ネットショップ作成

ネットショップ作成

売れて当たり前!運営しやすいネットショップを作成

大小さまざまなネットショップを作成したいとご相談をいただきます。
ネットショップの作成は、通常のコーポレートサイトよりも、制作前に検討する内容が多く、戦略的に作って初めて、期待通りの成果を得れるのです。
また、単に商品が売れれば良いと考えるだけではなく、公開した後の運営も重要になります。

このような方にオススメです!

  • 高い売上のネットショップを制作したい
  • 安定して売上を伸ばし続けたい
  • 在庫状況などの管理もやりやすいほうが良い
  • 次々に価値のある展開ができるネットショップが良い

成果を出し続けるネットショップ作成の 特徴

安定して成果を出し続け、作ってよかったと思えるネットショップ作成のポイントをご紹介します。

  • ネットショップが必要な理由

    なぜネットショップが必要なのか

    なぜそのネットショップを作成するのでしょうか。

    クライアントさまに質問を投げかけると、多くの場合で、「商品を売りたいから」と答えられます。

    しかし、ネットショップは商品を売るホームページになるので、この回答では、質問した意味がありません。

    もう少し詳しく言うと、「商品を売るために何を打ち出すのか」と言うことになります。

    例えば、家具を扱っているネットショップでは、「自社の商品はエコが特徴で、エコを打ち出したホームページを制作した結果成果を出したい」になります。

    このように、なぜネットショップが必要かという回答には、なぜその商品が売れるのかを含める必要があります。

    もちろん、Webサイト制作会社に質問されたときに、「商品を売りたい」だけであっても、弊社ではその理由をしっかりとヒアリングしています。

  • ネットショップへの集客

    ライバルサイトの調査

    目的が明確になったら、次にライバルサイトを調査します。

    ライバルサイト調査では、ライバルサイトがどのような打ち出しをしているのか、存在しているコンテンツ、SEO状況と施策、マイページの使いやすさなど、さまざまなことを確認します。

    もちろん、Webサイト制作会社を利用している場合は、Webサイト制作会社が行ってくれます。

    しかし、最近は、BASEやショッピファイなどを使って、自分で制作される話もよく耳にします。

    自分でネットショップを作成されるのであれば、自分で作るときには、自分でライバルサイトの調査を行う必要があります。

    特に見て欲しいのは、どのように情報を打ち出しているかになっていて、商品名や価格を掲載している!ではなく、どのようなテーマでネットショップを作成してるかを確認します。

    例えばですが、商品アイテム数の豊富さや、全体でエコであることをアピールしているなどが当たります。

    ライバルサイトを調査していないと、自社が打ち出したい情報だけを掲載したホームページになってしまうので、確かに面倒くさいですが、しっかりと行っておくようにしましょう。

  • グーグルアナリティクスで改善

    ネットショップへの集客

    掲載する内容が定まったら、次にどうやって人を集めるかを考える必要があります。

    このネットショップへの集客法としては、弊社がよく提案するのが、SEOとソーシャルメディアになるツイッターとインスタグラムの2点です。

    もちろん、予算がある程度確保できている企業であれば、広告を利用することも可能ですが、広告がなくても時間はかかりますが、必ず集客ができるネットショップを作成できます。

    ただし、SEOやソーシャルメディアにおいては、具体的にどのような対策を行えば、成果が出るのかを十分に検討しなくてはいけません。

    一般論ですが、どちらもユーザーのために、運営や運用をすることが大切であると言われていて、まさしくその通りなのですが、もう少し具体的に落とし込んでから対策を行いましょう。

