ネットショップ作成

ネットショップ作成

新規と既存顧客の囲い込みで成功するネットショップ作成サービス

ネットショップを作成したい目的は、単純に商品を販売したいからであると思います。
この商品販売において、常に新規顧客を開拓するのは相当な努力量が必要になり、当社は既存顧客を囲い込む提案をしています。
既存顧客を囲い込めば、集客力がそれほど増えていないという状況でも、確実に売上が向上し続け、本当に効果的なネットショップ作成となります。

このような方にオススメです!

  • 高い売上を実現したい
  • 安定して売上を伸ばし続けたい
  • 最小の努力量で売上目標を達成したい
  • 在庫管理などがしやすいほうが良い
  • 商品発送までをスムーズに行いたい

最小の努力で効果を出すネットショップ作成 特徴

新規顧客を開拓して既存顧客を囲い込む、本当に成果が出るネットショップ作成の特徴をご紹介します。

  • ネットショップ作成の目的を検討

    ネットショップ作成の目的を検討

    ホームページ制作でも良く言われますが、ネットショップ作成においても目的を明確にしなくてはなりません。

    この目的策定においては、商品を販売したいからとお答えされるケースが多くありますが、実はこれではWebサイト制作会社は何を行って良いかが分からなくなります。

    商品が販売したいからと言うと、単純にカートシステムを構築する以外思いつきません。

    そのため、なぜ商品が売れるのかまでを考えた、目的設定が必要になってきます。

    例えば、現在ネットショップを利用していなくても、自社商品を購入した方のアフターサポートが他社よりも充実しているから購入者がいるとします。

    この場合には、アフターサポートを打ち出すことによって、商品が売れるのように、ホームぺージでも同様になる設定が大切になっています。

    そうすれば、Webサイト制作会社は、ホームページ全体にアフターサポートを打ち出せ、期待以上の成約率へと成長します。

    この目的設定は、クライアントさまによっては、あまり真剣に考えて貰えないケースもありますが、かなり重要なので、しっかりと作成前に検討する時間を取りましょう。

  • ネットショップへの集客ルート

    ネットショップへの集客ルート

    既存顧客を囲い込めば、ネットショップの売上は、本当に高い数値で安定しますが、既存顧客とするには、新規顧客を開拓しなくてはなりません。

    この新規顧客を、どこから集客するかを検討しましょう。

    当社の実績でもっとも多いルートは、SEOとソーシャルメディア運用、そしてリアルでの告知活動になっています。

    ちなみに当社が提案可能な集客ルートは、上記3つに加えて、リスティング広告とユーチューブ広告、メールマガジン発行、外部ブログの利用の計7点になっています。

    もちろん、SEOとソーシャルメディア、リアルでの告知活動において、単にネットショップを作成すれば、あるいは闇雲な対策を行えば、成果を出せると言うことはありません。

