セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.12.11

ホームページをリニューアルせずに成果を出す方法

制作したホームページから成果が出なかった場合、多くの企業がリニューアルを検討します。

しかし、ホームページをリニューアルしなければならない根拠が明確でないと、リニューアルが単に予算の無駄使いになってしまう可能性があります。

当ページでは、これまでの制作実績の中で、リニューアルを希望されたホームページで、サイト運営を提案して成果を出した対策法を紹介します。

ホームページをリニューアルする根拠を検討

ホームページから成果が出ないので、リニューアルをして欲しいと相談いただくことは多いです。

当社はWeb制作会社になるので、ホームページリニューアルは売上を考えると、実施したいと思ってしまいますが、即答でリニューアルをお受けすることはしていません。

と言うのも、リニューアルを行う前に、企画書を作成するために、GoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスを確認すると、リニューアルが不要と判断できるケースが多く見られるからです。

ただ、ホームページをリニューアルすると伝えていた場合に、決裁権がある方が承認していると、今更リニューアルは不要とは言いづらく、お客さまに予算の無駄使いを強いる結果になります。

そのため、成果を出すためにリニューアルをすると考えるのではなく、なぜホームページから成果が出ないのかを検討し、問題点の改善にはリニューアルが必要なのかを判断しなくてはなりません。

ホームページをリニューアルせずに成果を出したサイト運営法

ホームページリニューアルの打ち合わせで、リニューアルは必要がなく、サイト運営で成果を出すことができると判断した企業に提案した成果を高めるサイト運営法を紹介します。

ホームページの集客力を確認して改善

これまでの制作経験から、ホームページから成果が出ない企業の多くが、集客対策に失敗しています。

まずはホームページに適切に訪問者がいるのかを確認するために、どこから見込み顧客を集めるために対策を行っているのかを確認します。

さらに、Googleアナリティクスのデータを見て、どこからホームページに訪問しているのかを調べれば、具体的な今後の運営方針を定めることが可能です。

例えば、SEOであれば、Googleサーチコンソールを確認して、数値データが示す問題点の改善から始めたり、競合サイトが持つページ数や各ページの品質を確認し、ページ数が負けていれば新規ページ作成を、品質が負けていればリライトを行います。

また、SNSであれば、それぞれのSNSからのアクセス数と投稿内容やフォロワー数を確認して、問題点のピックアップと、今後の投稿における注意点をまとめたり、場合によっては入口になるランディングページの改善案を提案します。

このように、数値データと実際のホームページを見たうえで、ホームページが抱える集客の問題点の抽出と改善提案を実施します。

集客力は、半月や1ヶ月で改善されるケースは滅多になく、最低でも3ヶ月間はみっちりと改善に取り組む必要があります。

アクセス解析でホームページが抱える問題点の抽出と改善

Googleアナリティクスなどのアクセス解析を確認して、ホームページが抱える問題点の抽出と改善を行うことで、ホームページの成約率が高まります。

制作実績で見ると、多くのホームページでは、成果が出ない理由として、成約率ではなく集客力に問題があるケースがほとんどですが、中には高い集客力なのに成果がないケースも見られます。

アクセス解析で見るべきは、直帰率が高く入口になる回数が多いページや、訪問者数が多いのに出口になっているページ、さらに訪問者数が多いのに平均エンゲージメント時間が短いページです。

これらの数値データの改善は、具体的にどのページを改善すれば良いかは分かりますが、改善法はウェブマスターやWeb制作会社の経験によるものになります。

そのため、1つの数値を改善するにも、1回で改善されることはなく、何度も改善を繰り返して初めて効果を発揮します。

さらには、1ページの数値が健全化されたとしても、成果が向上するとは言い切れず、複数のページを改善していくことが重要です。

アクセス解析を使ったホームページの問題点の抽出と改善は、PDCAサイクルを回して、1年を通して、継続して実施し続けることが重要になります。

まとめ

ホームページから成果が出ない場合、リニューアルが選択肢には入りますが、明確な根拠を持ってリニューアルを検討しましょう。

根拠もなしに、成果の向上を狙ってホームページをリニューアルしたとしても良い結果にならないケースがあったり、サイト運営で成果向上を実現できたのにリニューアルを行ってしまい、無駄に多くの予算を使ってしまう可能性もあります。

ホームページをリニューアルしようと考えている場合は、まずは何が原因となっているかの仮説を立て、その上で、GoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスなどのツールを確認することで最良の選択が行えるようになります。

お客さまだけで詳細が分からない場合は、そのホームページを制作した会社や、当社にお気軽にご相談ください。