セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.08.27

フリーランス・SOHOにホームページ制作を依頼するメリットとデメリット

法人のWeb制作会社で、ホームページを制作するよりも、フリーランス・SOHOに依頼をしたほうが、安くホームページを制作することが可能です。

しかし、単純に総額が安いという理由だけで、フリーランスにホームページ制作を依頼すると失敗する可能性が高いので、まずはメリットとデメリットを理解しなくてはなりません。

当ページでは、フリーランスにホームページ制作の依頼をご検討中の方に、フリーランスに依頼をするメリットとデメリットを紹介します。

フリーランスにホームページ制作を依頼するメリット

制作・運営料金が安い

フリーランスにホームページ制作を依頼する最大のメリットは、制作料金が安いという点にあります。

一般的にフリーランスは、エンドユーザーに直接営業を行っているフリーランスも見かけますが、大半がWeb制作会社の下請けを狙います。

すなわち、Web制作会社の相場として制作料金が100万円だとすると、50万円くらいの料金でホームページを制作することが可能です。

サポート時間が長い

Web制作会社では、月曜日から金曜日の10:00~18:00が営業時間になり、その時間内でなければ、サポートを行ってくれないことが一般的です。

しかし、フリーランスは、営業時間が存在しないという方が多く、土・日はもちろん、20:00ごろであったとしても、連絡が繋がれば、サポートを行ってくれるケースもあります。

フリーランスにホームページ制作を依頼するデメリット

突然連絡が取れなくなる

当社では経験がありませんが、他のWeb制作会社などの話を聞いていると、突然連絡が取れなくなるフリーランスもいるそうです。

住所や電話番号などの個人情報を公開してもらっていたとしても、仕事を依頼して、案件が進み始めると、連絡が取れなくなってしまい、こちらからの連絡も拒否されるそうです。

この場合は、どうしようもないので、別のフリーランスかWeb制作会社に依頼するしかありません。

ただし、一般的には、その方が行った作業の続きを行ってくれるフリーランスやWeb制作会社はおらず、基本的には一からのスタートになってしまいます。

一般的にはクオリティが低い

フリーランスの中には、クオリティが低い方もいます。

もちろん、お客さまも何もなしに発注することはないと思いますが、過去の実績はしっかりとチェックしていくことや、どのような考え方でホームページを制作したのかを確認しましょう。

また、確認内容としては、デザインはぱっと見の印象で充分に理解ができますが、コーディングまでをしっかりと行ったほうが良いでしょう。

実際に、デザインは良くても、コーディングがいい加減なフリーランスも多く、そういった方にホームページ制作を依頼してしまうと、運営予算が高くなってしまったり、まったくSEO効果が出ないホームページとなってしまいます。

フリーランスにホームページ制作を依頼しても成果が出ることはある

フリーランスにホームページ制作を依頼しても成果が出るケースもあります。

それは、ウェブデザインとコーディングをバランスよく学ばれている方で、自分で何か1つでもホームページを制作して、運営を継続している方です。

そういった方であれば、SEO効果を高めるためのコーディングや、効果に繋がるSNS運用法の提案、更新のしやすい管理画面の作成などを行ってくれるので、成果を出せる可能性は十分にあります。

これらの人を探すためには、ホームページ制作の打ち合わせで、一般論だけではなく、自分の経験を踏まえた話をしてもらうと分かりやすいです。

自分の経験を踏まえて、どのように考えてホームページの制作や運営を行い、どんな成果を得ているのかを確認してから発注することで、御社のホームページも期待以上に成果が出る可能性があります。

フリーランスにホームページ制作を依頼する際の確認内容

フリーランスにホームページ制作を依頼する際に、確認しておきたいポイントを紹介します。

電話連絡のできる日時

フリーランスには営業時間が存在していないケースが多いので、発注前に電話連絡ができる日時を確認しておくと良いでしょう。

例えば、当社と取引があるフリーランスの例で言うと、主婦であるため、基本的な作業は深夜になっており、電話連絡ができるタイミングは、月曜日から日曜日までの14:00から17:00の間になっています。

もし、ウェブマスターが営業職で、14:00から17:00の間に電話連絡をする時間が取れない場合は、基本的にはメールになってしまうので、ホームページ制作期間が長くなる恐れがあります。

フリーランスも着信があれば折り返しをしてくれる可能性は高いですが、納期に余裕がない企業であれば、電話連絡ができる日時を確認しておいた方がスムーズにホームページを制作することが可能です。

レンタルサーバーとドメインの契約

ホームページ制作にはレンタルサーバーとドメインの契約が必須になるのですが、フリーランスでよく見られるのが、十分な説明をせずに、フリーランスが契約したレンタルサーバーとドメインをお客さまにレンタルすることです。

レンタルサーバーとドメインをフリーランスに依頼してしまうと、毎月の支払に手数料が乗ってしまうので、高い月額料金を支払わなくてはなりません。

また、レンタルサーバーやドメインのサポートをしてくれるというメリットはありますが、これまで多くのホームページを制作してきた経験で言うと、レンタルサーバーやドメインに問題が発生したケースはほとんどありません。

そのため、フリーランスにホームページ制作を依頼する場合は、自社でレンタルサーバーとドメインを契約したいと伝えることが大切になります。

これまでの制作実績

フリーランスにホームページ制作を依頼する際には、制作実績の確認を行いましょう。

フリーランスとの打ち合わせで、例えばデザイン性が高いホームページ制作が得意や、SEOで高い実績があると提案されたときに、制作実績を確認して、具体的に提案された内容を実現しているホームページの説明を聞くことが大切です。

特にSEOについては、一般的な知識はインターネットで検索をすれば、多く出てくるので、知識だけはあるけれども、SEO効果を出した経験がない方は多くいます。

そのため、必ずフリーランスとの打ち合わせでは、話している内容を実現した制作実績の確認が必要になり、制作実績を基にした打ち合わせを行うことで、安心してホームページ制作を依頼することが可能になります。

ただし、一般的にフリーランスはそこまで多くの制作実績を持っていないケースがほとんどなので、数ではなく質を意識した打ち合わせを行うようにしましょう。

得意な集客対策は何か

ホームページから成果を出すためには、集客対策を行わなくてはなりません。

ホームページの集客対策には、SEOやSNS運用、広告出稿などがあるのですが、どの集客対策をサポートできるかを確認しましょう。

フリーランスはホームページ制作会社よりも安い傾向がありますが、安いからと言って成果を出せなければ、メリットが一切なくなってしまいます。

そのため、どの集客対策がサポートできるのかを確認して、具体的な集客対策を明確にしてから依頼を検討することが大切です。

サポートはあるのか

ホームページを運営していると、さまざまな問題が発生する可能性があります。

例えば、メールアドレスの作成法が分からないや、CMSを使って新規ページ作成を行っても理想通りのレイアウトにならない、サーバー料金を支払い忘れたなどです。

運営サポートは無料あるいは低価格であることが一般的になるので、フリーランスの場合は、ホームページ制作で売上を出して、サポートはしていないというケースも見られます。

サポートをしてくれないと言うのは、お客さまにとって大きなデメリットになるので、必ずフリーランスに発注する際には確認しておいた方が良いでしょう。

フリーランスとWeb制作会社の違い

提案力

これまで行ってきた案件数が違うため、提案力はSOHOの方が低くなります。

SOHOの提案力は弱いですが、以下でも紹介しますが、柔軟性は高くなっているので、打ち合わせの中で納得がいく提案内容にブラッシュアップしていけば、期待通りの成果が出る企画になる可能性は十分にあります。

柔軟性

Web制作会社は、会社のルールに基づいた行動しかできないので、柔軟性はSOHOの方が高くなります。

SOHOの場合は、営業時間という概念がないことが一般的になっているので、深夜であろうと土・日であろうと対応してくれることも多いです。

また、Web制作会社に費用面や納期面の質問をすると持ち帰りになってしまいますが、SOHOは自分でホームページを制作しているので、即答してくれるというポイントも柔軟性の高さと言えます。

デザイン性

Web制作会社は、セミナーや書籍の購入を行い、日々デザイン力を高めるために学び続けているので、デザイン性はWeb制作会社の方が高く、ユーザー目線の追求を行ったホームページを制作してくれます。

しかし、当社では、常にパートナー募集を行っていて感じるのが、昨今のSOHOのデザイン力は、平均値が高まっているように感じます。

ただ、打ち合わせを行い、そのデザインにした意図などを確認すると、あいまいな回答が多くなっているので、レベルが上がっているのは、ぱっと見のデザイン性という意味合いが大きいと感じます。

制作スキル

Web制作会社は、品質評価を行う仕組みを持っているので、満遍なく対応することが可能になり、制作スキルが高い傾向があります。

SOHOの場合は、自分の得意分野では制作スキルが高い方が多いですが、自分がこれまで気にしていなかったような内容だと、お客さまと同レベルになってしまうことがあります。

ただ、お客さまに根気が必要ではありますが、打ち合わせの中で、密な話し合いを行い、納得ができるまで修正に対応してくれるSOHOであれば、お客さまが希望する制作スキルでホームページを制作することが可能です。

制作実績数

SOHOは、エンドユーザーに直接営業を行わずに、Web制作会社の下請けになるケースが多いので、口外できる制作実績が0の可能性が高いです。

当社もSOHOにホームページ制作を助けていただく際には、基本的には口外を禁止しており、どうしても制作実績が必要な場合は、前もってどの企業の制作実績を口外するのかを聞いたうえで、口頭であれば許可をしています。

ただ、口外できる制作実績数が0なだけで、実際には多くのホームページ制作を行っている方もいるので、この辺りは打ち合わせの中で、ざっくりとした数字だけでも確認していくと良いでしょう。

制作料金

制作料金は、SOHOの方が安くなります。

Web制作会社は、制作者の給与以外にも、事務所の家賃や光熱費、さらにはホームページ制作者の勉強のための書籍代などが必要になっているので、SOHOの1.5倍前後の見積書になることが多いです。

そのため、低価格でホームページを制作したい場合には、SOHOの方がおすすめと言えます。

まとめ

フリーランスにホームページ制作を依頼するメリットとデメリットを紹介しました。

フリーランスの最大の魅力は、制作料金が安いこととサポート時間が長いことになり、デメリットとしては、一般的にクオリティが低いことや連絡が取れなくなる可能性があることです。

そのため、フリーランスにホームページ制作を依頼しようか悩んでいる方は、フリーランスを制御できる自信がある方か、あるいは知り合いから紹介されたフリーランスに依頼をするようにしましょう。

また、フリーランスだからホームページから成果が出ないということはなく、適切な選定を行えば、フリーランスでホームページを制作しても、期待する以上に高い成果を実現できます。