    そして、成果が出れば、その対策が正しいと言うことに繋がるので、正しい方法を何度もトライ&エラーで試してみながら、中長期戦略で行うことをおすすめします。

    Webサイト制作会社をご利用の場合は、具体的な集客対策法は、納品後にレクチャーしてくれると思います。

  • 写真撮影は利用イメージを意識

    グーグルアナリティクスで改善

    ネットショップを公開したら終わりではなく、そこから集客や成約対策を行う必要があります。

    集客対策は、先ほどご紹介しているので、次は成約対策についてご紹介します。

    ネットショップでは、成約率を算出し、例えば、5,000人のホームページで、商品販売数が5件だとすると、そのネットショップの成約率は0.1%です。

    その時に販売数を50件にしようとしたら、50,000人を集める必要があり、45,000人を増やす必要があります。

    実際、45,000人を集めるのは非常に手間と時間がかかる作業で、あまり現実的であるとは言えません。

    そういった場合に、成約率が非常に大切で、0.1%から0.5%に増やすだけでも、集客数を大きく削減できるのです。

    ネットショップの場合においては、この成約率を高めるのは非常に大切で、1人の訪問者が大量に商品を購入してくれるのであれば別です。

    しかし、1人が1商品しか購入してくれず、さらには半年に1度程度しかリピートしてくれないような商材の場合は、人を集め続けるのではなく、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を利用して、成約率を高める必要があります。

  • 運営がしやすいネットショップを制作

    写真撮影は利用イメージを意識

    ネットショップに限らずですが、ホームページを制作する際には、写真も重要な要素です。

    しかし、実際に商品アイテム数がそれほど多くない会社では、カメラマンを手配して撮影まで行われるケースは少ないと思います。

    弊社では、基本的には、最低限の写真撮影のルールに基づき、スマートフォンで撮影をいただくようにして、その写真を綺麗に見えるように加工してアップしています。

    そして、その写真撮影の際には、この角度の方が綺麗に見えるかどうかも大切ですが、それよりも、その写真を見たユーザーに利用イメージを訴求する点を意識していただいています。

    利用シーンが思い浮かぶような写真であれば、それだけで飛躍的に売上が上がることはありませんが、しかし迷っている方に最後の後押しができるので、売上の底上げを実現することが可能になります。

  • ユーザーに最適化されたマイページ

    マイページをユーザーのために

    ネットショップではほぼ必須なマイページ。

    マイページを作成すれば、そこでさまざまなリピート対策が行えるようになります。

    先述もしていますが、集客対策を行い続けるのは本当に大変です。

    そのため、一度商品を購入してくれたユーザーに対して、リピーターになってもらうために、マイページを使って、メルマガ配信やポイントなどを付与します。

    そして、ECサイトでは必ず必要になるのが領収書の発行です。

    この領収書の発行をマイページ内で行えば、御社の作業量も削減できますし、さらには既存顧客も「領収書をどこにやったかな」などの問題を解消することが可能です。

    また、これまでネットショップを作成してきてもっとも感じるのがポイント制度の効果の高さです。

    ポイント還元率は、ECサイト制作時に変更すると伝えていれば、変更ができるので、公開当初は、ライバルよりも高く設定すれば固定ユーザーの獲得が可能です。

  • 運営しやすいネットショップ

    運営がしやすいネットショップを制作

    ネットショップ作成は本当に手間がかかります。

    しかし、売上に直結するのも事実なので、調査をしっかりと行って作成するようにしましょう。

    そしてさらには、ネットショップは運営も非常に手間がかかる作業が多く発生します。

    そしてこれらを制作時からしっかりと頭に入れ、どうすれば少しでも作業が楽になるかを考えることで、運営効率が飛躍的に高まります。

    最近であればECキューブやショッピファイ、ウェルカートなどの既製品も多くあり、ツールにはもちろん対策内容として限界はあります。

    しかし、制作前に、どういうネットショップを作成すれば、御社のサイト運営作業量を減らすかをしっかりと考えて、Webサイト制作会社に相談したり、自分で構築するようにしましょう。

    そうすれば、必ず運営効率が高い効果的なネットショップ作成が可能になります。

サービス料金

1,000,000

弊社のこれまでの 制作実績

これまでの制作実績をご紹介します。

  • 公開:2020年
  • 双子用抱っこ紐
アンジュモ

子供用品多くの集客対策

アンジュモ