セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.06.19

スタッフブログを運営して感じること

当社のホームページ制作では、SEO効果を出すために、スタッフブログを作成し、ホームページを公開した後はお客さまに運営作業をお願いしています。

スタッフブログの運営は、短期ではなく中長期で取り組まなくては、検索順位を上げる効果はないのですが、闇雲に運営を行うと大変な労力が必要になるので、効率良く更新していただきたいと考えています。

そのため、当サイトでもスタッフブログを運営し、さまざまな対策を実験しているのですが、今回は、当社がスタッフブログを運営していて感じるポイントを紹介します。

スタッフブログを運営していて感じること

SEO効果が出るまでの作成ページ数が多い

当社のSEOの基本的な考え方は、検索順位を上げるためには、狙ったキーワードで10位以内にランクインしているホームページよりも多くのページ数を持つことです。

サーチエンジンは、関連性を高く評価しており、ホームページ全体で上位表示を狙っているキーワードに関するページ数が多い方が検索順位が高まりやすくなっています。

しかし、これは多くの企業ウェブマスターやWeb制作会社も知っていることなので、昨今のホームページはどこもページ数が多くなっています。

実際に、制作実績で見ても、お客さまが狙ったキーワードで上位表示をしているホームページのページ数をカウントすると、少ないキーワードで100ページ前後、多いと500や800になり、平均では300ページが必要です。

1日1ページを作成しても、1年で作成できるページ数は約250ページになり、すなわち1年以上は毎日新規ページ作成を行うことを意味します。

このように、確かにスタッフブログの運営は高いSEO効果を発揮できますが、その新規ページ作成数は膨大で、日々の努力量が重要と言えます。

そのため、ホームページ制作時に、お客さまとWeb制作会社が少しでも楽にビジネスに関連するページ数が増える仕組みの構築が必要であると感じます。

質を落とさない努力が大変

SEOはもちろん成約率でも、ページ数が多いだけのホームページは評価されません。

すなわち、ユーザー目線で良質なページを作成して初めて、SEO効果を発揮でき、ホームページの成約率を最大化することができます。

SEOはライバルとの競争になるのですが、この質を高めることの重要性は、今や当たり前のように言われています。

すなわち、ライバルサイトなども品質を意識した文章作成を行っているので、ライバルよりも高い品質のホームページでなくてはなりません。

この品質を高める方法としては、新規ページ作成時から良質なコンテンツとするために、各ページで上位表示ワードを定めてから、そのキーワードを利用してページタイトルを作成します。

その後、ページタイトルに対して魅力的なページを作成するために、いきなり本文を作成するのではなく、まずは見出しの作成を行い、それから本文作成に取り掛かります。

そうすれば、ページタイトルに対して関係がない内容の文章を作成することがなくなるので、良質なページを作成することが可能です。

ただし、この方法は、慣れてしまえば習慣化ができるのですが、初めて行う方にとっては大変な労力が伴い、ページ作成時間が大きく向上することが一般的です。

しかし、現在のSEOと成約率では重要な対策法になるので、たとえ時間がかかったとしても、取り組み続ける必要があります。

インデックス未登録の改善に手が回しづらい

Googleサーチコンソールに表示されるクロール済み - インデックス未登録と検出 - インデックス未登録は、過剰に数が多いと、SEOに悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、インデックス未登録の改善は必須と言えますが、改善まで手が回らないことが一般的ではないでしょうか。

実際に、当社でも、毎日1ページや2ページの作成で自社のホームページに費やせる時間が限界に近い状態で、インデックス未登録の改善には手が回っていません。

しかし、インデックス未登録を放置することは推奨されず、これまでの制作実績では、数が増えてしまうとか改善がスムーズに進まないケースが見られ、インデックス未登録が増え始めた段階で、適切な対処法を検討して、実行することが重要になります。

実際に、制作実績の企業の多くが、土・日を使ったり、残業してインデックス未登録対策に取り組み、高いSEO効果を実現しています。

まとめ

制作実績のスタッフブログの運営を見たり、当社がスタッフブログを運営していて感じるポイントを紹介しました。

現在のSEOは、正しいスタッフブログの運営でなくてはならず、この正しいというのは、ホームページの情報量を増やすことと、品質を高めることの2点です。

しかし、この2点であったとしても、その作業量は膨大になるので、できる限り効率化を行える対策法を検討してからスタッフブログを運営しましょう。