コーポレートサイト制作

コーポレートサイト制作

訪問者により良い印象を持たせる

今やファーストコンタクトは、対面ではなく、まずは検索エンジンやQRコードを使い、ホームページを見るのが一般的です。
そのため、コーポレートサイトは企業の顔とも言えるホームページになり、コーポレートサイトのでき次第で、ユーザーは良い会社や悪い会社と判断してきます。
これまで数多くのコーポレートサイトを制作してきた経験から、ウェブデザイン性が高く、独自性のあるコンテンツで、ユーザーに良い印象を持ってもらえるコーポレートサイトを制作します。

このような方にオススメです!

  • 良い印象を持ってもらいたい
  • 安心感や信頼感を与えたい
  • 自社の魅力を十分に伝えたい
  • 会社の情報を網羅したい
  • 分かりやすく読みやすい情報配信をしたい
  • 独自性のあるコンテンツを作成したい
  • ユーザーからのアクションが欲しい

企業の顔になるコーポレートサイト制作の 特徴

ユーザーに魅力的に感じてもらうために行っている対策をご紹介します。

  • 狙い通りに集客ができるSEO

    狙い通りに集客ができるSEO

    現在、見込み顧客の大半は、検索エンジン経由でホームページに訪れると言っても過言ではありません。

    そのため、検索エンジンで上位表示を行う対策になるSEOは必須になり、闇雲なホームページの制作や運営ではSEO効果を得れません。

    しかし、ホームページによっては、確かに闇雲でも、上位表示ができる可能性は0ではありません。

    しかし、上位表示ができたとしても、ユーザーの検索キーワード次第で、本来は上位表示すべきウェブページとは違うウェブページが上位に表示される可能性があり、ユーザーをガッカリさせてしまいます。

    このような問題が起きないように、ホームページを制作する前に、すべてのウェブページで上位表示キーワードを定め資料化し、お客さまにお渡ししています。

    その資料をもとに、ウェブデザインや原稿作成を行うことで、適切なウェブページが上位表示できるホームページとなります。

    もちろんですが、こちらの資料は、サイト運営時にも利用していただいています。

  • どんな目的のコーポレートサイトを制作するか

    どんな目的のコーポレートサイトを制作するか

    お客さまに、なぜコーポレートサイトを制作するのかをヒアリングし、具体的に制作するホームページのウェブデザインやコンテンツを検討します。

    目的が曖昧なままコーポレートサイトを制作してしまうと、なんとなく見栄えが良いだけのホームページになってしまい、一切目的を達成することができません。

    ホームページやコーポレートサイトは、確かに優れたツールではありますが、万能ではないのです。

    そのため、目的を中心にして、制作するホームページの細部まで検討することで、期待以上の効果を出せるコーポレートサイトへと成長します。

    また、この目的策定は、もちろんお客さま自身で考えることが大切ですが、最後までではなく、Webサイト制作会社が確定したら、Webサイト制作会社と一緒に検討するようにしましょう。

    お客さまだけでも十分に効果的な目的を設定できますが、やはり経験豊富なWebサイト制作会社の確認を挟むことで、より設定した目的のクオリティーを高めれるようになります。

  • コーポレートサイト制作では独自性を意識

    コーポレートサイト制作では独自性を意識

    現在のホームページは、独自性が非常に大切です。

    それは、ライバルサイト数が多いためであり、ライバルサイトに勝つためには、競合他社と違ったホームページを制作しなくてはなりません。

    もちろん、社名検索を行うユーザーだけをターゲットにしているのであれば、御社の情報だけを羅列または網羅させていれば良いと思います。

    しかし、弊社であれば、【ホームページ制作 大阪】などの社名検索以外で競合他社と比較しているユーザーに対しては、競合他社とは違ったウェブデザインやコンテンツが作成されていなければなりません。

    そして競合他社と比較され、御社の方が優れていることを十分にアピールできれば成果に繋がるのです。

    もちろん、奇抜なウェブデザイン作成やコンテンツの話ではなく、一般的によくあるウェブデザインやコンテンツであってもです。

    この独自性は難しいと思うので、ホームページ制作をご依頼をいただければ、適切に独自性を出せるご提案をいたします。

  • 分かりやすいサイト構成

    分かりやすいサイト構成

    ホームページを制作時はもちろん、運営の中でコンテンツがどんどん追加されたとしても、分かりやすさを損なわないサイト構成を作成します。

    コーポレートサイトに情報を公開さえしていれば、多少分かりづらくても、訪問者が求めている情報のウェブページを探してくれると思われるかもしれません。

    しかし、よほどユーザーがそのホームページを気に入っていなければ、絶対にありえません。

    ユーザーは、御社でなくても、競合他社にも似たようなコンテンツがあることを知っているので、分かりづらいホームページは敬遠されてしまうのです。

    そのため、コーポレートサイトを制作時からしっかりとサイト構成を考え、さらには運営でウェブページ数が増えるコンテンツでは、増えてもユーザーの分かりやすさと操作のしやすさを損なわないように追求しなくてはいけません。

