HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEOにおいては1ページあたり15MBまでを意識

SEOでは1ページあたりHTMLは15MBまで

現在のグーグルは、1ページあたり15MBまでしか見てくれないようです。

そのため、基本的には長文を書いているホームページは注意が必要になっています。

今回はこの15MBまでしか見てくれないというポイントに対して当社のホームページ制作後のSEOの考え方をご紹介します。

最大で15MB

先日、グーグルに関する技術ドキュメントにグーグルボットは15MBまでしか読み込まないという情報が公開されました。

この15MBについては、画像ファイルやページに埋め込まれた動画ファイルなどは含まれず、基本的にはテキスト情報のみの判定になっています。

万が一、15MBを超えた場合は、超えるまでの箇所をグーグルが認識して、その範囲で検索結果に表示されるようになります。

昨今のホームページ制作はワードプレスを導入するのが当たり前になっているので、このワードプレスで記事を作成する際に書いた原稿のみが対象になっています。

そして15MBと言うのはどれくらいの量になってくるかと言うと、あくまで一般的なウェブページの例で言うと、31KB程度が平均と噂されています。

そのため、15MBとなると、1,000倍ほどのボリュームが必要です。

こちらは、グーグルが定期的に開催しているグーグルポリシーオフィスアワーです。

こちらの19:19 Googlebot 対応のファイルサイズを見ると、グーグルからの15MBに関する紹介がされています。

基本的には、これらを見た結果で言うと、一般的には気にする必要がないですが、しかし万が一超える場合は、外部ファイルをうまく活用することが大切です。

例えば、CSSやJava Scriptなどは外部ファイルにしっかりと書き込む癖をつけることが大切です。

もちろん、グーグルの言う15MBには、単純に日本語や英語だけではなく、ソースコードも含まれています。

そのため、基本的には外部ファイルをしっかりと活用することが推奨されており、外部ファイルを利用して15MBと言うのは少しあり得ない数値になっていると思われます。

ただ、この15MBの話の流れで当社では、弊社がホームページ制作時に必ず行うSEOに強いコーディングが正しかったと考えております。

ソースコードの軽量化が必要

基本的にはグーグルは、最大で15MBまでしか見てくれません。

ただ、15MBを超えなければコードが何でも良いかと言うと決してそうではないと思います。

グーグルの処理速度や制度は、容量が少なければ少ないほど、正確になるということに繋がっていると考えました。

どういうことかと言うと、15MBまでしか見ないように設定しているのではなく、それが処理の限界値であると考えました。

もちろん、15MBになったらいきなり処理ができない訳ではありません。

パソコンのHDやサーバーの容量と同様の考え方になっていて、中身がなければないほど、処理速度が急速に早まるのです。

そのため、15MBは限界値ではありますが、しかし中身が薄ければ薄いほど、そのページの情報認識速度は高まります。

さらには、グーグルはグーグルボットなどのクローラーが収集した情報を自社データーベース内でランキング決定のアルゴリズムを充てています。

このアルゴリズムにおいても、恐らく15MBが最大値になっていると思われます。

そのため、こちらも同様に情報量が少なければ少ないほど、正確に各ページを認識してもらえるのです。

このように容量が少ない方が、都合が良いページになっていて、当社のコーディングは徹底して外部ファイルへの記述で対応が可能箇所は外部ファイルに記載しているのです。

そしてさらには記述ミスをなくしたり内部リンク設定の最適化が効果を生みます。

基本的には記述ミスはエラーとして処理されます。

さらには、検索エンジンはエラーが起こると、そのエラーを正しく認識しようとするため、余計な処理が発生するのです。

これも速度が遅くなったり、正しい認識ができなかったりする要因です。

当社ではHTML Living StandardとCSS4、すなわちウェブ標準でのコーディングにも力を入れているため、これらの問題が発生するリスクが大きく削減します。

このようにSEOとコーディングは確かに効果があり、もちろん直接的なSEO効果は得れないかもしれませんが、クローラビリティーや処理速度、正確性には大きな影響が出るのです。

そして上記で軽ければ軽いほど良いとご説明をしましたが、であれば、例えば100文字のページを量産すれば良いのかと思われるかもしれません。

これは絶対にやってはいけない対策になっています。

昔当社で、100文字のページを量産した経験があるのですが、これは検出 - インデックス未登録を量産してしまうだけです。

そのため、当社はあまりスタッフブログで文字数はカウントしていませんが、ページタイトルに対して詳しい原稿を書くと、大体2,000文字から3,000文字が多くなっています。

これくらいのボリュームであれば、ほとんど15MBに影響がないページ作成となっております。

最適なソースコードでホームページ制作

上記のように基本的には検索エンジンと言うよりもグーグルは、15MBが限界値になっています。

そのため、ホームページ制作時にはしっかりとデザイン要素はCSSに記述したり、Java Scriptは外部ファイルに記述するようにしましょう。

これを行っていればほとんど影響がないと思われます。

CSSやJava Scriptの外部ファイルへの記述は、一般的にはWebサイト制作会社であればどこも当たり前のように行ってくれます。

そのため、自分でホームページ制作を行った場合のみ意識をすれば良いでしょう。

現在の検索エンジンはコンテンツ内容を重視しています。

しかしコーディングによって、本当に価値があるページを作っても正しく認識されない可能性もあるので、しっかりと認識を意識したコーディング対応が重要です。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP