セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.11.02

ホームページの成果を高められるWebデザイナーになるためにやるべき内容

Webデザイナーとはホームページのデザインを作成する役職のことを言います。

ホームページ制作では、Webデザイナーほど難しいと仕事はないと思われ、なんとなく流行りのデザインを作成できる方は多いですが、成果を意識したデザイン作成を行える方は少ないと感じます。

当ページでは、ホームページの成果に影響を与えることができるWebデザイナーになるためにやるべき内容を紹介します。

ホームページの成果が高まるWebデザイナーになるためにやるべき内容

最低限のコーディングとSEOの知識を得る

ホームページの成果を高めるWebデザイナーになるためには、単にデザイン作成ができるだけではなく、最低限のSEOとコーディング知識が必要です。

SEOをまったく考えいないデザイナーは、大切なポイントを目立たせるために、テキストではなく画像を利用するケースもありますが、それではSEO効果を発揮しづらくなっています。

また、コーディングを学ぶことによって、コーダーがコーディングしやすいデザイン作成が行えるようになるので、コーダーがシンプルな構造のホームページを制作することが可能になり、お客さまの運営費を下げることやSEO効果を高めやすくなってきます。

もちろん、ウェブディレクターやコーダー並みにSEOやコーディング知識は必要がありませんが、最低限は内容を理解できるだけの知識を身に着けることで、ホームページの成果を高めることが可能です。

ギャラリーサイトを毎日チェックする

Webデザイナーであれば毎日ギャラリーサイトをチェックしましょう。

デザインはWebデザイナーの引き出しの数が重要になっているので、その引き出しの数を増やす方法として、優れたデザインのホームページを多く見ることが重要です。

また、単にホームページのデザインを見るだけではなく、それぞれのホームページで誰をターゲットにしているのかまでを含めて閲覧することによって、引き出し数を増やすだけではなく、お客さまのホームページを制作する際に、効果的な取捨選択が行えるようになります。

身に着けた知識で実践を行う

Webデザイナーは知識を身に着けるだけではなく、身に着けた知識を使って実践することも大切です。

学生の方であれば、インターンやアルバイトを、すでにWeb制作会社などで就職している場合は、得た知識を使ってデザインを作成するようにしましょう。

また、時間がある方であれば、インターネットに公開されているホームページを見て、自分なりにデザインリニューアル案を作成することも重要です。

1つの効果的な知識を身に着けたからと言って、最初の1回目から魅力的なデザインを作成することは難しかったとしても、何度も利用していけば、その身に着けた知識は自然に自分自身のものへと昇華させることが可能です。

この積み重ねを何度も行うことによって、ホームページの成果を高められるWebデザイナーへと成長することができます。

まとめ

ホームページの成果を高められるWebデザイナーになるためにやるべき内容を紹介しました。

なんとなく今はやっているデザインを作成できるWebデザイナーは多く見かけますが、細部まで成果にこだわったデザインを作成できるWebデザイナーは少なく感じます。

また、ホームページの成果を高めることができるWebデザイナーになることができれば、Web制作会社に限定せずに多くの企業から声がかかるようになると思います。

ホームページの成果に影響を与えるWebデザイナーになりたいとお考えの方の参考になれば幸いです。