SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.11.29

ECサイト作成費は高い!ホームページ制作前に理解

ホームページ制作よりもECサイト作成費の方が高いわけ

ECサイト作成費は、コーポレートサイトなど、一般的なホームページ制作と比べると、見積書が1.5倍くらい高くなってきます。

その理由は、一般的なホームページ制作では、更新システムを実装して、ホームページ制作後にクライアント自身で更新ができれば良いケースがほとんどです。

しかし、ECサイトにおいては、カートシステムやマイページなど、さまざまなウェブプログラムが必要になり、その分作業時間が長くなってしまうからです。

ECサイト作成費がホームページ制作より高い理由

ECサイト制作費用は、一般的なホームページ制作と比べると、見積書の総額が1.5倍くらいになるケースがほとんどです。

例えば、当社で言えば、ホームページ制作でもっとも多い価格帯が80万円からで、平均的に100万円前後の案件が多くなっています。

しかし、ECサイトについては、値段の幅が大きく、安いとテンプレートを利用して50万円くらいもありますが、オリジナルの場合は150万円から250万円くらいの見積書になります。

その理由は、ECサイトでは、一般的なホームページ制作では構築しないさまざまなウェブシステムが必要になるからです。

例えば、ショッピングカートシステムや、マイページ、メールマガジン配信システムなどを導入する必要があります。

これらのシステムは、もちろん既製品を一切カスタマイズせずに利用するケースもありますが、多くがそれぞれのECサイトに対して最適化対策としてテコ入れを行っています。

ホームページ制作料金は実作業時間、すなわち人工計算がベースになってきます。

もちろん、高い技術力が必要な場合は技術料が乗ってきますし、さらには当社が初めての経験の場合は書籍購入費なども必要なケースもあります。

ただ、大半が人件費と言っても過言ではないです。

このようにECサイト作成と一般的なホームページ制作では、システム箇所の作業時間が大幅に増えていて、どうしても作成予算が高くなっているのです。

ただし、パッケージサービスや既製品を利用して、ほとんどカスタマイズしない場合などは、当然作業時間が少なくなり、低価格も可能です。

先述もしていますが、実際に、当社でもっとも多いECサイト作成費は、150万円から250万円くらいになってきます。

人件費で考えると、150万円であれば3ヶ月分、250万円であれば5ヶ月分くらいになり、大体納期と合致してくるようになっています。

ECサイト作成費が厳しい場合は対策を

150万円や250万円がなければ、成果が出るECサイト作成は諦めるべきかというとそうではありません。

考え方次第ですが、後から少しずつチューニングを行うというのも手段になっています。

では、当社が低予算と言われたときに、検討する内容をご紹介します。

フルスクラッチではなく既製品を

フルスクラッチシステム開発ではなく、ワードプレスのプラグインになるウェルカートや、ショッピファイ、ECキューブを利用すれば、複雑なウェブシステムはすでに構築されています。

そのため、すでにあるウェブシステムを多少修正するだけになり、予算を下げることが可能です。

ただし、上記でご紹介している150万円前後は、既製品を利用しているケースであり、既製品を利用しても150万円くらいは必要な予算になります。

もちろんクライアントの要望次第ではありますが、一般的に既製品を利用した場合は、200万円は超えてこない提案がほとんどです。

もちろん、既製品を利用したとしても、これまでの経験で言うと、しっかりと運営を行えば、成果を出せる確率は非常に高く、成果を追求したECサイト作成が可能です。

ECサイト作成サービスを利用

カラーミーショップやストアーズ、ショップサーブなど、ECサイト作成サービスを利用すると、カスタマイズ範囲によりますが、一気にコストを下げれます。

必要な費用としては、各サービスの初期費用と月額、さらにはWeb制作会社がホームページを制作する予算になってきます。

各サービスの初期費用と月額はどうしようもありませんが、Web制作会社のホームページ制作予算を下げることで、かなり安くECサイトが作成できます。

各サービスの料金は、利用するサービスによって異なりますが、平均的に、初期費用が10万円、月額が2万円あれば利用が可能です。

そしてさらには、カスタマイズ範囲にもよりますが、当社などWeb制作会社へ支払う金額としては、50万円くらいが多いです。

また、さらには、ECサイト作成サービスは、カスタマイズをしなくても、自社で作成できる仕組みを実装され、Web制作会社へ支払う金額を0にもできます。

ただし、ECサイト作成サービスを利用する際には、SEO難易度が非常に高く、検索エンジン以外から集客対策を明確にしなくてはなりません。

カートシステムでベイス(base)を利用

実際の事例として、カートシステム箇所をベイス(base)などの無料カートシステムを利用するのも手です。

例えば、ホームページ側は、しっかりとSEOに強いホームページ制作を行ったとしても、大体100万円前後の予算になってきます。

そして、ホームページ制作中にお客さま自身でベイスを開設して、各商品を掲載していきます。

そして、本体として制作したホームページにおいて、商品詳細ページで、カートに入れるボタンではなく、ベイスへリンクを設置して、買い物自体はベイスで行っていただきます。

