セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.03.04

ホームページの成果に繋がるよくあるご質問の作成法

ホームページから成果を出す方法として、よくあるご質問の更新があります。

よくあるご質問を適切に利用すれば、ユーザーニーズに応えることができるコンテンツの1つとして、高い集客力と成約力を発揮できます。

当ページでは、ホームページの成果に繋がるよくあるご質問では、どのような考え方で更新を行っていけば良いかを紹介します。

ホームページの成果に繋がるよくあるご質問の更新法

似たテーマのコンテンツがある場合は不要

ホームページから高い成果を出すために、よくあるご質問を作成しようと考えている場合、似たテーマのコンテンツがある場合は、作成しないようにしなくてはなりません。

例えば、当サイトのように、スタッフブログがある場合は、よくあるご質問を公開すると、同じようなテーマのページを公開してしまう可能性があります。

その場合に、ユーザーはどちらのページを見れば良いか分からなくなったり、サーチエンジンは同じテーマのページが複数あるとカニバリゼーションが発生して、サイト全体のSEO効果を落としてきます。

そのため、スタッフブログなどの似たテーマで記事を作成するコンテンツがホームページに別にある場合は、良くあるご質問コンテンツを作成する意味がないと言えます。

よくあるご質問は1つにつき1ページを作成

よくあるご質問では、1つのよくあるご質問につき1ページを作成するようにしましょう。

1ページに多くのよくあるご質問が表示されていると、ユーザーが自分が探し求めているコンテンツを発見することができないので、ホームページの成果を高めることができません。

さらに、SEOで見たときにも、よくあるご質問のページにさまざまなテーマで書かれているよりも、1つのテーマに特化しているページのほうが高い検索順位になります。

また、Twitterや他のホームページからリンクを獲得することを考えた場合にも、一覧で表示されているよくあるご質問では、拡散されることはほとんどないでしょう。

このように、ホームページの成果に影響を与えるよくあるご質問とするには、1つのよくあるご質問につき1ページを作成することが、集客や成約力において重要になります。

ページタイトルの策定法

ホームページで高い成果を実現するよくあるご質問にするには、ページタイトルの策定が重要です。

  • 本当にあるよくある質問をページタイトルにする
  • 御社が重要と考えるよくある質問をページタイトルにする

ホームページを公開した当初は、本当によくある質問をページタイトルにすることがおすすめです。

と言うのも、御社にあるよくある質問と言うのは、多くの方が気になっている内容になり、ホームページにページとして追加することで、SEOやSNSから見込み顧客を集められる可能性が高くなります。

さらに、多くの方が気になっているよくある質問を公開することで、ホームページの成約率を高める効果もあります。

本当にあるよくある質問をページとして作成したあとに、御社が考える重要な内容がタイトルのページを作成しましょう。

御社が考える重要な内容になるので、必ずしも見込み顧客が集客できたり成果に繋がるとは言い切れませんが、よくあるご質問に掲載する内容はビジネスに関する内容になるので、ページを作成することで、検索ワードとホームページの関連性が高まり、SEO効果を向上させることができます。

そのため、よくあるご質問のページタイトルは、ユーザーからの質問と自社が重要であると考える内容を網羅させることで、ホームページの集客と成約力を最大化することが可能です。

ユーザーニーズに応えるコンテンツの作成法

ページタイトルが定まった後、それぞれのページのコンテンツを作成していきますが、その際には、ユーザーニーズに応えることを意識しましょう。

すなわちページタイトルに対して、詳しく、読みやすく、理解がしやすい文章を作成することです。

多くの方はよくあるご質問と聞くと、テキストだけで情報を公開することを想定してしまいます。

しかし、ユーザーニーズに応える文章とするには、テキストだけでは伝わらない内容があれば、適切に画像を利用して、ユーザーの理解をサポートしましょう。

また、単に情報公開だけではなく、他のページに関係する文章があれば、内部リンクを行い、訪問者を誘導することも大切です。

そうして、ユーザーニーズに応えることができるコンテンツを作成していけば、ホームページの集客力と成約力が最大化されていき、期待以上の成果を発揮することが可能です。

まとめ

ホームページの成果に繋がるよくあるご質問の作成法を紹介しました。

これまで多くのホームページによくあるご質問を提案してきた経験で言うと、成果の高さはもちろんですが、更新のしやすさも高い傾向が見られます。

ホームページの成果を高めたいとお考えの方の参考になれば幸いです。