HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ネットショップ作成前に検討すべき内容

ネットショップ作成前に検討すべき内容

これからネットショップを作成される方は、しっかりと、どんなネットショップを作成するか検討していますか?

これまでホームページを制作してきた経験で言うと、意外と自社内に商品が余っていて、ネットで売れば売上にもなるし、在庫もさばけると考えるケースが多くあります。

ただ、そういった場合であっても、単にネットショップを作成するだけでは成果が出ず、しっかりと事前に検討しなくてはならない内容があります。

ネットショップ作成前の検討内容

ネットショップ作成前の検討内容

これからネットショップを作成される方が、検討すべき内容をご紹介します。

下記内容は、ネットショップ作成の企画と提案段階で検討しなくてはならず、検討したうえで、ホームページを制作することで、本当に高い成果を出せるようになります。

決済手段

まず初めに、決済方法を考えましょう。

例えば、クレジットカードをどうするかや、代引、コンビニ払い、ペイペイなど、最近では本当に多くの決済方法があります。

もちろん、理想は、有名どころすべてを導入が良いですが、実際に個別対応は大変な労力が必要ですし、管理も大変で、パッケージ化されているサービスを利用します。

そしてそのサービスで足りない部分を個別契約をする形になっています。

そのため、まずは色々なネットショップを確認して、そしてどんな決済方法があるかを明確にしてからホームページ制作を行うのがベストになります。

納品方法

次に納品方法を検討します。

この納品方法では、運送業者を利用するか、あるいはメール納品かを考えます。

メール納品であれば、購入後すぐに納品すべきか、時間をおいてから納品すべきかを考えましょう。

運送業者を利用する場合は、どの運送業者を利用するかを検討します。

それぞれの運送業者ごとに特徴があるサービスが提供されていて、最適な業者を選択して契約しなくてはいけません。

また、併せて何を納品するかも考えましょう。

一般的には、購入された現物以外にも、納品書や請求書などが納品されるケースがあります。

ただ、昨今では請求書と納品書をマイページからダウンロードができる仕組みも見かけますので、郵送するかダウンロード形式にするかを検討して対応しましょう。

ネットショップ作成予算

決済手段と納品方法が明確になったら、ホームページ制作作業について考えます。

まず初めに、ネットショップで考えるべきは、作成予算になっています。

一般論として当社の場合は、ホームページ制作は100万円前後が多く、ネットショップ作成の場合は150万前後になっています。

もちろん、安くしたいと言われれば、安くできる対策法は存在していて、70万円くらいからでも作成が可能です。

それ以下になってしまうと、ASPサービスを利用したネットショップ作成になってきて、コストを下げることは可能ですが、何かしらデメリットを受けてしまいます。

そのため、実際にどれくらい予算が取れるかを検討しなくてはならず、これらをしっかりと検討することで、適切な提案をWebサイト制作会社が行えます。

集客法

ホームページを制作しただけで、SEOに成功し、勝手に人が集まったのは昔です。

現在においては、SEOもそうですし、ソーシャルメディア運用、リスティング広告などの集客対策は、運営や運用が必須になっています。

もちろん、これらの集客ルートについては、お客さまだけでは検討が難しい場合は、Webサイト制作会社にアドバイスをもらう必要があります。

当社によくあるホームページ制作時の提案は、以下から2つ以上の集客ルートを選択いただきます。

  • SEO
  • ソーシャルメディア
  • 広告
  • リアルで告知

なぜ2つ以上かと言うと、当社ホームページ制作では多くの方が、SEOを選択されるからです。

確かに、ホームページ制作実績の企業さまの多くがSEOで成功しています。

しかし、SEOだけは、非常にリスクがあると言わざるを得ません。

それは、検索エンジンには、コアアルゴリズムアップデートが存在していて、被弾してしまうと、検索順位が大幅に落ちてしまうからです。

当然、検索順位が落ちると、アクセス数が半減してしまい、成果数も半分以下になってしまいます。

このときのことを考えると、少しずつでも良いので、他の集客対策を実施して、リスク回避を行う必要があります。

当社でよくあるパターンは、SEOとソーシャルメディアになっていて、この2点を適切に行うことで、制作したホームページの見込み顧客数が安定します。

マイページ

ネットショップ作成では、必ず検討しておきたいのがマイページで何をしてもらうのがユーザーにとって便利かです。

マイページとは、ネットショップの場合、多くの場合で会員登録が必須です。

そして会員登録を行うと、自分専用ページが生成され、そこから会員情報の変更などを実施できるページです。

