HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

検索順位が決定する仕組み!ホームぺージ制作時に理解で運営効率が向上

検索順位が決定する仕組み!ホームぺージ制作時に理解で運営効率が向上

検索順位は闇雲に決定しているわけではありません。

原則、グーグルのアルゴリズムによって決定しており、この仕組みをホームページ制作時に理解することで、SEO目的で実施しているサイト運営効率が飛躍的に高まります。

今回は、当社がホームページ制作時に提案している内容で、検索順位がどのようにして決定しているかをご紹介します。

検索順位の決定は闇雲ではない

検索順位の決定は闇雲ではない

検索順位を検討する際には、グーグルだけを見ていても問題ありません。

その理由は、グーグルで上位表示が行えれば、ヤフージャパンは同じエンジンを積んでいて、同じ結果になってきます。

さらには、もう一つマイクロソフトビングは、別エンジンではありますが、似た結果になっていて、SEOはグーグル対策で十分になります。

そして、グーグルが検索順位を決定するのは、闇雲に行ているわけではありません。

基本的には、アルゴリズムと言われる検索順位を決定するルールに則って検索順位が決定しており、このルールはグーグル社員であってもすべてを知らないと言われています。

ただ、このルールを知らないから、取り敢えずサイト運営を行うでは、SEO効果を出せません。

そのため、グーグルの発言や、SEO業者などの過去の経験で効果が出た対策をチェックして、ホームページ制作に活かす必要があります。

ただ、それでも、SEOは非常に難しいものになっていて、実際に当社はSEOに強いホームページ制作を謳っていますが、かなり大変なサイト運営努力をお客さまにお願いしています。

ホームページの検索順位が決定する仕組み

ホームページの検索順位が決定する仕組み

では、グーグルがどうやって検索順位を決定しているかをご紹介したいと思います。

以下はすべてではありません。

ただ、ホームページを制作した企業さまは、SEOで成果が出れば良く、専門家ではないため、当社では以下のように大切なポイントだけに絞った説明をしています。

クローラーが訪問

ホームページをインターネットに公開すれば、自動的にグーグルが発見してくれるわけではありません。

グーグルの情報収集プログラムになるクローラーと呼ばれる巡回ロボットが訪問して初めてグーグルの検索結果に表示されます。

クローラーを集客する手法は、主に3点があります。

まずグーグルサーチコンソールからサイトマップとフィード(RSS/Atom)を送信します。

このサイトマップとフィード(RSS/Atom)の送信は、グーグルがURL発見において2番目に重要視していると発言していて、必ず送信しましょう。

次に、同じくグーグルサーチコンソールでURL検査を行います。

URL検査は、100%ではないと思いますが、グーグルにURLを伝えることができる手段になっています。

最後に、被リンクがあります。

クローラーは、被リンクを辿って、さまざまなホームページを閲覧していて、被リンク本数が多いと、クローラーの訪問頻度が高まっていきます。

しかし、この被リンクは実はクローラーの集客以外にも、検索順位を上げる効果があり、スパムが非常に多かったため、現在では大半が無効化されています。

そのため、ホームページ制作では、まったく被リンクを提案しなくなりましたが、クローラーを集客するには重要な要素の1つであるのは間違いありません。

上記3点から御社サイトにクローラーが集まれば、URLの存在を知ってもらうことができ、さらには御社のサイトの情報をグーグルのデーターベースに格納してくれるようになります。

そしてこのデーターベースで検索順位が決定して、検索結果に反映されているのです。

データーベースでアルゴリズムを実施

上記のように、クローラーがURLを発見し、そのページの情報を自社データーベースに格納して初めて、検索順位が決定します。

データーベースに格納後については、その中でアルゴリズムが実施されていて、詳しい情報は非公開になっています。

ただし、いくつかアルゴリズムで気にすべきポイントが公表されていたり、SEO業者がこれまでの経験からアルゴリズムの最適化の情報をブログで公開していたりします。

これらの情報から、適切なページ作成を行うことで、高い検索順位へと成長させれます。

正解については、グーグルが非公開にしていて、あくまで当社が考えるアルゴリズムへの最適化は以下になります。

  • 各ページで上位表示キーワードを定める
  • ユーザー目線で適切な箇所にそのキーワードを含める
  • 関連ページへと内部リンクを送る
  • 上位表示したいキーワードは数も大切

4番目の上位表示したいキーワードは数も大切について少し補足説明をしておきます。

例えば当社で言えば、トップページで【ホームページ制作 大阪】で上位表示したいと考えております。

そしてこのトップページの検索順位を上げるのに、その他のページが関係していないと思われるかもしれませんが、実は関係しています。

その理由は、ホームページ全体としての詳しさが影響を与えているのです。

どういうことかと言うと、検索エンジンのアルゴリズムは、基本的には検索ユーザーにとって有益なウェブページを上位表示させようと考えています。

その時に、当社がトップページで狙う【ホームページ制作 大阪】で詳しいと言うのは少し理解が難しいものになってきます。

そこで出てくるのがホームページ全体でどれくらい詳しいかという指標です。

グーグルは何もそのページだけで判断をしているわけではなく、ホームページ全体でどれくらいその検索キーワードに対して詳しいかも判定をしています。

すなわち、【ホームページ制作 大阪】で上げたいのであれば、大阪は地名であり対策が難しいですが、【ホームページ制作】で詳しいホームページへと成長させる必要があります。

これは何もトップページだけの話ではありません。

すべてのページで言える内容になっていて、関連ページ数が多いと自然と上位表示が行いやすくなっているのです。

これが、雑記サイトよりも、特化型サイトの方がSEOで成果を出しやすいと言われる所以になっています。

特化していれば、その分そのキーワードに関連する新規ページ作成を行う時間を確保しやすく、その結果上位表示が可能になっているのです。

検索順位が決定する仕組みからスパムは辞める

検索順位が決定する仕組みからスパムは辞める

上記のようにクローラーがURLアドレスを発見し、そしてそのページの情報をグーグルのデーターベースに格納、その後アルゴリズムが実施され検索順位が決定します。

そして、このアルゴリズムについては、最近のグーグルの傾向では、被リンクではなく、サイト内の情報量の多さと詳しさが影響をしています。

もちろん、まったく役立たないページは、アルゴリズムによって評価が0にされてしまいますが、この関連性を逆手にとって、対策を取ることは絶対に辞めましょう。

例えば、良くある事例としては、実際によく見かけるのですが、【ホームページ制作 大阪】で上位表示を行うページを作成します。

そしてその後、【ホームページ制作 神戸】で上位表示を狙うページを作成するのですが、その時に、ページの原稿は大阪を神戸に変えただけになっています。

実際にこれは、2015年ごろに実施されたパンダアップデートでスパム行為として、これらの対策を行っているホームページはすべて検索順位を落としております。

しかし、2022年現在、最近よくそれらのホームページを見かけます。

もちろん、2015年のパンダアップデートでスパムになって、現在では普通の対策であると言うことはありません。

現在でも、しっかりとスパム行為であると、グーグルヘルプになる重複するコンテンツを避けるページに行ってはならない対策として記載があります。

実際に、当社の取引先ではないのですが、知り合いの企業さまが、以前この重複コンテンツで上位表示を実現したと連絡がありました。

しかし、実は、2022年9月のコアアルゴリズムアップデートのロールアウト時期に、グーグルにバレており、一気に検索順位を落とす結果になっています。

確かに、一時的に効果はあるかもしれません。

しかし、グーグルが明確にスパム行為であると言っている対策になり、絶対に行ってはならない対策になっています。

検索順位が決定するルールからのスパム行為は、絶対に行ってはならず、SEOを行われている企業さまは細心の注意を払いましょう。

検索順位が決定する仕組みを理解してホームページを制作

検索順位が決定する仕組みを理解してホームページを制作

検索順位が決定するルールは、上記のクローラーが発見して、データーベースでアルゴリズムが実装されるという理解で十分だと思われます。

もちろん、SEOの専門家の方が当ページを見れば、もっと細かく説明が必要だと言われるかもしれません。

だた、当社ホームページ制作実績の企業さまは上記が検索順位を決定するルールであると説明をするだけで、高い検索順位まで成長させることに成功しております。

そのため、これからホームページを制作し、SEOを行われる方は、検索順位が決定するルールとしては、上記を理解して対応しましょう。

基本的には、SEOについては当社の感覚ではありますが、新規ドメインであれば、上記ルールを明確に把握して、サイト運営を行っていれば、上位表示が可能です。

このルール以上に必要になってくるケースとしては、過去にスパム行為をして、検索順位を落とした経験があるホームページになっています。

実際に、SEO業者においても、一度グーグルから手を離されたホームページが検索順位を戻すのは非常に難しいと言っております。

当社も同感で、新規ホームページ制作は、上記ルールを理解して、そしてしっかりとサイト運営を行っていれば、ほぼ間違いなく上位表示が可能です。

これからホームページを制作され、SEOを実施される方の参考になれば幸いです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP