HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEOライティングとは?ホームページ制作前に覚えて成果向上

SEOライティングとは?ホームページ制作後までに覚えて検索順位アップ

ホームページ制作が終わって、これからブログ記事を書こうと考えているウェブマスターが、必ず目にするSEOライティング。

このSEOライティングとは何になるかを、原稿作成を行うときに、しっかりと把握していくことで、本当に検索エンジンに強いホームページへと成長していきます。

そこで今回は、ホームページ制作後にクライアントへ提案をしているSEOライティングについてご紹介をいたします。

SEOライティングとは

SEOライティングとは

SEOライティングとは、検索エンジンに最適化された原稿作成法になっています。

ホームページ制作が終わり、これからサイト運営を実施される方は、どうせ更新作業を行うなら、少しでも効果を出したほうが良いと考えられるのは、当たり前だと思います。

その時にSEOライティングを実施する必要があり、適切に理解をして実行することで、ホームページの検索順位は飛躍的に高まります。

ただし、このSEOライティングは、これまで制作してきたホームページを見る限りは、そこまで意識を向ける必要はないと思います。

と言うのも、原則、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなど、主要な検索エンジンは、タイトルに対して詳しい記事を公開するだけでも高い評価をしてくれます。

そのため、制作したホームページにおける文章作成法とほぼイコールと言っても過言ではないですが、それでもSEOライティングを知っていれば、効率的に作業が行えます。

では、実際にホームページ制作後にクライアントへ提案しているSEOライティングにおけるポイントをご紹介します。

当社は、社内にライターがいないため、ライティング代行などはしておらず、あくまでWebサイト制作会社の意見としてご覧ください。

ただ、このSEOライティング法を実施したホームページ制作実績企業の検索順位は高くなっています。

SEOライティングのポイント

SEOライティングのポイント

ホームページ制作後に、クライアントへ提案しているSEOライティングのポイントをご紹介します。

Webサイト制作会社にルール策定を依頼

弊社は、ホームページ制作後に、更新ルールを定めていて、そのルールに則っていただいている企業さまは、多くが検索順位が高い傾向があります。

個々でのルールは、管理画面次第にはなってきますが、簡単な内容が多く、例えばメタディスクリプションやメタキーワードは必ず記載など、何を行うかを明確にしています。

そんなルールがなくても、管理画面を見れば分かると思われるかもしれませんが、意外とメタディスクリプションなどを書き忘れるケースがあります。

そのため、しっかりとルールを定めさせていただき、更新業務に慣れていないうちは、管理画面へアクセス時には必ずチェックをいただいています。

タイトルタグとメタディスクリプション、見出しを先に作成

SEOライティングのポイントとしては、いきなり記事を書き始めるではなく、どんな記事を公開するかになるタイトルタグを先に考えましょう。

そして、タイトルタグの後、それぞれの見出しタグを作成しましょう。

そしてその後、メタディスクリプションを作成して、本文を記述すると、タイトルに対して詳しいウェブページにしやすいです。

また、その際には、必ずタイトルタグとメタディスクリプション、見出しタグに、上位表示を狙うキーワードを1度は利用していくと良いでしょう。

見出しタグについては、以下でもご紹介をしていますが、原稿作成に慣れてきたら、そこまで意識は不要です。

当社は以前までは、タイトルタグから、見出しや本文を、最後にメタディスククリプションを作成する流れを取っていました。

ただ、この行い方だと、タイトルに対して詳しいウェブページを作成しようとするあまり、関係がない情報まで公開していました。

そこで原稿作成法を変更したところ、検索順位が高いウェブページの確率が高まったので、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