    基本的には、どのルートに対しても、運営や運用が必須になってきます。

    弊社では、集客ルートを提案する際に、それぞれ、どんな運営や運用作業が必要かを明確にして、現実的にお客さまが実行できるルートを選定していただきます。

  • 効果を出すためのライバルネットショップ調査

    効果を出すためのライバルネットショップ調査

    ネットショップを作成する際には、適切な調査を行いましょう。

    この調査では、主に2点のポイントがあり、ライバルサイトと集客ルートになってきます。

    まずライバルサイトにおいては、競合他社がどんなコンテンツを提供しているかを調査します。

    そして調査結果をもとに、ここは優れているから参考に、ここは明らかに問題がありそうだから、自社サイトに活かす場合は、問題点を潰してから活かします。

    ホームページ制作では、競合他社は関係がなく、自社の魅力や特長を適切に打ち出すことが成果を出すルートであると言われています。

    もちろん、当社もそのようには感じますが、しかし調査を行わないと、企業ごとの考え方がダイレクトに反映され、ユーザーに受け入れられるかが分からなくなります。

    次に集客ルートについては、どの媒体でライバルが集客対策を行っているかと、具体的に成果はどれくらい出ているかや、投稿内容などを確認しましょう。

    適切に調査を実施し、そして御社のネットショップに改良して活かせば、高い売上を達成できるようになります。

  • ネットショップでは写真撮影が重要

    ネットショップでは写真撮影が重要

    コーポレートサイトとは違い、ネットショップ作成では、写真撮影にも相当力を入れなくてはなりません。

    理想を言えばですが、各商品写真をプロのカメラマンを使って撮影するのが良いですが、そこまで予算をかけれないケースも多いとは思います。

    そこで、これまでの売上が高いネットショップ作成企業さまの例を見ると、素人でもできる範囲でユーザーを考えた写真撮影法を検討されています。

    主に大切になってくるのが商品紹介ページになってくると思いますが、商品ごとにそれほど大きく撮影法を変更する必要はありません。

    基本的には、1つの写真撮影法を検討し、そしてその撮影法を活かしていくことが大切になってきます。

    もちろん、例外は発生するケースがあると思いますが、ユーザーを考えた撮影をマニュアル化できるのであれば、イレギュラーでも十分にユーザー目線で対応が可能です。

    このルール化する撮影法では、商品ごとの特徴がしっかりと閲覧できるかと、利用シーンを想起できるかの2点が重要になってきます。

    実際に、ユーザーの見やすさや利用シーンの想起を考えた写真掲載を行っている企業さまは、大半が高い売上を実現しています。

    当社には、プロのカメラマンが在籍しておらず、具体的に効果的な撮影法はお伝えできませんが、営業マンがお客さまと一緒になって検討させていただきます。

  • ネットショップに顧客を囲い込むために

    ネットショップに既存顧客を囲い込む

    新規顧客を開拓し続けるのは本当に大変です。

    ネットショップ作成においては、既存顧客を囲い込む戦略を取りましょう。

    この既存顧客の囲い込みにおいては、扱いやすいマイページの作成やメールマガジン発行、クロスセルとアップセルの戦略策定を行います。

    例として、マイページで領収書を発行すれば、もしライバルサイトが領収書発行がお問い合わせで対応していれば、圧倒的に御社が有利な状況を作り出せます。

    また、メールマガジンを用意して、商品の価格が下がった場合などに、登録者に送信すれば、リピート率の向上に繋がります。

    最後に、クロスセルやアップセルでは、商品のオプションを選択しやすくしたり、サンキューページに他の方がセットで購入した商品をおすすめしたりします。

    このように、すでに商品を1度でも購入したユーザーに対して、適切な対応を行えば、既存顧客の囲い込みが可能になってきます。

    当社ネットショップ作成実績で言えば、本当に多くの売上を保っている会社ほど、顧客の囲い込みに全力で取り組まれております。

  • 購入後のフローを考えたネットショップ作成

    購入後のフローを考えたネットショップ作成

    ネットショップを作成する際に、新規顧客を集め、既存顧客を囲い込み、売上向上だけを考えてはいけません。

    商品販売数が増えてくると、実際に商品が売れた後のフローが大変になってくるため、ここを最適化し続けることは、運営においては重要な要素です。

    例えば、商品発送時に、請求書や納品書を同封して発送しているとしたときに、エクセルで個別に請求書や納品書を作るのは、本当に手間のかかる作業です。

    そのため、商品が売れれば、管理画面で必要な資料はすべてダウンロードができるようにしてしまえば、御社のサイト運営量を削減できます。

    また、配送業者への依頼方法であったり、在庫状況の管理法なんかも結構重要なポイントになってきて、これらをネットショップと同じ管理画面で対応できるようにします。

    この管理画面で構築する作業は、確かにコストがかかる話になっていて、どこまでを行う必要があるかを、作成予算を見て決定していかなくてはなりません。

    ただ、この商品販売後の作業をできる限り楽にすることは、運営上非常に大切になり、適切な対応を行えるようにしましょう。

    そうすれば、本当に少ない努力量で最大の売上を達成できるようになります。

サービス料金

1,000,000

弊社のこれまでの 制作実績

これまでの制作実績をご紹介します。

  • 公開:2020年
  • 双子用抱っこ紐
アンジュモ

商品・店舗紹介

アンジュモ