セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.12.11

ホームページのSEOは無料の広告と考えよう

ホームページのSEOは、新規ページ作成や品質の高まるリライトなど、多くの運営量が必要です。

当社のホームページ制作でも、サイト公開後に、目標新規ページ作成数や品質の考え方についてアドバイスをしていますが、お客さまによっては、運営量の多さから、期待通りのSEO効果が出なかった場合、途中でSEOを辞めてしまうこともあります。

SEOを辞めてしまうと、サーチエンジンからの訪問者数は獲得できないので、当社では、途中で辞めてしまった企業に対して、ホームページのSEOを無料の広告と考えていただく提案をしています。

ホームページのSEOは無料の広告

ホームページにSEOを行うには、多くの運営量が必要です。

そのため、制作実績のホームページでも、サイト公開当初は、毎日新規ページ作成を行っていたとしても、期待通りにSEO効果が向上していないと辞めてしまうケースもあります。

その場合に、当社が提案するのが、ホームページのSEOを無料の広告と考えていただくことです。

例えば、リスティング広告や、同業のポータルサイトに広告を出稿する際には、いきなり出稿するのではなく、まずは入口になるランディングページの品質を高めることが一般的です。

すなわち、広告には予算が必要になるので、広告をクリックしてくれたユーザーの多くに問い合わせフォームなどの成果ページへと移動して欲しいと考えているからです。

さらに、広告から成果を出すために、予算をいきなり上げることは滅多にないと思われ、年間予算を検討して、毎月一定額での出稿を行うと思います。

これが広告の基本的な考え方になるのですが、その考えをSEOにも取り入れることで、検索順位が向上する可能性は高くなります。

すなわち、新規ページ作成に取り組むのではなく、サイト全体で良質化を目指すことで、SEO効果を発揮するという考え方です。

では、具体的にSEOを無料の広告と考えた場合のホームページの運営法について紹介します。

SEOを無料の広告と考えたときのホームページの運営

現在のSEOでは、新規ページ作成を行い検索ワードとホームページの関連性を高めるか、サイト全体の品質を高めることでSEO効果を発揮します。

SEOを無料の広告と考えた場合に、前提として、広告予算を新規ページ作成数と考えていただくとスムーズに理解ができます。

広告効果を高めるために、いきなり予算を増やすケースは滅多になく、まずは品質を高めてから広告予算を増やすかを検討されると思われるので、SEOでも新規ページ作成よりも品質に特化させる考え方が重要です。

ページ数ではなく品質を重視する

広告から効果が出なかった場合、翌月から広告予算を上げる方は少なく、まずは広告バナーや文言の見直しをして、ランディングページの改善を検討されることが一般的です。

すなわち、ホームページでも、SEO効果が出なかった場合、新規ページ作成数を増やすのではなく、品質を高めるリライトに取り組むことが重要です。

もちろん、リライトは短期間で大量のページに対して行う必要はなく、SEOに疲れていると思われるので、毎日は少なくても10年でも20年でも継続できるペースでスケジュールを立てましょう。

ただし、サーチエンジンは、サイト内にある1ページだけの品質が高まった程度だと、検索順位を高めてくれることはなく、品質が田Kマあるリライトページ数が多くならないと、SEO効果は発揮できません。

良質を意識したページ作成に特化する

広告であれば、多くのホームページで品質を重視しますが、SEOとなるとページ数を意識し過ぎてしまう傾向があります。

しかし、ページ数を増やす対策では、期待通りのSEO効果を得れていないので、これからは毎日の運営量は少なくても良いので、良質を意識した新規ページ作成に特化しましょう。

品質が高いページとは、テクニックではなく、原稿作成後に、読み直しを行い、誤字や脱字の修正と、分かりづらい表現を改善、文章だけでは伝わらない箇所に画像や動画を設置することです。

制作実績のホームページでも、新規ページ作成に特化した運営を行っていたところ、まったく効果が出なかったので、品質を重視した新規ページ作成に切り替えることで、一気に検索順位を高めた事例があります。

まとめ

ホームページ制作後に新規ページ作成を行っても期待通りのSEO効果が出ない会社は、SEOを無料の広告と考えると品質が高いページ作成に取り組みやすくなります。

制作実績のホームページでは、新規ページ作成数を意識しない代わりに、品質管理の徹底化を行ったところ、少ないページ数で高いSEO効果を実現しています。

昨今のSEOでは、運営量よりも品質の方が重要な要素になるので、ページ数を増やして効果がない場合は、サイト全体の品質を高めることで、サーチエンジンから多くの見込み顧客を集客することが可能です。