HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページに必要な予算!制作から運営にかかる費用

ホームページに必要な予算!制作から運営にかかる費用

ホームページにかかる全体的な予算を把握しているでしょうか。

クライアントがよく思いつく事例として、サーバーやドメイン費用だけだと思われるかもしれませんが、実はホームページ制作時とサイト運営時で必要になってきます。

そこで今回は、弊社経験から、具体的な予算をご紹介したいと思います。

ホームページの予算

ホームページの予算

ホームページの予算には、制作時と運営時にかかるものが存在しています。

これらをできる限りで良いですが、正確に把握してから、案件をスタートさせることによって、費用対効果やスムーズさを最大化させれます。

一般的に、予算と言われると、多くの企業ではホームページ制作にかかる費用だけを想定されるかもしれません。

しかし、レンタルサーバーやドメインであったり、各種バージョンアップなど、さまざまな費用が発生してきます。

このように、本当に多くの費用がかかりますので、もちろん具体的な金額は分からないにしても、何にいくらくらいかかるかを、公開前に漠然と把握するのは非常に大切になります。

実際に、以前あった事例として、定期的にワードプレスのバージョンアップを行う提案をしていました。

お客さまからは、「大体で良いから、いくらくらい必要か、いつ行う必要があるか」を尋ねられていました。

もちろん、提案としては、「基本的には、1年だが、何か脆弱性が見つかったら半年に1度。費用としては10万円前後が多い」とお伝えしていました。

そのため、お客さまは、1ヶ月当たり2万円をバージョンアップ費用として貯めておられました。

しかし、公開後5年ぐらいが経過して、ホームぺージの仕様上、PHPをバージョンアップしなくてはならなくなりました。

そこでお客さまに、PHPのバージョンアップが必要とお伝えしたところ、想定していなかったから、すぐには予算は取れないかもしれないと言われてしまいました。

ちなみにそちらの企業さまは、高い成果を出していて、「御社提案なら」とPHPバージョンアップを承認いただけています。

このように、ある程度で良いですが、何にいくらかかるかを、しっかりと把握しておかなければ、いきなり費用が必要になり、費用面から案件が進められないというケースもあります。

そのため、漠然とでも良いとは思いますが、しっかりと把握し、計画を立てることが非常に重要になるのです。

ホームページ制作時の予算

ホームページ制作時の予算

まずホームページ制作時の予算についてご紹介をいたします。

あくまで当社へご依頼に多いケースになっていて、以下でご紹介しおらず、案件数も少ないですが、ロゴのAIデーターが欲しいなどは、今回は紹介から省いています。

レンタルサーバーとドメイン

ホームページをインターネットに公開するには、レンタルサーバーとドメインを用意する必要があり、そこに予算が必要です。

レンタルサーバーとドメインは、毎年かかる費用になっていて、当社が良く利用するレンタルサーバーとドメインでは、初年度としては15,000円くらいの案件が多くなっています。

ちなみに、よく提案するレンタルサーバーについては、レンタルサーバーの選び方ページからご確認いただけます。

素材購入

写真やイラスト、動画などの素材を購入する場合にかかる費用です。

購入枚数やクオリティーによって金額が変わってきますが、よくあるケースとしては、5万円くらいを見ていただいております。

実際に、大量購入する場合は、そこまで質が高く高額な写真購入をおすすめしておらず、枚数が少ない場合は今後も考えた購入をしていただいております。

よく提案する素材購入サイトについては、写真やイラストが購入できる素材サイトページからご確認いただけます。

ホームページ制作

ホームページ制作予算は多くの方が想定しているものだと思います。

当社で言えば、一般的に100万円前後の案件が多くなっています。

ただ、これまでの経験で言うと、細かな内容までは聞いていませんが、大阪だと、100万円前後と50万円前後で提案する業者が多いように思います。

ホームページ運営時の予算

ホームページ運営時の予算

サイト運営予算をご紹介いたします。

サーバーとドメイン

ホームページ制作時にもかかりましたが、基本的には毎年必要になり、契約して1年後にはサーバーとドメイン費用が必要です。

上記で、初年度としては15,000円とご紹介をしておりますが、これは初期設定費を含んでいます。

そのため、2年目以降では、12,000円が多くなっております。

更新と改善

クライアントがコントロールできる内容ですが、御社が更新ができないページなどをWebサイト制作会社に依頼するとかかる費用です。

最近、売上があまり良くないや、まだ十分に成果が出ていないという場合は、更新や改善依頼を行わなければ、発生しない料金です。

また、更新と改善については、余裕があればですが、年間10万円くらいを見ていただきたいというのが本音になります。

  • お客さまが会社として更新しないといけない箇所
  • 成約率を高めるために改善したほうが良い箇所

この2点を更新と改善することで、ホームページの効果を向上させれます。

また、SEOについては、基本的には、当社が制作したホームページであれば、更新や改善は不要になっていて、これまで特に何かを行った経験はありません。

ワードプレスのバージョンアップ

年に1回を目安にワードプレスのバージョンアップを提案します。

当社は、月額プランを用意しておらず、実際にバージョンアップを実施して、問題が発生したら、改善の見積書を出しております。

大体ではありますが、10万円くらいを想定していただければ幸いです。

また、もし1年未満に脆弱性が発見されれば、そこでワードプレスをバージョンアップいたしますが、滅多にないケースになっております。

また、ワードプレスのバージョンアップは、ワードプレス側が、年々バージョンアップでレイアウトが崩れないように調整してくれています。

そのため、複雑な作りでホームページを制作していない限りは、バージョンアップ費用だけになり、年に2万円以内の予算になってきます。

PHPやDBのバージョンアップ

PHPやDBのバージョンアップは、正直なところ、いつ行えば良いとは言いづらくなっています。

実際に、10年前に公開したケースで、いまだにバージョンアップをしておらず、逆に5年前に公開したケースではバージョンアップをしております。

ただ、原則言えるとすれば、PHPなどが原因でウィルスの問題発生したら、バージョンアップが必須ですと提案をしており、予算としては、10万円くらいが多くなっています。

適切に予算を予測し成功するホームページへ

適切に予算を予測し成功するホームページへ

上記が、ホームページを公開したら、必要になってくる予算になります。

お客さまが注意したいのが、たまにPHPのバージョンアップを行うことがあり、そこにいくらか費用がかかるという点です。

これらをしっかりと頭に入れていただくことで、よりスムーズなサイト運営が可能になります。

これまで、まったく考えた経験がないウェブマスターさまは、ぜひ漠然とでも良いと思いますので、ある程度予算が必要だと理解をして、そして予測を立てるようにしましょう。

予測を立てて、日々そのための予算を確保していけば、非常に費用対効果が高いホームページへと成長します。

最後に、当ページではご紹介をしておりませんが、リスティング広告やユーチューブ広告を行う場合。

さらには、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、グーグルビジネスプロフィールなどのソーシャルメディア運用代行業者へ依頼する場合も予算が必要です。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP