セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.15

SEOに繋がるホームページ内のブログの書き方を紹介

SEO効果を高めるためにブログ運営を開始する企業やウェブマスターは増えてきましたが、記事の書き出しやテーマ選びで悩む方も多いようです。ブログは単に情報を発信するだけでなく、訪問者の興味を引き、サイト内での滞在時間を長く保つための重要なツールとも言えます。こちらのページで、SEOに繋がるブログ記事の効果的な書き方やコンテンツの工夫を伝授いたします。

SEOに強いブログ記事を書くメリット

SEO効果が高まる

ブログ記事の継続的な更新は、確かにSEOにおいて非常に価値があります。私が関わった多くのホームページ制作プロジェクトで、定期的なブログの更新を行っているクライアントは、時間の経過とともにその成果を実感しています。新しい記事を追加するたびに、ホームページは新鮮な情報源として認識され、サーチエンジンからの評価がアップします。

また、ブログを定期的に更新することで、サイトに訪れるユーザーに対しても「常に新しい情報や価値を提供している」というイメージを持たせることができます。その結果、訪問者のリピート率が上がり、さらに訪問時間の延長が期待できるのです。これらはSEOの観点からもプラスとなります。

さて、実際にブログ更新のメリットを体感したあるクライアントのケースを思い出します。彼らは毎週2回のペースで、業界のトレンドやノウハウを解説する記事を公開していました。その結果、半年後には関連するキーワードでの上位表示が増え、月間の訪問者数が2倍以上に跳ね上がったのです。ブログ更新の効果は、長期的な取り組みとして確実に実を結ぶものと言えるでしょう。

ソーシャルメディアでの拡散力

ソーシャルメディアの力は、今や無視できないものとなっています。特にブログ記事の拡散は、SEOにも大きく影響を及ぼします。私も制作を手掛けたサイトの中で、具体的な情報や役立つヒントを提供するブログ記事が、ソーシャルメディアで頻繁にシェアされることを目の当たりにしてきました。

実際に、あるクライアントのサイトで、DIYに関する詳細なヒントを提供する記事を書いたところ、そのページはFacebookやTwitterで瞬く間に拡散。結果として、その記事への直接のアクセスだけでなく、サイト全体へのトラフィックも増加しました。

なぜ下層ページがソーシャルメディアでの拡散に有効かというと、それは具体的な情報や知識を求めるユーザーのニーズに直接応える内容が、トップページよりもブログ記事に多く含まれているからです。ユーザーは、自分の知りたいことや解決したい問題に関する情報を求めて、ソーシャルメディアを通じて共有します。

そうした実体験をもとに言えることは、ブログ記事の質を高め、ユーザーが真に求める情報を提供することで、ソーシャルメディアでの拡散力は格段に高まるということ。これは、SEO対策としても非常に重要な要素と言えるでしょう。

成約数の向上

ホームページの制作において、単なる情報提供を超えた成果を得るためには、SEOに強いブログ記事の存在が欠かせません。ブログ記事を書くことで、さまざまなニーズの訪問者がサイトに訪れるようになります。確かに、これによって一時的な成約率の低下を感じるかもしれませんが、その背景には理由があります。

多様な情報を求める訪問者の中には、商品やサービスの購入を即座に検討するユーザーは少ないかもしれません。しかし、彼らが持っている情報の共有力は、企業として無視できないものとなります。実際に、魅力的なブログ記事を発見したユーザーは、その情報を自身のブログやSNSで紹介することが多いのです。

そうした拡散力を持つブログ記事は、長期的な視点で見ると、新しい顧客層をターゲットとしたマーケティング活動の一環として非常に効果的です。数値だけでなく、その背後にあるユーザーの行動や動機を理解することで、より質の高い集客を実現することが可能となります。ブログ記事の効果を最大限に引き出すためには、数のみならず、質にもこだわり続けることが求められます。

SEOに強いブログ記事を書くポイント

テーマを定める

ブログ記事を書く上で、テーマを明確にすることは欠かせません。このテーマの設定は、読者の関心を引きつけるための第一歩となります。

ホームページ制作会社としては、ノウハウ系の記事が一般的に好まれる傾向にありますが、実際には記事の作成が難しく感じるお客さまも少なくありません。そこで、個人的な日記のような形式を取り入れることで、書き手の魅力や日常を感じ取れる内容を提供するのも一つの方法となります。

