制作して、どのような方でも見れるホームページもありますが、会員制のような仕組みとして、限られたユーザしか見れないというようなホームページ制作のご依頼をいただくこともがあります。
弊社では基本的にはどのような、動画配信・ストリーミング配信サイト制作でも可能になっており、しっかりとホームページを制作する前にお打ち合わせをさせていただき、本当に目的を達成できる動画配信・ストリーミング配信サイト制作をご提案しております。

ホームページ制作以外にも費用がかかる

ホームページ制作以外にも費用がかかる

この動画配信・ストリーミング配信サイト制作においては、もちろんお客さまの予算に応じては、ホームページ制作費だけで対応することも可能なのですが、基本的には弊社ではvimeoと言われる動画配信サ―ビスを利用しているので、vimeoにかかる月額が必要になっております。

また、もちろん機材がない場合においては、動画配信のための機材をご購入いただいており、この費用としては、大体快適な動画配信をするためには、動画配信用のPCを購入するのであれば、15万円程度と、その他かかったとしても10万未満の機材が必要になります。
そのため、動画配信をご検討の方は、単純なホームページ制作費だけではなく、その他の機材についても検討していくと良いでしょう。
ただしこの機材については、必ずかかるモノではなく、御社の希望によってかかるものになっておりますので、弊社では動画配信サイト制作と一緒にご提案をしております。

動画配信サイト制作のポイント

効果的な動画配信サイトを制作するためのポイントをご紹介いたします。

動画配信にかかるコスト

まず、基本的なことですが、動画配信・ストリーミング配信サイト制作をする際に、単純にホームページ制作費だけではなく、配信方法によって異なりますが、youtubeは無料、vimeoは有料などの動画配信方法ごとの費用や、必要な機材にかかる費用などがあります。
これらをしっかりと把握していくことが大切になっており、無料の場合のメリット・デメリットなどを明確にして選択することで、動画配信サイトの制作にかかる費用全体を把握することが可能になるのです。

ターゲットユーザなどを考える

そしてこの動画配信・ストリーミング配信サイト制作においては、どのような人にどのように見てもらえるかを検討することが重要です。
ここでの検討は、基本的には限定的な動画配信にするのかや、動画は他の人が万が一見て良いのか、などを定めていくことで、そのホームページをどのように制作するかが決まっていきます。
この動画配信サイトにおいては、これらをしっかりと検討していかないと、公開後にこんなはずではなかったのにと、不満が残るものになるので、しっかりと細かなところまでを定めて制作していくことで、本当に安全な動画配信・ストリーミング配信サイト制作となるのです。