セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.02.12

お客さまがSEOのために行うホームページの運営内容

ホームページ制作後にSEOのために運営を行っている方は多いと思います。

現在のSEOにおいて大切なのは、ホームページをユーザー目線に成長させることになり、難しいテクニックは不要になります。

当ページでは、制作実績のホームページで、公開後にお客さまが取り組み、高いSEO効果を発揮した運営法を紹介します。

お客さまがSEOのために行うホームページの運営内容

メインは良質な新規ページ作成

制作実績のホームページの大半が、公開後はお客さま自身で良質な新規ページ作成を行うだけで高いSEO効果を発揮しています。

一般的にWeb制作会社はホームページ制作は専門ですが、お客さまの業界については深く理解していないことが大半で、お客さまでなければ良質な新規ページ作成ができません。

次に、メリットの紹介ですが、お客さま自身で、良質な新規ページ作成を行うメリットは2つあります。

1つ目が、作成したページ自体が狙ったキーワードで上位表示ができるという点です。

サーチエンジンは、検索結果ページをユーザー目線にしたいので、ユーザーの検索ワードごとに、品質が高いホームページやページを上位に表示しています。

そこでお客さまが持つノウハウを打ち出したページを作成することによって、そのページ自体が上位表示できるようになり、SEOで多くの見込み顧客をホームページに集客できるようになります。

2つ目が、サーチエンジンは検索ワードとホームページの関連性を見ているので、検索ワードと関連した良質なページ数が多いほど、SEO効果を発揮しやすくなっているのです。

この2点のメリットは、どちらも良質という点があるので、お客さまでないと実現することが難しく、お客さまであれば、ユーザーのことを考えた新規ページ作成を行うことで、ホームページのSEO効果を大きく向上させることができるのです。

定期的にページの読み直しを行い低品質であればリライト

高いSEO効果を実現しているホームページで見ても、そこまでの頻度ではありませんが、たまにホームページの読み直しを行い、低品質なページのリライトを行っています。

Googleのヘルプフルコンテンツアップデート以降、低品質なページ数が多いホームページは、サイト全体の検索順位を下げられてしまいます。

ただ、制作実績のホームページの大半が、後からリライトをしなくて良いくらい、良質を意識した新規ページ作成を行っているので、月に1ページリライトするかどうかになっています。

それでも、お客さまが、ホームページを読み直す習慣を作り、定期的なリライトが必要だと認識することは重要で、より高い品質のホームページとするための重要なポイントであると言えます。

SNS運用計画を立てる

ホームページの集客をSEOに依存することはリスクがある対策です。

サーチエンジンは、定期的にコアアルゴリズムアップデートを開催しているので、ユーザーのためのホームページ運営を行っていたとしても、絶対に影響を受けないとは言い切れず、ある日突然、サーチエンジンからの訪問者数が激減してしまう可能性があります。

そこで、SEO以外の集客ルートとして、当社がおすすめするのがSNSになります。

SEOでは多くのページ作成を行っているので、大変な労力がかかりますが、SNSであれば短文での投稿でもユーザー目線であれば、多くの見込み顧客が集客できるのです。

さらに、SEOはユーザー行動も検索順位に影響を与えるので、SNSで拡散されることにより、ホームページに多くの訪問者を集客できる可能性があります。

このように、SNS運用は集客力の向上とSEO効果を最大化するためには必須の対策になり、ホームページの集客力を高めたい場合は、必ず運用していただくようにしています。

時間が余ったら被リンク元サイトを探す

昨今のSEOでは、高い効果は期待できませんが、時間が余った場合にお客さまにお願いしているのが、被リンク元サイトを探すことです。

ただし、低品質な被リンク元サイトは不要になるので、国が運営しているホームページを探していただくようにしています。

まとめ

お客さまがSEOのために行うホームページ運営法を紹介しました。

現在のSEOで大切になるのは、ユーザー目線のホームページへと成長させることになり、すなわち良質な新規ページ作成だけでも上位表示を狙うことが可能になります。

これからホームページのSEOに取り組まれる方の参考になれば幸いです。