セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2021.11.10

1,000ページ以下のホームページならアクセス解析がなくても成果が出る

ホームページから成果を出すには、アクセス解析が必須と言われています。

しかし、制作実績の企業で、1,000ページ以下のホームページであれば、アクセス解析を利用しなくても高い成果を出すことができています。

当ページでは、アクセス解析を利用しなくても成果が出る理由や対策法を紹介します。

アクセス解析がなくてもホームページの集客対策でできることが多い

アクセス解析の最大のメリットは、ホームページの成約率を高めることになります。

例えば、月間訪問者数が100,000人の場合に、成約率が0.1%のホームページであれば、月間の成果数は100本になります。

このときに、成果数の目標を200本に設定したとすると、ホームページの成約率が0.1%のままであれば200,000人の訪問者数が必要になるので、新たに100,000人を集めなくてはなりません。

しかし、成約率を2%にすれば、目標問い合わせ数を達成することができます。

このように、集客力と成約力のどちらがスムーズに高められるかを考えて判断することが重要です。

ホームページには一定の成約率が存在しており、低い成約率でも訪問者数を増やし続けていれば、成果を実現できます。

もちろん、どこかのタイミングでは、アクセス解析を使って、ホームページが抱える問題点の抽出と改善を実施しなくてはなりませんが、ページ数が少ないホームページでは、多くの集客対策が打てるので、集客だけに特化しても成果を出すことが可能です。

アクセス解析を利用せずに行うホームページの集客対策

SEOでは新規ページ作成

制作実績の1,000ページ未満のホームページで、高い効果を発揮しているのが、新規ページ作成によるSEO効果の向上です。

サーチエンジンは、サイト全体の品質とページ数の両方を見て、SEO効果を判断しています。

まず、品質は、具体的には何を見ているのかが分からず、共起語の利用や文字数などは関係がなく、ユーザー目線でページを作成すれば、上位表示を実現しています。

次に、ページ数を増やすことは、検索ワードとホームページの関連性を高める効果があり、狙ったキーワードと関連するページを作成することで、自然と上位表示が可能になります。

そのため、制作実績のホームページに提案するのが、闇雲に新規ページを作成するのではなく、ユーザーを考えながら良質な新規ページ作成の継続です。

実際に、多くの制作実績のホームページでは、新規ページ作成だけで上位表示を実現しており、TVや雑誌、ライバルサイトを見て、日々更新ネタを探し続けています。

これまでの経験で言うと、SEO難易度にもよりますが、多くのホームページがアクセス解析がなくても、新規で150ページほどを作成すると高いSEO効果を発揮し、問い合わせ数が急増しています。

ユーザ目線でSNS運用

SEOは、新規で150ページほどを作成しなくてはならないので、お客さま次第では、集客対策として、SNS運用を選択されるケースもあります。

よく提案するSNSには、TwitterとFacebook、Instagramの3つがあり、それぞれの特徴を説明したうえで、お客さまに利用するSNSを選択していただいています。

利用するSNSが決まれば、アカウント開設を行っていただきます。

アカウント開設後、プロフィールを見ただけで提供しているビジネス内容が分かる初期設定を行っていただきます。

その後に、SNSを運用いただくのですが、運用法は自社のホームページへのリンクを掲載するのではなく、SNSだけで問い合わせを獲得することに注力いただきます。

例えば、投稿する内容は、ビジネスに関係した内容であり、ユーザーに役立つ情報配信を繰り返していくことで、SNSアカウントのブランドを構築することができます。

投稿だけではなく、同じ業界についてのアカウントを見つければフォローしたり、ビジネスに関する有益な投稿があれば、いいねやシェアを行い、ユーザーに有益な情報を発信するアカウントと認識してもらうことを継続します。

そしてブランドの構築ができれば、自社サイトのURLを投稿することで、多くのユーザーがリンクを使いホームページへと訪問してくれるようになるでしょう。

ブランド構築をせずに、URLだけを投稿していても、成果を出すことはできないので、ブランド構築を目的としたSNS運用に取り組まなくてはなりません。

制作実績のホームページでは、ブランディングを意識したSNS運用を継続したところ、アクセス解析を利用せずとも、月間の訪問者数と商品購入者数を飛躍的に高めることに成功しています。

継続したリアルでの告知活動

制作実績のホームページが行う集客対策で、リアルでの告知活動も高い効果を生み出しています。

例えば、FAXDMや販売店にリーフレットを設置して貰うことで、安定した訪問者数の獲得が可能です。

もちろん、FAXDMやリーフレットの内容はユーザー目線で検討しなくてはなりませんが、アクセス解析を使って、リアルでの告知活動で集客した訪問者を分析しなくとも、多くの制作実績のホームページで高い成果を実現できています。

まとめ

1,000ページ以下のホームページであれば、アクセス解析を利用せずに、上記の集客対策だけでも高い成果を実現することが可能です。

アクセス解析は、成約率を高める役割があり、集客力を高めるよりも、成約率を高めたほうが効果を発揮する場合に利用することがおすすめされます。

当ページをご覧の方は、自社サイトが集客力と成約力のどちらが高めやすいかを考え、もし集客力を高める余地があると判断をすれば、集客対策だけでも高い成果を得ることが可能です。