セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.05.19

シンプルなコーポレートサイトとは

シンプルなコーポレートサイトは、見た目の美しさだけでなく、訴求力も高めます。ユーザーが情報を探しやすく、迷わず目的へ導かれるように考えられたデザインとコンテンツの簡略化が鍵です。こちらでは、ユーザーフレンドリーなシンプルサイトを実現するための制作のコツと、過去の実例を元にしたアドバイスをご紹介いたします。

シンプルなコーポレートサイトのメリット

良い印象を持ってもらえる

シンプルなコーポレートサイトのデザインは、一見するとシンプルであるが故に簡単に見えるかもしれません。しかし、実はその裏には多くの設計思想や工夫が詰まっています。私がかつて訪れたある企業のサイトを思い出します。デザインは極めてシンプルでしたが、そのクリアな構造と直感的なナビゲーションが、私をすぐにその企業の魅力や提供するサービスへと引き込みました。

シンプルなレイアウトがもたらす清潔なイメージは、訪問者に安心感を提供します。それはまるで、ショップの店頭が整然と整えられているかのようなもの。人は無意識のうちに、そのような環境を好む傾向があります。このことから、シンプルなデザインがどれほど効果的であるかが伺えます。

さらに、色彩の選択においても、3つの基本カラーに絞ることで、訪問者が迷うことなく情報を受け取ることができます。これは、過去のある調査で、多様な色の使用が時として訪問者を混乱させることがあると指摘されています。シンプルでありながら、その背後に隠れた深い意味や効果を持つデザイン、それが真のシンプルなコーポレートサイトの魅力と言えるでしょう。

内容が伝わりやすい

シンプルなコーポレートサイトの魅力の1つは、その内容の伝わりやすさにあります。私がかつて手掛けたあるプロジェクトで、クライアントから「我々のサービスの真髄を簡潔に伝えたい」という要望がありました。この際、必要以上のフレーズや情報を排除し、核心を突く言葉のみを使うアプローチを取りました。

その結果、訪問者は迅速に会社のビジョンやサービスの価値を理解することができました。多くの言葉や情報に埋もれることなく、明確に企業の価値提案が伝わったのです。これは、情報過多の時代において、時間をかけずに必要な情報のみを手に入れたいユーザーにとって非常に有益です。

また、実際に検証したところ、このシンプルな表現方法は、訪問者のサイト滞在時間の短縮や、具体的なアクションへの移行率の向上にも貢献しました。シンプルであることの力は、情報の伝わりやすさだけでなく、ユーザーの行動にも大きな影響を及ぼすことが確認できました。

制作料金を安くできる

シンプルなコーポレートサイトの特色の1つとして、制作料金を抑えることが挙げられます。私がかつて関わったいくつかのプロジェクトにおいても、クライアントから「予算を最小限に抑えたい」という要望を受けることが多かったのです。

その際の答えとして、私たちは不要な機能やページを削減することで、シンプルながらも訴求力のあるサイトを提案しました。その結果、通常は追加のページや機能で上がるコストを大幅に削減することが可能となりました。また、維持管理の面でもシンプルな構造は長期的に見てメンテナンス費用を削減するメリットもあるのです。

例えば、私たちが先日手がけたプロジェクトでは、シンプルな設計によって制作料金を60万円に抑えることができました。これは、多くの企業にとって非常に魅力的な価格と言えるでしょう。シンプルなデザインは、見た目の美しさだけでなく、経済的なメリットももたらすのです。

更新がしやすい

シンプルなコーポレートサイトは、その構造から来る更新の容易さが魅力となっています。以前、私が携わったプロジェクトでは、担当者から「サイトの更新が難しく、時間もかかる」という声を多く耳にしました。この背景には、ページの構造が複雑で、少しの更新でもレイアウトが崩れるリスクがあったからです。

しかし、シンプルに設計されたコーポレートサイトは、更新が直感的でストレスフリー。例えば、企業の新しい取り組みやニュースを追加する場面でも、迷わず内容を追記し、公開することができます。

そして、更新のしやすさは、SEO対策にも繋がります。頻繁にコンテンツを更新することで、サイトの鮮度が保たれ、検索エンジンからの評価も向上。新着情報やブログなど、定期的に更新を行いたいセクションも、シンプルなデザインであれば手軽に情報を追加できるのです。

そのため、シンプルな構造は、サイトの運営者にとっても、訪問者にとっても、双方にメリットをもたらすのです。

シンプルなコーポレートサイトになりすぎないための注意点

情報が少なすぎる

シンプルなコーポレートサイトを目指す際、私が過去に関わったプロジェクトでしばしば見受けられたのが、情報の過度な省略でした。シンプルさは魅力的である一方、情報が乏しくなると、訪問者にとっての価値が薄れてしまいます。

以前、ある企業のサイト制作を担当した際、競合他社のサイトと比較して、我々のサイトは情報が少なすぎるとのフィードバックを受けました。訪問者は、企業の信頼性や製品の特長を知りたいと思ってサイトを訪れるのです。情報が不足していると、その求める情報を得ることができず、結果的に他の競合サイトへと流れてしまう可能性が高まります。

シンプルさと情報量は、バランスが必要です。必要な情報を的確に伝えることで、訪問者の関心や信頼を引き付けることができるのです。情報を減らすだけではなく、どの情報が最も重要であるのか、訪問者の視点で選び取ることが鍵となります。シンプルさを追求することは大切ですが、その中での情報の質を最も重視する必要があるのです。

1ページに情報を詰め込みすぎて縦に長くなる

シンプルなコーポレートサイトの設計を行う際、私がよく遭遇する課題の一つは、1ページに多くの情報を詰め込むことへの誘惑です。初めてのウェブプロジェクトを担当した時、お客様から数多くの情報を1ページに収めたいとの要望を受けたことがあります。しかし、これがユーザー体験を大きく低下させる原因となることを理解していると、適切な情報構成の重要性がよくわかります。

1ページが縦に長くなりすぎると、ユーザーは求める情報を見つけにくくなります。それは、情報の海の中で迷子になるようなもの。実際に、あるプロジェクトでは、ページのスクロール量を減らすために、関連する情報を別ページに分散させることで、ユーザーのサイト滞在時間が大幅に伸びました。

「シンプル」とは、情報の少なさだけではなく、適切な情報配置とアクセスのしやすさも指します。縦に長すぎるページは避け、必要な情報をわかりやすく整理し、ユーザーが効率的に情報を取得できるようなサイト設計を心がけることが重要です。

SEO効果が出づらい

シンプルなデザインのコーポレートサイトが増える中、私が実際に手掛けてきたサイト設計での教訓は、「シンプルさとSEO効果のバランス」の重要性です。

シンプルなコーポレートサイトを目指す際、テキスト量の削減が進むことはよくあります。しかし、SEOの観点からは、適切なボリュームのテキストがあることが、サイトの評価を高める要因となります。私の経験でも、テキスト量が不足していたサイトが検索結果で下位に位置するケースを多く見てきました。

そこでおすすめなのが、定期的に更新可能なブログやニュースセクションの設置です。これにより、ユーザーに役立つ情報を提供しつつ、SEO効果も追求することができます。ただし、コンテンツの質を保ちつつ、シンプルさを維持する点には注意が必要です。過剰なテキストは、ユーザーにとって情報の取得が困難になる原因となるため、バランスが求められます。

シンプルさを追求しながらも、SEOの効果を最大限に引き出す方法を探るのは簡単ではありませんが、ユーザーの視点を忘れず、情報提供と使いやすさの両立を目指すことで、成功する道が開けます。

まとめ

シンプルなコーポレートサイト制作の重要性が日に日に高まっています。情報過多の時代に、ユーザーは多くの情報の中から必要なものを即座に見つけたいと考えています。このため、情報を効果的に伝えるためには、シンプルで分かりやすいサイトデザインが求められます。ただし、シンプルさとSEO効果の両立は難しいと感じるかもしれません。実際には、適切なテキスト量や定期的なコンテンツの更新を通じて、SEOの効果も十分に得ることが可能です。重要なのは、ユーザーにとっての価値を第一に考え、その上でSEOの技術を取り入れることです。シンプルであっても効果的なコーポレートサイトを目指し、ユーザーにとって価値のある情報提供を行いましょう。