セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.02.12

SEOのために行うホームページの運営内容

ホームページ制作後にSEOのために運営を行っている方は多いと思います。

現在のSEOにおいて大切なのは、ホームページをユーザー目線に成長させることになり、難しいテクニックは不要になります。

当ページでは、制作実績のホームページで、公開後にお客さまが取り組み、高いSEO効果を発揮した運営法を紹介します。

SEOのために行うホームページの運営内容

メインは良質な新規ページ作成

制作実績のホームページの大半が、公開後はお客さま自身で良質な新規ページ作成を行うだけで高いSEO効果を発揮しています。

一般的にWeb制作会社はホームページ制作は専門ですが、お客さまの業界については深く理解していないことが大半で、お客さまでなければ良質な新規ページ作成ができません。

次に、メリットの紹介ですが、お客さま自身で、良質な新規ページ作成を行うメリットは2つあります。

1つ目が、作成したページ自体が狙ったキーワードで上位表示ができるという点です。

サーチエンジンは、検索結果ページをユーザー目線にしたいので、ユーザーの検索ワードごとに、品質が高いホームページやページを上位に表示しています。

そこでお客さまが持つノウハウを打ち出したページを作成することによって、そのページ自体が上位表示できるようになり、SEOで多くの見込み顧客をホームページに集客できるようになります。

2つ目が、サーチエンジンは検索ワードとホームページの関連性を見ているので、検索ワードと関連した良質なページ数が多いほど、SEO効果を発揮しやすくなっているのです。

この2点のメリットは、どちらも良質という点があるので、お客さまでないと実現することが難しく、お客さまであれば、ユーザーのことを考えた新規ページ作成を行うことで、ホームページのSEO効果を大きく向上させることができるのです。

定期的にページの読み直しを行い低品質であればリライト

高いSEO効果を実現しているホームページで見ても、そこまでの頻度ではありませんが、たまにホームページの読み直しを行い、低品質なページのリライトを行っています。

Googleのヘルプフルコンテンツアップデート以降、低品質なページ数が多いホームページは、サイト全体の検索順位を下げられてしまいます。

ただ、制作実績のホームページの大半が、後からリライトをしなくて良いくらい、良質を意識した新規ページ作成を行っているので、月に1ページリライトするかどうかになっています。

それでも、お客さまが、ホームページを読み直す習慣を作り、定期的なリライトが必要だと認識することは重要で、より高い品質のホームページとするための重要なポイントであると言えます。

SNS運用計画を立てる

ホームページの集客をSEOに依存することはリスクがある対策です。

サーチエンジンは、定期的にコアアルゴリズムアップデートを開催しているので、ユーザーのためのホームページ運営を行っていたとしても、絶対に影響を受けないとは言い切れず、ある日突然、サーチエンジンからの訪問者数が激減してしまう可能性があります。

そこで、SEO以外の集客ルートとして、当社がおすすめするのがSNSになります。

SEOでは多くのページ作成を行っているので、大変な労力がかかりますが、SNSであれば短文での投稿でもユーザー目線であれば、多くの見込み顧客が集客できるのです。

さらに、SEOはユーザー行動も検索順位に影響を与えるので、SNSで拡散されることにより、ホームページに多くの訪問者を集客できる可能性があります。

このように、SNS運用は集客力の向上とSEO効果を最大化するためには必須の対策になり、ホームページの集客力を高めたい場合は、必ず運用していただくようにしています。

時間が余ったら被リンク元サイトを探す

昨今のSEOでは、高い効果は期待できませんが、時間が余った場合にお客さまにお願いしているのが、被リンク元サイトを探すことです。

ただし、低品質な被リンク元サイトは不要になるので、国が運営しているホームページを探していただくようにしています。

運営でSEO効果が出ているホームページのコンテンツ

タイムリーな話題

業界で噂になっている情報をライバルサイトよりもいち早くページとして公開することで、高いSEO効果を発揮することが可能です。

例えば、新作のiPhoneが発売された直後に、ライバルサイトよりも、実際に利用してみた感想をいち早く公開することで、ライバルサイトがいない状態になるので、当初は高いSEO効果を発揮します。

しかし、時間が経過すると、ライバルサイトもページを公開していくので、そこで大切になるのが、コンテンツの品質です。

昨今のサーチエンジンは、検索結果に対して良質なページを上位表示させているので、コンテンツの品質が高いほど、上位表示をキープすることが可能です。

さらに、競合他社がない状態で上位表示を実現しているということは、後発でページを公開しようとしている方が、御社が公開しているページを参考に新規ページ作成を行い、被リンクを獲得することが可能です。

これまでさまざまなホームページにタイムリーな話題で新規ページ作成を行っていただきましたが、その効果は、どのコンテンツよりも高いと言わざるを得ない結果になっています。

社長ブログ

社長ブログを運営しているホームページで高いSEO効果を出している事例が見られます。

社長ブログで行ってはならないのが、例えば、土・日のゴルフコンペや飲み会の日記を公開することではなく、ホームページのテーマ、つまりビジネスと関連した内容での公開が必要です。

例えば、社長ブログに飲み会の時の話を掲載するときには、自社のホームページがメインで上位表示を狙っているキーワードを絡めたテーマで新規ページ作成を行います。

SEOにおいては、サイト全体で1つのテーマについて書かれていなければ効果を出すことができないので、社長ブログと言えども、ビジネスとの関連性を徹底することが大切です。

業務日記ブログ

業務日記ブログとは、営業以外の業務内容を公開するブログです。

例えば、飲食店で言えば、料理を作っているシーンを日記で公開したり、製造業であれば加工シーンを公開することで、ビジネスとの関連性を保ちつつ、ユーザーに魅力を伝えることが可能です。

業務日記ブログは、単にSEO効果だけではなく、ユーザーから選ばれるお店とするためにも効果を発揮できるので、一押しのコンテンツとなっています。

営業日記ブログ

ホームページの訪問者が見ていて面白いと感じる営業日記を書けるのであれば、営業日記ブログがおすすめです。

当社がおすすめする企業は、出張によく行く会社になり、ホームページのテーマを意識しながら、出張の営業日記ブログを公開することで、高いSEO効果を発揮することが可能です。

また、出張日記も実は意外と多くの訪問者が見てくれているページになり、制作実績のJALの株主優待券を販売するネットショップでは、高いSEO効果を発揮して、多くの見込み顧客を集客しています。

メール無料相談

ホームページにメール無料相談フォームを用意して、そこでの顧客とのやり取りをコンテンツにすることで、高いSEO効果を発揮することが可能です。

もちろん、メールの内容をそのままコピー&ペーストして公開すると、顧客の社名が分かったり、ユーザーが見づらいページになるので、多少の手直しは必要です。

メール無料相談コンテンツは、制作実績のホームページでも利用しているのですが、効率的に新規ページ作成を行うことができるので、ウェブマスターの運営効率を高める効果があります。

新着情報

現在のサーチエンジンは、新着情報であったとしても、良質を意識したページであれば、ホームページのSEO効果を高めることが可能です。

ただし、各ページで、どのようなキーワードで検索をされたときに上位に表示されるページになるのかを考えて、そのキーワードで訪れたユーザーが満足できるページを作成しなくてはなりません。

当社の制作実績でも、2日に1ページのペースで1,000文字前後の新着情報を公開し続けた結果、狙ったキーワードで上位表示を実現できたのホームページもあるので、ユーザーに価値ある新着情報であれば、高いSEO効果を実現することが可能です。

SEOのためにホームページを運営する方が気を付けたいポイント

読みやすい文章を作成

ホームページの運営を行う際には、読みやすい文章作成に力を入れましょう。

読みやすい文章作成とは、表現はもちろん改行位置などにも意識を向けて、訪問者がスムーズに読める文章作成に力を入れなくてはなりません。

読みやすいと感じてもらう文章であれば、そのページの読解速度や理解力の向上に繋がる他、他のホームページよりも読みやすくなっていることで、リピート訪問を獲得できる可能性があります。

言葉選びの大切さ

SEOを行うのであれば、言葉選びが重要です。

例えば、SEOと同義の言葉で検索エンジン最適化という言葉があるのですが、該当ページのターゲットのレベルに応じた表現を活用することで、狙い通りのキーワードで検索順位を高めることが可能です。

サーチエンジンは、同義語を理解してくれてはいますが、完璧な状態ではないので、本文ではユーザーが検索する単語を利用することで、より高いSEO効果を得ることができるでしょう。

訪問者との対話を意識

SEOを行っているホームページは、テクニックに力を入れて文章作成を行ってしまいますが、大切なのは訪問者との対話です。

サーチエンジンは、検索ワードに対して読みやすく理解がしやすいページを上位に表示させる傾向があるので、訪問者が魅力的に感じる文章を作成することで、自然とSEO効果も発揮することが可能になります。

