コーポレートサイト制作

コーポレートサイト制作

訪問者に良い印象を持たせるコーポレートサイト制作サービス

今やファーストコンタクトは、対面ではなく、まずは検索エンジンやQRコードを使い、ホームページを見るのが一般的です。
そのため、コーポレートサイトは、企業の顔とも言え、そのでき次第で、ユーザーは良い会社や悪い会社と判断してきます。
これまで数多くのコーポレートサイトを制作してきた経験から、ウェブデザイン性が高く、独自性のあるコンテンツで、ユーザーに良い印象を持ってもらえる対策を実施します。

このような方にオススメです!

  • 良い印象を持ってもらいたい
  • 安心感や信頼感を与えたい
  • 自社の魅力を十分に伝えたい
  • 会社の情報を網羅したい
  • 分かりやすい情報配信をしたい
  • 独自性のあるコンテンツを作成したい
  • ユーザーからのアクションが欲しい

企業の顔!コーポレートサイト制作 特徴

ユーザーに魅力的に感じてもらい、成果を出すコーポレートサイト制作の特徴をご紹介します。

  • どんな目的でコーポレートサイトを制作するか

    どんな目的でコーポレートサイトを制作するか

    お客さまに、なぜコーポレートサイトを制作するのかをヒアリングし、目的達成ができる具体的なウェブデザインやコンテンツを検討します。

    目的が曖昧なまま、案件をすすめてしまうと、なんとなく見栄えが良いだけのホームページになってしまい、一切目的を達成できません。

    ホームページは、確かに優れたツールではありますが、万能ではありません。

    そのため、目的を中心にして、細部まで検討すれば、期待以上の効果へと成長します。

    また、この目的策定は、もちろん、お客さま自身で考えることが大切ですが、最後までではなく、業者が確定したら一緒に検討しましょう。

    お客さまだけでも、十分に効果的な目的設定はできますが、やはり経験豊富な業者の確認を挟む方が、より設定した目的が達成できるようになります。

  • 成果に繋がるコーポレートサイトのSEO

    成果に繋がるコーポレートサイトのSEO

    現在、見込み顧客の大半は、検索エンジン経由で、ホームページに訪問すると言っても過言ではありません。

    そのため、検索結果で上位表示を行うSEOは必須になり、闇雲なホームページ制作や運営ではSEO効果を得れません。

    もちろん、闇雲でも、上位表示ができる可能性は0ではありません。

    しかし、闇雲であれば、仮に上位表示ができたとしても、ユーザーをガッカリさせて離脱されてしまう可能性があります。

    その理由は、ユーザーの検索キーワードと、御社が上位表示して欲しいウェブページが異なる可能性があるためです。

    このような問題が起きないために、コーポレートサイトを制作する前に、すべてのウェブページで上位表示キーワードを定め、資料化して、お客さまにお渡ししています。

    その資料をもとに、ワイヤーフレームやウェブデザイン、原稿作成を行うことで、適切なウェブページが上位表示できるようになります。

    もちろんですが、こちらの資料は、運営時にも利用いただいています。

  • 分かりやすい構成のコーポレートサイトを制作

    分かりやすい構成のコーポレートサイトを制作

    制作時はもちろん、運営の中でコンテンツが、どんどん追加されたとしても、分かりやすさを損なわない構成を作成します。

    情報を公開さえすれば、多少分かりづらくても、訪問者が求めている情報のウェブページを探してくれると思われるかもしれません。

    しかし、よほどユーザーが、気に入っていなければ、絶対にありえません。

    ユーザーは、御社でなくても、競合他社にも似たコンテンツがあることを知っているので、分かりづらい構成は敬遠されてしまうのです。

    そのため、制作時から、しっかりとユーザーが扱いやすさを考えます。

    さらに、運営でウェブページ数が増えるコンテンツでは、増えてもユーザーの理解と操作のしやすさを損なわないために、直観性を追求しなくてはいけません。

    これらを追求すれば、単に訪問者がコーポレートサイト内を巡回してくれるだけではなく、実はSEOとしても効果を発揮します。

  • 独自性を意識したコーポレートサイト制作

    独自性を意識したコーポレートサイト制作

    コーポレートサイトは、独自性が非常に大切です。

    それは、ライバル数が多いためであり、ライバルに勝つには、競合他社と違いが必要になります。

    もちろん、社名検索を行うユーザーだけをターゲットにしているだけであれば、御社の情報だけを網羅させていれば良いと思います。

    しかし、例えば、弊社であれば、【ホームページ制作 大阪】などの社名検索以外でSEOを行うと別です。

    昨今のホームページでは、基本的には比較検討をした上で発注業者を決定しています。

    競合他社と比較しているユーザーに対しては、競合他社とは違ったウェブデザインやコンテンツが作成されていなければなりません。

    そして、競合他社と比較され、御社の方が優れていることを十分にアピールできていれれば成果に繋がるのです。