慣れていないうちは各見出しに重要キーワード

お恥ずかしながら、当社はあまり原稿作成が得意ではなく、タイトルを定めて、見出しを決める際には、そのページで上位表示したいキーワードを必ず入れています。

これは、Hタグに上位表示キーワードを入れれば、検索順位が高まる効果があるという目的ではなく、内容がぶれない目的になっています。

実際に検索結果を見てみると、見出しタグに上位表示キーワードを利用していないホームページもあれば、しているホームページもあります。

そのため、検索順位を上げる効果はないと思いますが、原稿作成に慣れていない、ホームページ制作直後は、できる限りすべての見出しタグに重要キーワードを含めましょう。

SEOを考えすぎない

新規ページを作成を行う際には、SEOを考えすぎないようにしましょう。

SEOを気にしなくても検索順位が上がるかと言うと必ず上がります。

ここで大切になってくるのは、タイトルに対して詳しい文章作成になっています。

例えば、記事を書くときに、キーワード出現頻度を意識して、公開前に原稿を微調整してから公開されたとしても、実はこれまでの経験で言えば、効果はありません。

それよりも大切になるのが、タイトルに対して詳しい記事であり、さらには、タイトルと関係がない文章は書かないようにしなくてはなりません。

このタイトルに対して詳しく、情報に過不足さえなければ、必ず上位表示が可能になり、固執して考える必要はないのです。

また、さらには、稀にいらっしゃるのが、自分の文章の書き方が悪いと考えられるケースがあります。

例えば、文章の最後が常に、「と思う」など、断定になっていないと検索エンジンは評価してくれないのではないかと思われます。

決してそのようなことはありません。

検索エンジンがどう思うかよりも、ユーザーがどう思うかを気にしましょう。

内容すべてが「思う」になっていると、ユーザーは、「推測でしか書かれていない?」と思ってしまいます。

これは御社にとっては大きなデメリットであると思います。

そのため、そのような表現の問題ではなく、原稿を閲覧したユーザーがどう思うかを考えて、適切な対策を行いましょう。

そうすれば、自然と検索エンジンも認めてくれ、期待以上に検索順位が高まっていきます。

内部リンク設置はあとで良い

新規記事を作成している段階で、内部リンクを適切に設置できる自信がある場合は、新規記事公開時でも良いでしょう。

ただ、ホームページ制作実績企業の多くが、実は、内部リンクは、リライト作業として考えています。

ホームページ制作後のルール策定で、日に1ページの公開という提案をしていて、ホームページ制作直後であれば、順調に増やせますが、作業を1ヶ月も続けると嫌気がさしてきます。

その際に、今日は新規記事作成を辞めて、内部リンクを増やす日とすることで、SEO疲れを解消することが可能になっています。

また、さらには内部リンクを設置する効果については、最初と後のどちらで設置しても結果は変わりません。

ただ、内部リンクを設置するのを後で行うことで、実はフレッシュネスが高まりSEO効果を得れるのです。

もちろん、先に張ってしまって、本文のリライト作業も定期的に行うスケジューリングをされているケースでは不要です。

ただ、これまでホームページ制作後に、フレッシュネスの話をすると多くの企業が、リライトは嫌がり、そのリライト作業の一環として内部リンクを後に設置いただいています。

SEOライティングで制作したホームページの成果をアップ

SEOライティングで制作したホームページの成果をアップ

上記がSEOライティングになっていて、具体的な方法は存在していないように感じます。

もっとも大切になる作業としては、タイトルに対して詳しい内容を公開することです。

ただし、タイトルに対して詳しく仕様とすると、実は不要な情報を含めてしまうケースがあり、不要な情報は検索順位を下げる可能性があります。

そのため、できる限り詳しい内容で原稿を作成しつつ、関係がない情報を省くには、タイトルタグやメタディスクリプション、見出しを予め作成するようにしましょう。

これらを行うだけでも、実は関連性が非常に高くなっていき、該当ページはもちろんですが、トップページなども検索順位が上がりやすくなっています。

そして、上記を意識して、自社サイトを更新し続けていくと、実は原稿作成法がウェブマスターに身に付いていきます。

そして、身に着けたテクニックを使って、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、リンクトイン、グーグルビジネスプロフィールなど、ソーシャルメディアを更新しましょう。

ソーシャルメディアはSEOが関係がないですが、しかし、タイトルに対して詳しい原稿作成はホームページ以上に重要になっています。

また、さらには昨今、リスティングやユーチューブ広告へ出稿される企業も増えています。

その際に、適切にユーザーに情報を届ける能力が身についていると、非常に効果的な広告出稿が可能になっているのです。

このように実はSEOライティングを突き詰めていくと、その他の集客ルートも最適化され、さらにはタイトルに対して詳しいウェブページが多いと、成約率も非常に高くなります。

そのため、検索順位を上げれるだけではなく、実はホームページの成約率向上も見込め、しっかりとライティング技術を学ぶように意識しましょう。

SEOライティングは、単に上位表示させるテクニックを駆使する時代は、もう終わっています。

現在では、タイトルに対して関係する内容だけで、そして本当にユーザーに役立つ原稿を作成する方法になっています。

ぜひ、当ページをご覧の方は、本当に正しいSEOライティングを実施されて、原稿作成能力を高めてみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP