セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.07.12

ChatGPTでSEO効果を発揮するブログ記事の作成法

多くの企業では、ホームページのSEO効果を発揮するために、日々良質なブログ記事の公開を行っていると思います。

ブログ記事の作成は、多くの時間が必要になるので、制作実績のホームページで見ても、ChatGPTを使った記事の作成に取り組んでいる企業も見られます。

ただ、闇雲にChatGPTでブログ記事を書いてしまうと、低品質なページになってしまい、逆にSEO効果を落とす結果になってしまうので、どのようにChatGPTを使ったブログ記事の作成を行わなくてはならないかを理解してから取り組むことが大切です。

当ページでは、ChatGPTでSEO効果を発揮するブログ記事の作成法を紹介します。

ChatGPTの原稿をそのまま使ったブログ記事の作成は危険

ホームページ制作の現場で見逃せないのが、SEO効果の高いブログ記事の作成です。その中で注目を浴びているのが、Chat GPTというAIツールを使用したライティング。しかし、Chat GPTによる原稿をブログ記事としてそのまま利用することは、実はリスクが伴います。

Chat GPTによって書かれた文章を直接公開すると、初めは期待したSEO効果を得られるかもしれませんが、中長期的な視点で考えると検索順位の安定性が欠ける可能性が高まります。実際、多くのウェブマスターが、Chat GPTを使って一時的に上位表示を果たしたものの、突如として順位が大きく下落したという経験を持っています。

なぜこのような現象が起きるのか、その背後にはGoogleやTwitterの検索アルゴリズムの変動が影響していると言われています。そのため、ホームページの制作時に、単に効率を求めてChat GPTの文章を盲目的に利用するのは避けるべきです。

我々が制作するホームページは、お客様のビジネスやサービスの魅力を最大限に伝えるためのもの。そのため、ユーザー目線の内容とSEOのバランスを保ちながら、Chat GPTを活用する方法を考え、提案していく必要があります。安易な方法ではなく、戦略的な取り組みが求められるのです。

ChatGPTを使ったブログ記事の作成法

ページタイトルは自分で作成

ホームページ制作の過程で最も重要な要素の一つが、ページタイトルです。このタイトルは、サイトの内容や方向性を示す第一の窓口となります。SEOの観点からも、ユーザーが検索結果で最初に目にする部分となるため、最適化が不可欠です。

ブログ記事を制作する際、Chat GPTのようなAIツールを活用して内容を生成することは一つの方法ですが、ページタイトルに関しては、自らの手で考え抜き、作成することが必須です。これは、タイトルがユーザーに与える第一印象や、サイト訪問の動機となるためです。

ユーザーが求める情報やキーワードを適切に取り入れつつ、御社のブランドやサービスの特色を反映させることで、ユニークで魅力的なページタイトルを制作できます。また、タイトルの一貫性や正確性は、ユーザーの信頼を勝ち取る上で不可欠です。

実際にホームページの制作や運営を行う中で、競合との差別化やユーザーのニーズ変化に柔軟に対応するためにも、ページタイトルは定期的に見直し、最適化を行うことをおすすめします。このようなアプローチで、ホームページは更なる成長と成功を迎えるでしょう。

ChatGPTに見出しを作成してもらいリライト

ホームページ制作の中で、見出しは記事の骨格を形成し、ユーザーの興味を引く大切な要素です。特にSEOにおいては、見出しの適切な選択とリライトが非常に重要となります。Chat GPTの能力をうまく活用し、その結果を独自の視点でブラッシュアップすることで、よりユーザー目線の強力な見出しを制作することができます。

まず、Chat GPTを使用して見出しを生成する場合、具体的な指示を与えることがポイントです。例えば、特定のキーワードやテーマに基づいて、見出しの提案を要求することで、ターゲットとする内容に沿った提案を受け取ることができます。

しかし、この生成された見出しは初稿と考え、必ず手を加える必要があります。Chat GPTが提供する見出しの中で、冗長な表現や不自然な言い回しを発見した場合は、適切にリライトしてください。また、最新の情報やトレンドを取り入れる際は、Chat GPTの知識の限界を意識し、2021年9月以降のデータや年号を使用することは避けるよう心掛けましょう。

さらに、ホームページ制作の現場では、競合他社との差別化やユーザーの検索意図に合わせた内容が求められます。この観点から、Chat GPTが生成した見出しを再評価し、その中で最も魅力的かつ効果的なものを選択するスキルが求められます。

結論として、Chat GPTは見出し制作の強力なアシスタントとなることは間違いありませんが、最終的な品質を確保するためには、人の手によるチェックとリライトが欠かせません。

各見出しの原稿を作成してもらいリライト

ホームページ制作におけるコンテンツの質は、ユーザーの満足度やSEOの効果を直接左右します。その中心に位置するのが、各見出しのもととなる原稿です。Chat GPTは、その作成過程において強力なパートナーとなるでしょう。

まず、各見出しの内容に基づいて、Chat GPTに詳細な指示を出します。この際、具体的なキーワードやテーマ、そして求める文字数を明示することが大切です。例えば、「エコ商品の魅力について、SEO対策を意識した200文字で詳細を述べてください」といった具体的な要望を投げかけることで、的確な原稿が得られます。

しかしながら、出力された原稿をそのままホームページに掲載するのはリスクが伴います。Chat GPTが出力した文章には、時折不自然な表現や情報の古さが見られることがあります。そのため、必ず一度目を通し、必要に応じてリライトする工程を組み入れることが不可欠です。