このマイページに、どんな内容を掲載するとユーザーにとって本当に便利なネットショップになるかを考えましょう。

もちろん、そこには作業量を減らす対策を含んでも問題がありません。

大切なのは、そのホームページがユーザー目線になっているか、さらには会員登録してマイページが作成されるメリットが明確かどうかです。

当社でよくある提案としては、登録情報の変更以外に、請求書や領収書のダウンロード、メールマガジンの登録、ポイントの確認になっています。

請求書や領収書をダウンロードができれば、決済後すぐにダウンロードして印刷すれば、法人であれば経理に回せます。

さらにはメールマガジンは、当社が行うネットショップ作成では、基本的にはメールマガジンで更新するネタがないという企業が多く、そういった場合に、安売り情報を配信しています。

一般ユーザーも登録してもらっても良いとは思いますが、在庫がある場合は、会員だけに届けたほうが、会員登録の大きなメリットになってきます。

また、ポイントが確認できれば、もし別のネットショップに変更するかを考えているユーザーが、まだポイントがあるし良いかと思ってもらえるチャンスを狙っています。

もちろん、ポイントを使ってしまえば、大半が別のネットショップに移動してしまう可能性がありますが、このポイントをうまく見せることで、多少の求心力向上対策としています。

ポイント付与

ポイント付与は顧客囲い込みにおいて非常に大切です。

そのため、ポイントを利用する際には、何円で何ポイントになり、1ポイントでいくら値引きするかを検討しましょう。

当社で良くある事例は、会員登録で300ポイントを付与し、100円ごとに1ポイントを、1ポイントを1円として利用ができる仕組みです。

まず会員登録だけで300ポイントがもらえるので、すぐに購入する予定がない方でも会員登録を行って貰えるようにしています。

さらには競合他社と比較したときに、仮に自社の方が高くても、ポイントを利用すれば安くなると考えてもらえるのは大きな要素ではないでしょうか。

もちろん、このポイントは、販売商品によっても異なっては来ますが、御社の利益率を計算して、適切な価格を導き出すのがベストでしょう。

売上と在庫管理

ネットショップ作成で、売上と在庫管理の仕方なども検討しておかないと、日々の運営が非常に面倒くさくなります。

もちろん、最高の形でホームページを制作するとなると、その分予算がかかってしまうので、予算とのバランスで検討する必要があります。

ただ、考えているといないでは、日々の作業量や作業時間が変わってくるため、しっかりと売上と在庫管理がしやすいようにしましょう。

また、上位で納品方法を考えていますが、例えば、段ボールに納品書を入れて納品する場合は、商品購入者が出れば、納品書のPDFを管理画面からダウンロードできる形が良いでしょう。

このように、サイト運営効率を考えて、売上と在庫管理がしやすい仕組みを作っておかなくては、公開後に本当に手間のかかる作業だなと感じてしまうケースがあります。

成約対策

最後に、集客だけではホームページは成功しません。

そのため、成約対策をどんな周期で、どんな対策を行うかを検討しなくてはいけません。

当社で多いパターは、アクセス解析「グーグルアナリティクス」を利用して、まずは1年に1度問題点の抽出と改善を行う対策です。

なぜ公開当初は1年に1度かと言うと、実は公開して間もないうちは、集客対策に忙しいからです。

そして、アクセス解析の利用については、ホームページのすべてのページでそれなりの見込み顧客数が必要です。

そのため、公開してすぐにアクセス解析を利用したとしても、Webサイト制作会社やアクセス解析業者の提案は、集客対策をしましょうだけになってしまいます。

ただし、集客力が増してからは、例えばPDCAサイクルを回し、年に3回ホームページの改善を行うなどのスケジュールを立てて対応しましょう。

そうすることで、ネットショップは非常に高い売上を出せ、期待以上の成果を得れるようになります。

検討したうえでホームページを制作

検討したうえでホームページ制作

上記がネットショップを作成する前に検討すべき内容です。

これまでほとんどホームページについて、検討した経験がないのであれば、自分一人で検討するのは難易度が高いでしょう。

その場合は、Webサイト制作会社のサポートを受けて、ホームページ制作の提案内容に含めてもらうようにしましょう。

確かに上記検討は非常に面倒くさいです。

しかし、これらを検討するだけで、公開後のネットショップの売上は飛躍的に変わりますので、最低限は上記検討が必要だと理解をして対応するのをおすすめします。

Webサイト制作会社が訪問したときに、もし上記を検討した風で話をされると、ネットショップ作成の提案は売上を上げるための企画がメインになるため注意が必要です。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP