セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.19

SEOの効果測定は検索順位だけではなくホームページの成果数を見る

SEOの取り組みにおいて、検索順位の向上だけを目的にするのは短絡的です。実際には、高い順位を獲得しても成果が伴わなければ意味がありません。当社が制作するホームページは、単に訪問者を増やすだけでなく、実際の成果、例えば成約数を最大化することを目標としています。だからこそ、SEOの真の目的、すなわち成果数の最大化の重要性を、皆様にしっかりと理解していただきたいのです。

SEOの効果測定の目的とは

SEOの効果測定の目的とは、単にサイトの検索順位を高めるだけではありません。もちろん、上位表示は非常に大切ですが、それだけが全てではないのです。例を挙げると、私が以前関わったあるプロジェクトでは、高い検索順位を誇っていたにも関わらず、実際の成果、すなわち問い合わせ数や売上が伸び悩んでいました。

このケースで問題だったのは、高い順位を維持するための最適化に偏重し、訪問者が本当に求めている情報や価値を提供する内容の構築がおろそかになっていた点でした。実際にサイトを見てみると、各ページはSEOのためだけに作成されており、ユーザーの立場で読むと情報が不足していることが明らかでした。

その経験から、SEOの効果測定の真の目的は「検索順位を高めること」だけでなく、「訪問者に価値を提供し、成果を最大化すること」と私は考えています。そのためには、ユーザー目線でのコンテンツ作成が不可欠です。サーチエンジンはユーザーの役に立つページを評価し、それを上位表示します。この理念に基づいて、私たちはユーザーが何を求め、どのような情報に価値を感じるのかを常に考えながらコンテンツを作成するべきです。

被リンクに関しても、質よりも量を追求するのは時代遅れです。サーチエンジンは、ユーザーにとって価値のある情報を提供するサイトを評価するため、低品質な被リンクは評価されません。むしろ、そのような被リンクが多いとペナルティのリスクも増えるため、注意が必要です。

最後に、SEOはテクニックだけのものではなく、ユーザーの満足度を追求する取り組みです。その真髄を理解し、適切な戦略と施策を練ることで、本当の意味での成果を上げることができるのです。

適切なSEOの効果測定をした対策は高い成果を生み出す

適切なSEOの効果測定は、単に検索順位の上昇を目指すだけではありません。真の効果を求めるなら、見込み顧客の増加や成約率の向上も目指す必要があります。

多くの方が、SEOの成功とは高い検索順位を持つことだと認識しているかもしれません。しかし、私たちの経験から言うと、その認識だけでは十分ではありません。ある制作実績を持つお客さまの事例をご紹介します。そのお客さまは、20ページ程度のサイトを運営していました。初めは文章の量に困惑していたようですが、私たちのアドバイスにより、各ページにユーザー目線での情報提供を心がけた結果、想像以上の検索順位向上を果たしました。それだけでなく、成約率も1%程度まで上昇し、SEOの効果を実感していただくことができました。

こうした事例を見てもわかる通り、検索順位向上だけを追求するのではなく、訪問者に価値ある情報を提供することが重要です。そうすることで、自然にサイトの評価も高まり、SEOの成果として、質の高い集客や成約数の増加といった形で還元されるのです。

それでは、どのようにユーザー目線でのコンテンツ作成を進めていけば良いのでしょうか。先ずは、訪問者がサイトに何を求めて訪れたのか、そのニーズをしっかりと掴むことが大切です。そして、そのニーズに対応する情報を分かりやすく、簡潔に伝える文章作成を心がけることが求められます。私たちの経験からも、このようなアプローチがSEOの効果を最大限に引き出す鍵となると確信しています。

最後に、SEOの効果測定を行う際は、検索順位だけではなく、サイト訪問者の行動や反応もしっかりと観察し、分析することが必要です。そうすることで、より高い成果を期待することができるのです。

まとめ

SEOの成果を正しく評価するためには、検索順位だけを追求するのではなく、それがもたらす具体的な成果に目を向けることが欠かせません。検索順位が高くても、その結果としての反響や売上が伴わなければ、真の意味での成功とは言えません。また、今の時代のSEOは、質の高いコンテンツがキーです。無理にページ数を増やすのではなく、価値ある情報をしっかりと提供することで、検索順位の向上だけでなく、実際の成果も同時に追求できるのです。SEOを進める際の最大のポイントは、ユーザー目線での質の高いコンテンツ作成にあります。それを心がけることで、検索順位と成果の双方を高めることが可能となります。