    もちろん、奇抜なウェブデザインやコンテンツ作成の話ではなく、一般的によくあるウェブデザインやコンテンツであってもです。

    この独自性は難しいと思うので、ご相談いただければ、適切に独自性を出せるご提案をいたします。

  • 信頼できるデザインでコーポレートサイトを制作

    信頼できるデザインでコーポレートサイトを制作

    訪問者に、安心感や信頼感を与えるには、ターゲットユーザーのニーズに対してウェブデザインを作成しなくてはいけません。

    例えば、少し大げさですが、節約について書かれているホームページで、金色や銀色をふんだんに使ったウェブデザインでは、安心と信頼は勝ち取れません。

    ターゲットユーザーをできる限り明確にして、ニーズに対してウェブデザインを作成すれば、本当に安心感と信頼感のあるコーポレートサイトが制作できます。

    もちろん、ウェブデザインの流行りを抑えることも大切ですが、しかし流行りばかリを追求するのはおすすめしません。

    ウェブデザインの流行りは、5年に一度大きな変更があると言われているので、流行だけを追いかけていると、5年に1度は必ずリニューアルが必要になります。

    ウェブデザインを作成する際には、全体として流行りを追いかけるのではなく、パーツとして流行っている要素を取り入れ、普遍的なウェブデザイン作成を心がけています。

  • 適切な情報量のコーポレートサイト

    適切な情報量のコーポレートサイト

    お客さまによっては、コーポレートサイト制作時には、1ページの情報量がすべてで、文字数が多いウェブページを作成したら、成功すると考えるケースがあります。

    SEOを考えたときに、1ページの情報量が多いことは、実は直接的なSEO効果はなく、間接的な効果だけになっています。

    どういうことかと言うと、文字数が多いウェブページは、さまざまな単語、すなわち検索で利用されるキーワードが記述されます。

    そして、ウェブページに使われていない単語は、検索結果に表示されず、単語数が多いと、該当ページが上位表示できる検索キーワード数が増えるのです。

    そのため、1ページの文字数については、上位表示したい単語を抽出し、それらを利用する程度でよく、無理やり原稿を作成する必要はありません。

    さらには、関係が無いことまで書くと、SEOとしてマイナス効果が与えられます。

    また、ユーザーにとっても良い状態であるとは言えず、情報量が多すぎると、読むのにうんざりしてしまい、成果に繋がるアクションを行って貰えない可能性があります。

    基本的には、各ページでユーザーニーズを定めたコーポレートサイトを制作し、そしてニーズを満たせる原稿量で作成する必要があります。

  • 更新しやすいコーポレートサイトを制作

    更新しやすいコーポレートサイトを制作

    どんなに優れたコーポレートサイトを制作しても、更新がしやすくなくては、運営を行う頻度が劇的に落ちてしまいます。

    当社の事例で言うと、更新管理画面を密な打ち合わせ後に作り込んだ場合と、取り敢えず弊社が思う理想形で更新画面を作成した場合では、まったく運営頻度が違います。

    多くの企業さまでは、基本的には、ホームページ公開後に無限に運営に時間が使えるケースはないでしょう。

    1分でも1秒でも、手軽に更新業務が行えた方が、更新頻度を最大化させれます。

    この更新頻度は、実はSEOやツイッターなどのソーシャルメディアから訪問者を獲得、さらにはお問い合わせなど成果数にも大きな影響を与えています。

    そのため、本当に更新がしやすい対策を行えば、クライアントさまの目的達成に大きく近づくことが可能になります。

  • コーポレートサイト制作後の運営レクチャー

    コーポレートサイト制作後の運営レクチャー

    成果を求めるのであれば、絶対に運営は行う必要があります。

    なぜ必要かと言うと、運営を行わないと、集客と成果に問題が発生します。

    例えば、見込み顧客を集めるSEOでは、フレッシュネスと呼ばれる更新頻度が1つの指標になっていて、運営頻度が高ければ高いほど上位表示が行いやすくなります。

    ソーシャルメディア運用では、拡散される可能性が高い内容で新規ページ作成すれば、着実に見込み顧客を集めれます。

    次に、コーポレートサイトには成約率が存在しています。

    そして、成約率を高めることで、少ない訪問者数でも、お問い合わせや商品販売などの成果を出せるようになってきます。

    当社では、企業ウェブマスターや、Web制作会社の勘や経験ではなく、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールを使い数値データーによる運営法をレクチャーしています。

サービス料金

600,000

弊社のこれまでの 制作実績

これまでの制作実績をご紹介します。

  • 公開:2020年
  • 双子用抱っこ紐
アンジュモ

商品・店舗紹介

アンジュモ

  • 公開:2017年
  • ネクスト
ネクスト

建築・建設・不動産

ネクスト