トップセールスの営業トークを参考にする

トップセールスの営業トークを参考にして文章を作成することで、高い成約率のホームページへと成長します。

トップセールスの営業トークは、訪問者だけではなく、サーチエンジンにも高く評価される可能性が高いので、ホームページのSEO効果をより高くできる可能性があるのです。

ホームページを運営すればSEO効果が出る理由

サイト全体の品質が向上

サーチエンジンは、品質の高いページの検索順位を高めています。

サーチエンジンは、検索結果ページを検索ワードに対して良質なページのランキングにしようと考えているので、当たり前の対応であると思います。

この品質が高いページを作成することは、該当ページだけの話ではなく、サイト全体のSEOにとっても重要です。

サーチエンジンは、ページ単体でのSEO評価の平均値をホームページの評価にも加えていて、ホームページの評価が高くなるほど、ページごとの検索順位も高まりやすくなります。

また、これまで多くのホームページにSEOサポートを行ってきた経験で言うと、トップページやカテゴリーページは、どんなにリライトを行っても、検索順位を高めることができないので、恐らくドメインパワーだけで検索順位が決定していると感じます。

そのため、ホームページ運営を継続して、良質なページ数を増やすほど、サイト全体の品質が高まっていき、SEO効果を発揮するのです。

検索ワードとホームページの関連性が高まる

上位表示したいキーワードに関する新規ページを作成することで、検索ワードとホームページの関連性が高まり、上位表示ができる可能性が高くなります。

サーチエンジンは、ページ単体以外にもサイト全体でも評価をしているので、関連ページ数が多いホームページの検索順位を高める傾向があります。

よくWeb制作会社がホームページ公開後に、ビジネスに関するページを作成してくださいと言うのは、関連性を高める目的になっています。

この関連性のSEO効果は高く、制作実績では、ライバルサイトよりも、多くの上位表示を狙っているキーワードに関するページを作成するだけで、上位表示を実現できています。

ただし、サーチエンジンは品質も見ているので、上位表示を狙うキーワードと関連しているページでも、低品質な場合はSEO効果が高まらないので注意が必要です。

ニッチなキーワードで集客ができるようになる

ホームページ運営を行い、ページ自体が上位表示されるようになれば、ニッチな検索ユーザーを集客することが可能です。

お客さまの中には、トップページさえSEO効果が出れば良いと考えるケースがありますが、トップページだけのSEOを行っているホームページでは、すぐに訪問者数が頭打ちになり、成果数を伸ばすことができません。

そのため、下層ページでも上位表示を狙うことにより、ニッチな検索ユーザーを集客することで、より多くの成果数を実現することが可能です。

更新頻度が高まる

サーチエンジンはホームページの更新頻度もSEOに影響を与えています。

ホームページ運営の中で、良質な新規ページ作成やリライトを行うことで、サーチエンジンからユーザーのために、よく更新しているホームページだと認識され、SEO効果が高まります。

ただし、更新頻度のSEO効果は高いものではなく、微増程度の効果になりますが、SEOでは後少しが上げづらくなっているので、運営を習慣化していた方が、検索順位を高めることが可能です。

被リンクを獲得できるチャンスが生まれる

ホームページの運営を継続することで、被リンクを獲得できるチャンスが生まれます。

例えば、新規ページ作成を行うことで、そのページの内容に興味・関心がある方が、自分が運営するホームページやSNSからリンクを行ってくれます。

また、すでに公開しているページのリライトを行い品質を高めることでも、被リンクが獲得できるチャンスが生まれます。

サーチエンジンは、低品質な被リンクを無効化させていて、かなり厳しい目で見られているので、良質な被リンクも無効化されている可能性が高いです。

すなわち、良質だと思われる多くの被リンク本数を獲得することが、現在の被リンクSEOと言っても良いでしょう。

ホームページの運営は、良質な被リンクを獲得するために効果的な手段になっており、サーチエンジンが意味があるリンクだと判断してくれれば、ホームページの検索順位が高まります。

まとめ

お客さまがSEOのために行うホームページ運営法を紹介しました。

現在のSEOで大切になるのは、ユーザー目線のホームページへと成長させることになり、すなわち良質な新規ページ作成だけでも上位表示を狙うことが可能になります。

これからホームページのSEOに取り組まれる方の参考になれば幸いです。