セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.03.08

SEO効果が出やすいホームページは制作前の事例をメモしている

これまで多くの企業のホームページを制作して、SEO効果を見てきましたが、公開後にスムーズに高いSEO効果を発揮している企業は、制作前に納品が完了している事例を蓄積している傾向が見られます。

過去の事例が蓄積されていれば、具体的に事例コンテンツにどのようなページを作成すれば良いかの検討や、ホームページを公開後すぐに、多くの事例を公開することが可能になるので、良質な事例コンテンツになったり、十分なページ数を作成することが可能になり、スムーズにSEO効果を発揮できます。

当ページでは、ホームページに掲載するために過去の事例のメモを取っている重要性を紹介します。

制作前の過去の事例のメモを取っているとSEO効果が出やすい理由

過去の事例のメモを取ることで、ホームページ公開後に、早く確実にSEO効果を発揮できます。

なぜ、過去の事例があると、SEO効果が発揮しやすくなるかと言うと、2点のポイントがあります。

1点目が、過去の事例があることで、事例にどのようなコンテンツを作成すればユーザー目線になるのかを検討することが可能です。

昨今のSEOでは、単にページ数が多ければ良いものではなく、ユーザー目線のコンテンツ作成も重要になっているので、何もない状態で事例コンテンツを作成するよりも、過去の事例からユーザーに価値あるコンテンツを検討したほうが、ユーザーに魅力的なものへと成長します。

2点目が、ホームページのSEOでは、情報量も重要になり、上位表示を狙っているキーワードに対する良質なページ数を増やすことで、自然と検索順位が上がりやすいホームページとなり、メモを取っていない企業よりも、早くページ作成数を増やせるようになります。

制作前の事例のメモを取っている企業ほど、上記2点で高い効果を出せるようになるので、自然とホームページのSEO効果を高めやすくなっています。

過去の事例で取っておきたいメモ

過去の事例でメモしておきたい内容は、単にテキストを蓄積するのではなく、写真も必要です。

特に、ホームページにある事例コンテンツは、テキストだけではユーザーに魅力が伝わらず、当然サーチエンジンもそのように考えるので、写真が中心のページであった方が高い成果を出せるでしょう。

そのため、制作前の事例のメモは、納品後に詳細な情報をテキストファイルにメモしておくことと、写真ファイルの蓄積、写真ごとに簡単な説明の3つのメモが必要です。

SEO効果を発揮しやすい過去の事例を使った対策法

SEO効果を発揮しやすい過去の事例を使った対策法を理解することで、どのようなテキストのメモや写真を蓄積していけば良いかを理解しやすくなります。

当社の経験上の話になるので、必ずSEO効果が出るとは言えませんが、制作実績のホームページでスムーズに高いSEO効果を出した過去の事例の活用法を紹介します。

事例コンテンツに掲載する内容は、事例の概要を紹介した少しのテキストと、写真が中心として、ユーザーへ御社サービスの魅力をアピールすることに取り組みます。

そして、スタッフブログなどを使って、それぞれの事例について多くのテキストと画像を紹介したページを作成します。

スタッフブログのページを公開したら、事例コンテンツから、スタッフブログへの内部リンクを行うことで、ページ同時の関連性が生まれ、どちらのページも上位表示が行いやすくなります。

さらに、1つの事例に対して、2ページを作成できるというメリットもあるので、検索ワードとホームページの関連性も高めることが可能になり、スムーズにSEO効果を発揮できるようになります。

もちろん、事例コンテンツもスタッフブログも、原稿のコピー&ペーストや、サーチエンジンの検索結果でページタイトルを見て訪問したユーザーに魅力的な文章でなくてはなりませんが、良質な新規ページを作成していれば、間違いなくスムーズで高いSEO効果を実現できます。

まとめ

制作実績で、SEO効果が出やすいホームページほど過去の事例のメモを取っています。

新規ホームページ制作の打ち合わせ経験で言うと、多くの企業は事例のメモを適切にとっているケースが見られるので問題ないかもしれませんが、会社によっては、とっていなかったりすることもあります。

当ページをご覧の方で、これからホームページを制作しようとお考えであれば、今日から納品した案件は、テキストと画像のメモを取ることで、ホームページを公開した後スムーズに高いSEO効果を発揮できます。