そうすると、Web制作会社は、カートシステムの構築などは一切不要になり、一般的なホームページ制作費用で作成が可能です。

実際に当社がECサイトを作成する際にも、予算次第では利用している対策で、本体のSEO効果が高くなって来たら、予算をかけてカートシステムを構築します。

そうすることで、成果に応じてホームページの機能も拡張でき、費用対効果が高い対策と言えるようになります。

マイページを後回し

ベイスを利用すると内容が一緒ですが、ECサイト作成で予算が高くなるのは、ウェブシステム開発が多いからです。

そして、主に実装されるシステムとしては、カートシステムとマイページになっています。

カートシステムについては、ベイスを利用しているので、マイページを後回しにするというのも手段です。

マイページは、顧客囲い込みを行うには、必須のウェブプログラムになっています。

そのため、ECサイトであればできる限り実装すべきではありますが、ホームページ制作費が高くなる原因の一つです。

というのも、マイページを作れば良いというものではなく、マイページで提供する機能追加だけではなく、会員登録システムや売上管理システムなども必要になってきます。

そのため、マイページを構築するのは、それなりに作業時間が必要になっていて、カートシステムよりも高い予算が必要です。

当初は常に新規顧客を開拓すること、そしてマイページがなくても再利用をして貰うためにコンテンツの質を高める対策を行えば、マイページを後周しにできます。

もちろん、マイページは必要なので、必ず計画的に、実装しなくてはなりませんが、ECサイト作成費を下げるために、公開当初は無しでも問題はないと思います。

実際に当社ホームページ制作実績でも、公開当初はカートシステムもマイページもないECサイトを作成して成果を出した事例もあります。

メルマガはレンタルサーバー会社

ECサイトを作成する際に、メールマガジン配信システムを構築したいという希望は多くあります。

実はメルマガ配信システムの実装は結構予算が高くなってしまいます。

そのための対策として、ホームページを制作する際に、レンタルサーバーを契約すると思いますが、レンタルサーバーにはメールマガジン配信システムが無料提供されています。

確かに、多少不便ではあります。

まずお問い合わせフォームや会員登録フォームなどに、メールマガジンの配信を希望するかのチェックボックスを陽氏います。

そこから申し込みがあったら、サーバ―パネルにアクセスをして、配信先リストに手作業で追加しなくてはなりません。

ただ、これらを行うことによって、構築費はもちろん、配信も無料で行え、大きくECサイト作成費用を下げれるようになります。

集客対策を先に行う

最後に、これをお受けいただける案件は、売上は数年後を見ていて、余裕がある会社です。

もっとも格安で行う対策として、シングルページ作成とブログコンテンツだけを作成して、そこに御社ビジネスに関する情報を公開していきます。

もちろんこの段階ではまったく売上は上がりません。

ただ、ブログを更新することで、そのドメイン自体がそのキーワードに対して、詳しいホームページになっていき、検索順位は上がっていきます。

ホームページを制作して目標売上を達成するには、集客力が最も大切です。

そしてこの集客力においては、これまでの経験で言えば、SEOに取り組むのがもっとも効率的になっています。

このSEOを先にしてしまうことで、集客力がどんどん向上していき、本当に多くの見込み顧客が訪問するようになっていきます。

当初は、低予算でシングルページとスタッフブログを作成している状態で、例えば目標訪問者数を3,000人と設定したとします。

3,000人もいれば、商品販売ページを作成すれば、売上が発生する可能性があります。

そのため、訪問者が集まってから、コンテンツを追加したり、ベイスを使ってショッピングカートを用意することによって、費用対効果が高まります。

このように、段階的にECサイトを育てていくのがもっとも効率的になっていて、集客対策を先に実施するのもおすすめです。

実際に当社クライアントの中でも実施した企業があり、かなり効率的ではありました。

確かに最初から、完璧に戦略を立ててECサイトを作成する方が効果があるかもしれませんが、予算の関係もあり、先に集客力を高める対策も良い手段であると思います。

ECサイト作成費を理解し効率的にホームページを制作

これからECサイトを作成される方は、まずは予算が一般的なホームページ制作よりも高くなると理解をしましょう。

もちろん、さまざまなWeb制作会社へ問い合わせをして見ても良いですが、もし予算が高すぎると感じれば、何かを妥協したり、段階的に育てることを意識すると良いでしょう。

これまでの経験では、ホームページ制作法も確かにSEOに影響はあります。

ただ、更新業務の重要性は年々高くなっていて、育てれば必ず成果を発揮できるようになっています。

そのため、初期費用が高いと感じれば、機能を削っていき、もちろん成果が出るまでの期間は伸びてしまいますが、2年後を目標に作成をして育てていくと良いでしょう。

ただし、これらは集客対策でSEOをベースに考えている場合であり、ソーシャルメディア運用や広告出稿などを検討している場合はまた異なります。

ただ、共通しているのは、予算が出せる範囲でもっとも費用対効果が高い施策を行うことが重要です。

これらを踏まえてどのように企画を立てるかで、結果が大きく変わり、もっともバランスが取れる費用対効果の高い対策法を選びましょう。

基本的にはWeb制作会社に相談をすれば、御社の要望からいくつかの対策法を提案してくれます。

その中から最適解を選ぶことで、期待以上の効果が出るECサイト作成となります。

ECサイト作成費に関するよくあるご質問

ECサイト作成費についてのご質問と回答をご紹介します。

初期費用はいくらを見るべき?

初期費用については、ECサイト作成サービスを選択することになり、初期費用が10万円、月額2万円くらいが最安値になっています。

ECサイト作成サービスは高い技術力がなくても、対応ができるように、更新管理画面が作成され、最安値は上記価格になります。

ただ、こだわりがあった場合に、サービス利用をすると、こだわれないという問題が発生します。

その場合は、Web制作会社へ依頼をしなくてはならず、一気にコストが上がってきます。

具体的には、Web制作会社を利用した場合に最安値でも70万円くらいが必要で、一般論として平均は150万円くらいになってきます。

もちろん、150万円がないと無理ということはなく、機能を減らし、段階的に育てていく前提であれば作成が可能です。

詳細については、一概には言えませんが、Web制作会社へお問い合わせをお願いします。

ランニングコストはかかる?

ECサイト作成サービスを利用すれば、月額がかかります。

ただそれ以外だと、サーバーとドメイン費用以外はかからない方法も多くあります。

もし、ランニングコストをかけたくない場合は、その要望をしっかりとお打ち合わせの中で業者へ伝えることで、初期費用だけの提案をしてくれます。

具体的な対策法を提案してくれる?

ECサイトを作りたいなどのざっくりした要望でも、ヒアリングによって、御社ニーズを引き出し最良の提案をいたします。

また、問題は予算ですが、この予算についても、成果が出るまでに時間はかかりますが、予算を下げる対策法は多くあります。

そのため、ご要望や予算をお教えいただければ、具体的にどういった対策を実施して、ご要望と予算にあったECサイトが作成できるかをご提案いたします。

ただし、弊社はECサイトに限らず、ホームページ制作全般で、公開後には、運営作業を行っていただいています。

そのため、成果を出したいと考えられていて、サイト運営はやりたくないという場合は、リスティング広告運用代行が得意な業者へ依頼するのがベストであると思います。

ちなみに当社はSEOが得意分野になっています。

TOP