しかし、ポイントはその日記の中でもホームページ制作というテーマを忘れずに組み込むこと。たとえば、旅行の日記を書く際も、その場所でのウェブデザインのインスピレーションや、現地のサイトのデザインについての言及を入れることで、読者に新たな視点を提供できます。

このように、日常の出来事や体験をベースにしながらも、コンセプトやテーマを絶えず意識することで、SEO効果も維持しつつ、読者にとって魅力的な内容を提供することが可能となります。毎回の記事作成において、そのテーマやコンセプトの確認を欠かさず、読者との繋がりを深める内容を心がけることが大切です。

ライバルサイトを確認

ライバルサイトの確認は、ブログ記事を書く上での重要なステップとなります。似たテーマを持つサイトからは、既に読者が求めている内容やキーワードのヒントを得ることができます。

例えば、新しい技術やトレンドに関する情報を扱っているサイトを見ると、その分野で注目されているトピックや問題点が明確になります。この情報を基に、御社のサイトで取り上げるテーマや角度を練り直すことで、より魅力的なコンテンツを生み出す手助けとなります。

また、ライバルサイトを参考にすることで、御社のサイトがどの点で独自性を持てるかのヒントも得られます。同じテーマであっても、異なる視点やアプローチで記事を書くことにより、読者に新鮮な情報を提供することができます。

しかし、あくまでライバルサイトは「参考」であり、そのままの情報やスタイルをコピーすることは避けるべきです。オリジナリティを保ちつつ、他サイトの良い点を取り入れ、御社独自の価値を提供することが、SEOにとっても、そして読者にとっても最も価値のある方法となります。

良質なコンテンツの知識

良質なコンテンツの定義は時代とともに変わるもの。しかし、一つ言えるのは、高度な文才や完璧な文法だけが良質を意味するわけではないということです。良質なコンテンツは、その文章が伝えたいメッセージや情報を、正確かつ分かりやすく、読者に届けることができるものです。

私も多くのサイトを手がけてきましたが、感じるのは、真心と努力を込めて書かれた文章は、必ずどこかで評価されるということ。例えば、職人の方が初めてブログ記事を書かれる場面でも、その方の深い専門知識や日常の体験が綴られた文章は、読者に新鮮な感動や価値を提供することができます。

もちろん、誤字脱字や情報の過不足は読者の信頼を失う原因となるので、注意が必要です。しかし、大切なのはその文章が持つ情報の質や、伝えたいメッセージの真実性です。そして、それを最も伝えやすい形で届けることが、真に良質なコンテンツを作り上げる秘訣と言えるでしょう。

文字数は気にしない

文字数は、ブログ記事の品質を保証するものではありません。制作実績を持つお客様からの質問を受け、その結論を深く感じています。

多くの方が、多い文字数がSEOに良いと思いがちです。しかし、実際のところ、文字数の多少よりも、そのコンテンツが提供する価値や情報の質が重要です。短すぎると、情報が不足していると感じられる恐れがあります。一方、過度に長いと、読者が飽きてしまうか、必要な情報を取り逃がしてしまうかもしれません。

私が手掛ける中で、最もバランスが良いと感じるのは、1,500から2,500文字程度の記事です。この範囲であれば、十分な情報を伝えつつも、読者の興味を保持することができます。また、SEOの観点からも、この長さならば十分なキーワードの分布と、ユーザーにとって価値あるコンテンツを提供することができます。

しかし、最終的に大切なのは、ユーザーの求める情報を適切に伝えること。文字数だけに囚われず、目の前の読者に最も有益な情報を提供することを心掛けて、記事を執筆することが求められます。

まとめ

ブログ記事の書き方には、成功への一定のステップがあります。まず、公開前には、確固たるテーマ設定と、競合サイトの把握が欠かせません。良質な内容を心掛け、それを基に記事を作成します。公開後も完結せず、記事の品質向上のために時々リライトを行うことが大切です。

私たちの制作実績には、文章作成の経験がない方も多いですが、提供された流れに従うことで、素晴らしいSEO効果を体験しています。そして、SEOのための記事作成は良いのですが、最終的にはユーザーの立場に立った記事が、真のSEO効果をもたらすのです。この点を心に留め、ユーザー目線の質の高い記事を継続して提供することで、予想を超える効果が得られるでしょう。