セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.16

グーグルが考える理想的なホームページのSEOとは

ホームページ制作を完了させた後のステップとして、SEOの取り組みが重要となります。しかし、制作と運用の流れの中で、何を基準に、どのような戦略や戦術を取るのかは非常に複雑な問題です。情報の洪水の中、明確な指針を持たずに更新を続けるのは、非効率的かつリスクが伴います。そこで、このページでは、グーグルが考える理想的なSEOのポイントをベースに、ホームページ制作後の効果的なSEOアプローチを解説します。最適な戦略の選択に役立ててください。

グーグルが考える理想的なSEOとは

グーグルが考える理想的なSEOとは、一体どのようなものなのでしょうか。検索エンジンの中でも、グーグルはその存在感と影響力で圧倒的な地位を維持しています。そのため、ホームページ制作を行う際、SEO対策を意識するのは、実際には「グーグル対策」と捉えるのが現実的です。

ヤフージャパンやマイクロソフトビングも検索エンジンとしての役割を果たしていますが、グーグルのアルゴリズムに合わせることで、他の検索エンジンにおけるランキングも大きく左右されます。この点を念頭に置いて、ホームページ制作後のSEOの取り組みは、グーグルを中心とした戦略が求められます。

では、グーグルが重視するSEOの要点は何でしょうか。先ず、質の高いコンテンツが前提となります。ただし、品質の基準は一定ではありません。それはグーグルのアルゴリズムが日々更新され、よりユーザーフレンドリーな検索結果を提供するための調整が続けられているからです。

従来の方法である、文字数やキーワード出現頻度に頼るのはもはや古いアプローチです。現在、内容の質や情報の正確性、ユーザーエクスペリエンスの向上が重視されています。そのため、ホームページ制作においても、ただ情報を掲載するだけではなく、どれだけユーザーに価値を提供できるかがキーとなります。

ホームページ制作の際には、ユーザーが求める情報を提供し、直感的に操作ができるデザインを考慮することが重要です。また、サイトの速度やモバイル対応も、SEOの観点からは欠かせない要素となっています。これらの基準に沿ったホームページ制作を進めることで、長期的なSEOの効果を享受することが可能となります。

グーグルの発言からSEO効果が高まる対策法

量より質

長年、SEOの世界では「多ければ多いほど良い」という考えが支配的でした。特に、新規ホームページ制作の際、文字数を増やすことがSEO対策の一つとして取り入れられてきました。しかし、グーグルの最新の動向や公式発言を鑑みると、この概念は大きく変わってきています。

確かに、多くの情報を提供することはユーザーにとって価値がある場合もあります。しかし、ページの内容がユーザーの検索意図やニーズを満たさなければ、それは単なる「量」であり、質の面で劣るものとなってしまいます。結果として、検索エンジンからの評価も低くなり、上位表示を目指すホームページ制作は難しくなってしまいます。

では、「質」とは何か。それは、ページの内容が対象キーワードに関連しているか、情報が正確で信頼性が高いか、そして最も大切なのは、ユーザーの問題や疑問を解決できる内容になっているか、といった点です。これらを満たすホームページ制作を心がけることで、検索エンジンからの評価も上がります。

この視点で、当サイトの上位表示ページを分析すると、必ずしも多い文字数が上位表示の要因ではないことが確認できます。むしろ、内容の質や検索意図への対応がきちんと行われていることが、高い評価を受ける要因となっています。

短い文章でも、そのページの目的や意図をしっかり伝え、ユーザーの求める情報を提供できるものであれば、それは高品質なコンテンツとして評価されるでしょう。ホームページ制作の際は、無理に文字数を増やすのではなく、ユーザー目線での質の高い原稿作成を心がけることが、現代のSEO対策での鉄則と言えるでしょう。

計画的にページ数の向上

SEO対策を成功させるためには、単にホームページを制作して終了というわけではありません。ホームページの持続的な成長と更新が、グーグルなどの検索エンジンに評価される要因となります。グーグルは以前から、アクティブに更新され、ページ数が増加しているホームページを好む傾向があると公言しています。この背景を理解すると、計画的なホームページ運営がSEOのキーであることが明らかです。

当然、毎日のページ更新や新規ページの追加は、運営者にとって大きな負担となり得ます。しかし、当社の経験上、公開後に毎日1ページの新規作成を目標にした企業は、3ヶ月以内に上位表示を実現するケースが増加しています。この事実は、グーグルの言葉だけでなく、実際の結果を通じても確認できるものです。

新規ページの追加とは別に、リライトに関しても効果的な対策方法として認識することが大切です。リライトだけでの上位表示効果は、新規ページ作成に比べて即座には現れにくいかもしれません。しかしながら、コンテンツの質を高めるための取り組みとして、リライトも欠かせない要素となります。

最終的に、ホームページ制作後の継続的な運営がSEOの成功につながります。計画的なスケジュールを立て、日常的なルーチンワークとして取り組むことで、ホームページの検索ランキングは確実に向上していくでしょう。ホームページの質を維持・向上させることは、ユーザーへの信頼を築くだけでなく、検索エンジンからの評価も高める鍵となります。

ページの削除ではなくリライト

ホームページ制作の過程で、時には内容が古くなったり、質の低いページに気づくことがあります。こういったページについて、何らかの対処が必要となる際、多くのオーナーが最初に考えるのは「ページの削除」でしょう。しかし、グーグルは以前から、「ページの削除」よりも「リライト」の方が効果的であるとの立場を示しています。

何故なら、ページを単純に削除することで、一時的に検索順位が落ちるリスクが考えられます。過去の例からも、多くの記事を削除した結果、検索順位が大きく落ちたケースが散見されるのです。これは、ホームページの信頼性や権威を測る指標が、突如として減少してしまうためと考えられます。

一方で、ページのリライトを選択することで、内容を現代のユーザーニーズやSEOの要求に合わせて更新することが可能です。これにより、ページの価値が向上し、検索エンジンからの評価も向上する可能性が高まります。

ただし、リライト作業は確かに労力を要するものです。全てのページを一度にリライトしようとすると、そのボリュームと工数に圧倒されるかもしれません。そこで、効果的なアプローチとして、自らのリソースとスケジュールに合わせて段階的にリライトを行うことをおすすめします。

ホームページ制作において、長期的な運営を見据えるならば、定期的なリライトは避けて通れない作業となるでしょう。グーグルの提言を元に、質の高いコンテンツ制作と更新を心掛け、検索エンジンとユーザー双方からの評価を高めていきましょう。

被リンクは良質であるべき

被リンクの取得は、SEOの一部として長い間重要視されてきました。その理由は、他のサイトからの被リンクが多いホームページは、情報の信頼性や価値が高いと判断されるからです。しかし、時代とともに検索エンジンのアルゴリズムは進化し、被リンクだけでなく、多くの要因がページの評価に影響を与えるようになりました。

確かに、現代のSEO環境においては、被リンクがまったくなくても上位表示を果たすケースが増えています。しかし、質の高い被リンクは、依然としてSEO効果の向上に貢献しています。

特に、公的機関や信頼性の高いサイト、例えば国が制作したホームページからのリンクは、非常に価値が高いとされています。これは、そのような機関からのリンクが、内容の正確さや信頼性を示唆するからです。

しかし、被リンクの取得だけを目的とするのではなく、ホームページ制作の際には内容の質を最優先に考えるべきです。質の高い記事やコンテンツは、自然と他のサイトからリンクされる可能性が高まります。このナチュラルリンクは、SEOの観点からも非常に価値があると言われています。

一方、リンクを取得するための努力や時間を過度にかけるよりも、内容のブラッシュアップに注力すべきとの考えもあります。それは、ユーザーが求めている情報やサービスを提供することが、最終的にはホームページの評価を高める最も確実な方法だからです。

結論として、被リンクの取得は一つの手段に過ぎません。真の目的は、ユーザーに価値を提供するホームページ制作にあります。その過程で、質の高い被リンクを獲得できれば、それはさらなる加点要素となるでしょう。

まとめ

グーグルの理想的なSEOに関する考え方は、非常に直感的であります。ユーザー目線が中心となるこの考え方は、ホームページ制作においても極めて重要です。

特別な技巧や複雑な戦略よりも、ユーザーが求める情報を提供することが最も評価される要因となります。これは、検索エンジンが最終的に求める目的が「ユーザーのための最適な情報を提供すること」にあるからです。

新たにSEO対策を考える企業や個人は、ユーザーのニーズを第一に考え、質の高い原稿作成に努めるべきです。また、効率的なホームページ制作やSEO施策を実施するためには、専門の制作会社やSEO業者との協力が不可欠です。しかしながら、彼らのサポートは「効率化」を目的とし、最終的な成功要因はコンテンツの質とその量に依存します。

私たちがSEOに携わってきた長い年月で学んだことは、未知の要素や変動が常に存在するということです。しかし、グーグルが強調しているポイント、すなわち「ユーザー目線」は変わることがありません。このポイントを中心に、ホームページ制作とSEO対策を進めることで、堅実に検索エンジンからの評価を獲得できるでしょう。