    これらを行うことは、単にユーザーがホームページ内を巡回してくれるようになるだけではなく、実はSEOとしても効果を発揮します。

  • 安心感と信頼感を与えるウェブデザイン

    安心感と信頼感を与えるウェブデザイン

    訪問者に、安心感や信頼感を与えるために、ターゲットユーザーのニーズに対してウェブデザインを作成します。

    例えば、少し大げさですが、節約について書かれているホームページで、金色や銀色をふんだんに使ったウェブデザインでは、安心と信頼は勝ち取れません。

    このように、ターゲットユーザーをできる限り明確にして、ニーズに対してウェブデザインを作成することで、本当に安心感と信頼感のあるコーポレートサイトが制作できます。

    もちろん、ウェブデザインの流行りを抑えることも大切ですが、しかし流行りばかリを追求するのはおすすめしません。

    ウェブデザインの流行りは、5年に一度大きな変更があると言われているので、流行だけを追いかけていると、5年に1度は必ずリニューアルが必要になります。

    そのため、弊社がウェブデザイン作成時には、できる限り、全体として流行りを追いかけるのではなく、パーツとして流行っている要素を取り入れ、全体としては、普遍的なウェブデザイン作成を心がけています。

  • 適切な情報量

    情報量は多すぎず少なすぎずを意識

    お客さまによっては、ホームページは1ページの情報量がすべてで、文字数が多いウェブページを作成したらSEOで成功すると考えることがあります。

    SEOを考えたときに、1ページの情報量が多いことは、実は直接的なSEO効果はなく、間接的な効果だけになっています。

    どういうことかと言うと、文字数が多いウェブページは、さまざまな単語すなわち検索されるキーワードが利用されます。

    そして、ウェブページに使われていない単語は検索結果に表示されることはないので、単語数が多いと、該当ページが上位表示できる検索キーワード数が増えるのです。

    そのため、1ページの文字数については、上位表示したい単語を抽出し、それらを利用する程度でよく、無理やり原稿を用意する必要はなく、さらには関係が無いことまで書くと、SEOとしてマイナス効果が与えられます。

    また、ホームページ全体のウェブページ数では、増やせば良いと言うものではなく、テーマに関連しないとSEO効果を下げたり、ユーザーが迷うだけになるので、必要と不要をしっかりと分けて、コーポレートサイトを制作しなくてはいけません。

  • 意味がある更新コンテンツ

    意味のある更新可能コンテンツ

    サービスサイトを制作しておらず、コーポレートサイトだけの場合は、コーポレートサイトだけで、より多くの見込み顧客を集めなくてはいけません。

    多くの会社が見込み客を集客する手法として採用するのがSEOになってくると思います。

    このSEOでは、サイト運営が大切になるので、弊社がSEOに強いホームページを制作する際には、必ずスタッフブログなどの更新可能コンテンツを作成しています。

    Webサイト制作会社がスタッフブログを作成し終わったら、いきなり更新作業を行うことはおすすめしません。

    まずは、どういうキーワードで上位表示したいかを定め、さらにはどういう内容で原稿を書くのかを定めるために、すべての記事のページタイトルを策定しましょう。

    もちろん、すべてのウェブページで上位表示キーワードを定めたうえで、原稿作成を行っていくことで、御社の更新可能コンテンツは、本当に成果に繋がるようになるのです。

  • サイト運営の必要性

    成果を出すならサイト運営は必須

    コーポレートサイトであったとしても、成果を求めるのであれば、絶対にサイト運営は行う必要があります。

    なぜ必要かと言うと、サイト運営はSEOに必須ですし、更新していればユーザーが稼働しているホームページと認識できます。

    まず、SEOを考えた場合には、サイト運営の効果は非常に高くなっています。

    現在SEOに詳しい方や、SEO会社がフレッシュネスと言う単語をよく利用しています。

    フレッシュネスとは、簡単に言うと更新頻度のことを言い、適切な量の更新を行い続けることで、全体的に検索順位が高まります。

    また、まったく更新されていないホームページは、ユーザーにとって情報が古いと思ってしまうので、良い結果を得ることはできません。

    そのため、定期的に更新作業を行う必要があり、最低でも週に1ページは更新して、SEO効果が高く生きたホームページと認識されるようにしましょう。

    また、この更新では、闇雲に行うのではなく、グーグルサーチコンソールやグーグルアナリティクスなどを利用して、数値データに基づいた運営が重要で、理論的で戦略的でなくてはいけません。

サービス料金

600,000

弊社のこれまでの 制作実績

これまでの制作実績をご紹介します。

  • 公開:2020年
  • 双子用抱っこ紐
アンジュモ

子供用品多くの集客対策

アンジュモ

  • 公開:2017年
  • ネクスト
ネクスト

建築・建設多くの集客対策

ネクスト