セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2021.05.17

ホームページ制作で利用していたが終了したサービス

ホームページ制作では、YouTubeの埋め込みやチャットツール、メールマガジン配信システムなど、さまざまなサービスが活用されます。

これらのサービスは、永続的に利用できるものではなく、企業が提供しているサービスである以上は、必ず終わりが訪れます。

今回は、これまでホームページ制作で利用していた中でも、特に影響が大きかったと感じる終了したサービスを紹介します。

ホームページ制作で利用していたが終了したサービス

Flash

従来のホームページ制作では、トップページのメイン画像で多くのホームページが採用していたのが、Adobeが提供するFlashというサービスになります。

メイン画像にFlashを採用することにより、メイン画像を動かすことができるようになるので、メイン画像に打ち出したい魅力的な情報を掲載することで、トップページに訪問したユーザーに魅力的なホームページであると認識してもらうことが可能になります。

しかし、Flashを提供していたAdobeから、セキュリティの問題から、2020年12月31日でサポートを終了させるという告知があり、2019年以降はトップページに埋め込みたいという要望が無くなりました。

ただ、メイン画像で訴求力を高めることの重要性が言われていたため、サービス終了直後から、HTML5を使ってスライダー技術が発展しています。

確かに、Flashのような複雑な動作はできなくなってしまいましたが、HMLT5を使ったスライダーであっても、お客さまが実現したいポイントは、十分に対応することが可能でした。

そのため、Flash終了後の代替案として、HMLT5によるスライダーが一般的になり、多くのホームページが活用しています。

NAVERまとめ

NAVERまとめは、2020年9月30日にサービスが終了しています。

一部の制作実績のホームページが行っていた利用法は、NAVERまとめで記事を作成して、そこから自社サイトにリンクを行うことで、自社サイトでSEO効果を発揮していました。

実際に、インターネットを使って情報を調べていると、NAVERまとめからの被リンクだけで多くのホームページが上位表示を実現していたそうです。

さらに、NAVERまとめの活用法はリンク対策だけではなく、良質な記事を作成して、PV数を稼げれば、NAVERからの報酬もありました。

しかし、利用者数の減少から、NAVERまとめを存続することが難しくなってしまい、サービスを終了することになりました。

分割払いのホームページ制作

当社では創業当初から分割払いのホームページ制作を提供していました。

しかし、ここ1年くらいのお客さまの傾向を見ていると、初期費用で支払いたいと言われることが多くなっており、実際に1年間で20回くらい分割払いのホームページ制作を提案していますが、受注できた案件はすべて初期費用での支払いになっています。

その理由は、分割払いを利用することで、手数料がどうしても発生してしまうので、その分の費用を制作料金に乗せていることが原因です。

結果として支払う総額が分割払いの方が高くなるのであれば、一括払いで支払いたいと言われるお客さまが多くなり、分割払いのホームページ制作はまったく売れなくなってしまいました。

そのため、売れない商品を提案書に含めるとページ数も多くなりますし、さらにはお客さまの心象的にも分割払いをメインにしているホームページ制作会社と思われてしまうのも当社にとってデメリットであると感じて、この度分割払いのホームページ制作の提供を辞めることとしています。

IE対応

2022年2月1日以降の案件から、当社のホームページ制作では、IE対応を辞めています。

IEは、後続ブラウザになるMicrosoftEdgeへの移行が順調に進んでおり、年々利用者数が少なくなっていたので、Microsoftは2022年6月まではIEへのサポートを行っていましたが、少し早めに当社では、対応を終了することにしました。

IEは、IE専用のタグが必要になるくらいややこしいブラウザになっていたので、IE対応を辞める代わりに、その時間を使ってお客さまのホームページで成果を出すための対策を行うようにしました。

まとめ

ホームページ制作で利用をしていたとしても、企業が提供しているサービスである以上は必ず終わりが来てしまいます。

そのため、ホームページ制作時に、サービスを利用する場合は、本当に必要かどうかを考えて、実装することがおすすめされます。

現在、企業が提供するサービスの利用を検討されている方は、本当に必要かどうかを検討してから導入しましょう。