このリライトの際、特に注意すべきは、ユーザーの視点を持ち続けることです。制作しているホームページのターゲットとなるユーザーは何を求めているのか、どのような情報に価値を感じるのかを常に意識しながら、文章の精査と修正を行いましょう。

最後に、SEOの効果を最大化するためには、リライトした原稿が検索エンジンのアルゴリズムや最新のトレンドに合致しているかを確認することも忘れてはなりません。この一連の流れを確実に行うことで、ホームページの訪問者に価値ある情報を提供し、SEOの効果も高めることが可能となります。

公開前に読み直す

ホームページ制作の過程において、内容の質とその表現は非常に重要です。特に、SEOを意識したブログ記事の作成には、公開前の丁寧な読み直しが欠かせません。

公開前の確認は、単に文法や誤字脱字をチェックするだけではありません。それよりも、実際に訪問者がホームページを閲覧した際の体験を模倣して、全体の流れや情報の伝わり方をチェックする作業として捉えるべきです。なぜなら、SEOの基本は「ユーザー体験の最適化」にあるからです。

Chat GPTを使った記事制作は効率的であり、多様な表現を生み出すことができますが、それでも機械的な部分は避けられません。ユーザーは人間。感情や経験、背景知識に基づく読解を行います。そのため、記事の中で一つでも「これは変だ」と感じる箇所があれば、ユーザーの満足度や滞在時間に悪影響を及ぼす可能性があります。

公開前の読み直しは、そのような細部まで気を配る作業です。制作したホームページやブログが目的のキーワードで上位表示されるためには、検索エンジンが求める「ユーザーの求める価値」をしっかりと提供する必要があります。

具体的な読み直しのポイントは、文章の明瞭さ、情報の正確性、そして読みやすさを中心に考えます。冗長な部分は削除し、重要な情報は強調。そして、全文を通して一貫性を保つようにリライトを行うことで、より質の高いコンテンツを制作することができるでしょう。

ChatGPTと人間が書いた文章の違い

情報の鮮度

ChatGPTが書いた文章は、情報鮮度が低いことがあります。

有名な事例として、2023年にChatGPTに「現在の日本の総理大臣は?」と質問をすると、「安倍晋三」と回答します。

これは、ChatGPTはリアルタイムで学習しているのではなく、さまざまなホームページや書籍などを見て、学んだタイミングの情報を基にして回答しているから発生する現象になっています。

人間で言えば、仮に現在の総理大臣を知らなくても、サーチエンジンで【2023年の総理大臣は?】と検索をしてからホームページに掲載すると思うので、そういった間違いが発生することはなく、情報の鮮度からChatGPTが書いた文章か人間が書いた文章かを判断することが可能です。

文章のクオリティ

ChatGPTは年々クオリティの高い文章を生成できるようになっていますが、まだまだページ単位で見ると、そこまでのクオリティではありません。

文法の正しさなどは、人間よりもChatGPTの方が優れていますが、1ページを読んだときに、ChatGPTが生成した文章では理解ができないケースも良くあります。

もちろん、あと数年も経てば、ChatGPTもクオリティの高い文章を生成できる可能性は十分にありますが、現段階では、人間の書いた文章の方がクオリティが高くなっています。

独自のアイデアや独創性

ChatGPTが書いた文章は、一般論が多くなっていて、独自のアイデアや独創性は一切ありません。

そのため、1ページを読んだときに、確かにページタイトルに対して詳しいコンテンツを掲載しているけれども、ユーザーからすれば、そのページで得た情報が一切ないという状況に陥ってしまいます。

サーチエンジンは、独自のアイデアや独創性があるページを評価するので、SEOを行っているホームページでは、ChatGPTが書いた文章では上位表示を実現できない可能性があります。

表現の使い方

ChatGPTが書いた文章を読んだときに、どのホームページも同じような表現の使い方をしています。

正確に調査したわけではありませんが、当社が感じるのが「掘り下げる」や「考察」などのキーワードを見ると、そのホームページの文章作成にChatGPTがかかわっている可能性があると感じます。

もちろん、「掘り下げる」や「考察」があれば、100%ChatGPTが文章を生成しているとは言えませんが、ChatGPTが生成する文章の表現には特徴が感じられます。

まとめ

ホームページ制作やSEO対策は、技術の進化とともに進化してきました。中でも、Chat GPTを活用したブログ記事の作成は、業界内で大きな注目を浴びています。しかし、その使い方には注意が必要です。

Chat GPTの最大の魅力は、ハイクオリティな文章を迅速に生成する能力にあります。しかし、その生成された文章をホームページにそのまま掲載するのは、SEO対策としては最適とは言えません。検索エンジンはユニークなコンテンツを評価する傾向があり、機械的に生成された内容はその判別から除外される可能性が高まるでしょう。

この点を鑑みると、Chat GPTは「下書きの助手」としての役割が最も適しています。制作するブログ記事の大枠や内容をすばやくまとめる際に、このツールを活用することで、効率的な執筆プロセスを実現できます。ただし、その後のリライト作業は絶対に欠かせません。

ユーザー目線で考えると、彼らが求めているのは情報の正確性や信頼性、そして読み手に対する親近感です。そのため、Chat GPTの文章をベースに、独自の視点や言葉でリライトすることで、ホームページに訪れるユーザーにとって価値あるコンテンツを提供することが可能となります。

まとめとして、Chat GPTは制作の過程で非常に有用なツールですが、その出力結果をそのまま採用するのではなく、人間の手による最終チェックとリライトが必要です。ユーザーに価値ある情報を提供し、SEO対策も成功させるためのバランスを追求しましょう。