セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.09.09

ホームページリニューアル前に検討すべきポイント

闇雲なリニューアルを行ってしまうと、ホームページの成果を高めることはできません。

ホームページリニューアルを行う際には、検討すべきポイントがあるので、そのポイントを検討してからリニューアルを実施することが重要です。

当ページでは、ホームページリニューアルを行う前に検討すべきポイントを紹介します。

ホームページリニューアルを行う前に検討すべきポイント

分析ツールを使った現状把握

ホームページリニューアルを行う前には、現状把握を行うことが大切です。

現状把握では、総訪問者数などのサイト全体の確認も行いますが、プラスして、集客と成約のそれぞれを正確に現状把握することが求められており、すなわちウェブマスターの勘や経験ではなく、ホームページに実装している分析ツールの閲覧が必要です。

例えば、集客で言えば、GoogleサーチコンソールやSNS、広告分析ツールなどの集客力の分析ができるツールを確認して、現状の優れているポイントと問題点の抽出を行います。

成約で言えば、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを確認して、ホームページが抱える問題点の抽出を行います。

これらの分析ツールが示す数値データを基にして、リニューアルで改善するための対策法を検討することによって、ホームページの成果を高めることができるリニューアルとなるのです。

具体的な成果への道筋を検討

ユーザーにどのようなコンテンツの流れで閲覧してもらうことによって、ホームページの成果が高まるかを検討することも重要です。

例えば、トップページから見込み顧客が訪問した想定を行い、「トップページ>サービス>実績>価格>問い合わせ」というような理想的なユーザー導線を仮定します。

ユーザー導線の仮定を立てることによって、それぞれのページでどんなレイアウトやデザイン、コンテンツを掲載すれば良いかが明確になるので、ホームページリニューアルで問題点を改善することが可能になります。

ユーザーの具体的な成果への道筋を立てることは、ホームページの成果において重要になり、闇雲にページタイトルに対して詳しいページを作成するときよりも、良質なページ作成を行えるようになります。

良質を知る

昨今のホームページは良質でなければ成果を出すことはできません。

そのため、ウェブマスターはリニューアルを行う前に、良質なホームページを確認して、どのようなページ作成を行っているかを把握しましょう。

一般的にウェブマスター個人が、競合他社のホームページをランダムで見るよりも、メインで上位表示を狙っているキーワードでGoogle検索を行い、1位から10位のホームページを確認することが効率的です。

と言うのも、Googleは、良質なホームページの検索順位を高めているので、自分の考えだけではなく、Googleが考える良質とは何かを知ることの方が効果を発揮できます。

もちろん、ウェブマスター個人が良質と思えるページ作成は必要ですが、良質を知る際には、Googleの検索結果からライバルサイトを確認することで、SEO効果が出るホームページリニューアルとすることが可能です。

まとめ

ホームページリニューアル前に検討すべきポイントを紹介しました。

ホームページリニューアルは闇雲に行っても期待通りの成果を出すことができませんし、ホームページ制作会社の言いなりでは、御社や業界に対する知識不足が原因で、十分に魅力を打ち出すことができません。

そのため、リニューアルを検討されている方は、当ページを参考にして、リニューアル前に検討すべきポイントはしっかりと検討を行うようにしましょう。

ホームページリニューアルを検討されている方の参考になれば幸いです。