HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ソーシャルメディアを始めよう!ホームページ制作中からファンを獲得

ホームページを制作したらソーシャルメディアを開始!

ホームページ制作後に、ソーシャルメディアを始めるのは非常に大切です。

当社のホームページ制作はSEOを押してはいるのですが、しかし、SEO作業に余裕があれば、ソーシャルメディアを運用いただいています。

その理由は、ソーシャルメディア運用はノウハウの比重が非常に高く、実はそれほど運用時間がかからないメリットがあるためです。

ソーシャルメディアとは

ソーシャルメディアとは、ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、ライン、ミクシーなどの総称を言います。

ソーシャルメディアを始めるというのは、上記のツイッターやフェイスブックの中からどれかを開始することを言い、すべてを行うことをいう訳ではありません。

このソーシャルメディアは昨今においては、非常に重要になっていて、成功すれば、SEOと変わらないくらいの見込み顧客が集客可能です。

昨今のホームページ制作後の集客提案では、まだまだSEOで勝負をされる企業さまも多くあります。

それはSEOがサイト運営努力量でどうにかなるという点が多いからではないかと思います。

しかし最近の若者は、あまりグーグルを利用しないケースも増えているようです。

では、何で検索を行うかと言うと、インスタグラムやティックトック、ツイッターなどのソーシャルメディアになっています。

実際にこれらは、さまざまなメディアで言われており、グーグルはSEOをしているウェブマスターが多いので、グーグル以外で調べ物をしているユーザーが増えているようです。

ただ、当社のこれまでのホームページ制作経験では、グーグルを無視することは絶対にできません。

クライアントさまによっては、ほとんどがSEO効果で見込み顧客を集め、そして高い成果を出している会社もいらっしゃいます。

そのため、プラスアルファとしてのソーシャルメディア活用が非常に重要になるのです。

そうすることで、SEOで効果を出してソーシャルメディアでも効果を出せれば、2倍の訪問者数を獲得することが可能になります。

実際に昨今のソーシャルメディアからの訪問者数はかなり多いので、SEOだけを行うよりもソーシャルメディアも活用したほうが良い効果を得れます。

SEOとの併用が非常に効果的で効率的

このソーシャルメディアの活用法は、当社推奨は、SEOとの併用です。

ホームページ制作実績であるアンジュモさまのように、ソーシャルメディアだけを運営されて成果を出している会社もあります。

ただ、実際にこれまでの経験では、SEOと併用することで、一気にその効果が高まると考えております。

どういう利用法かをご紹介します。

SEOを行う場合は、一般的には当スタッフブログのように、自分で自由に原稿が書けるページを作成します。

そしてこれらを更新し続けることで、トップページで上位表示を狙っているキーワードに対して詳しいホームページになってきます。

これらの作成した記事ページを利用することで、本当に高い効果を得れるのです。

実際に当社では、検出 - インデックス未登録の改善法というページを作成してツイッターで拡散しております。

具体的にどうやったかと言うと、まずは投稿の1ヶ月前からツイッター運用を開始いたしました。

その時にフォローバック待ちのように大量にフォローは行っておらず、基本的にはフォロワーもフォロー数も0でした。

その状態で、ユーザーがツイッター上で気になるポイントを探すために、ツイッター検索を行いました。

1つや2つではなく、数は数えていませんが、100は超えていたと思います。

検索するだけになるので、そんなに大変な労力も時間もかかりませんでした。

そして、投稿者数が多いキーワードや、アカウント自体にそれほど力がないのにいいね!が大量についている投稿をひたすら探しました。

そこで見つけたのが検出 - インデックス未登録です。

このキーワードが見つかったので、まずは初めに行ったことは、検出 - インデックス未登録の改善法を記事化いたしました。

記事が完成して、まず初めに行ったのが、自分でツイッター上に検出 - インデックス未登録の改善法についてブログでご紹介しますと投稿を行いました。

その結果、実は、その投稿を行った週は1日に80人以上を検出 - インデックス未登録で集客ができたのです。

もちろん、お問い合わせで、検出 - インデックス未登録が多くて困っているというご相談も何件もお受けいたしました。

また、さらに当社にとってはうれしい被リンクも、数十本獲得できており、現在では検出 - インデックス未登録やクロール済み - インデックス未登録はずっと1位表示されています。

このようにソーシャルメディアを利用することで、新たな見込み顧客が集客できるほかさらなるSEO効果を得ることが可能になります。

それが当社が考えるホームページ制作後にソーシャルメディアを運用したほうが効果を出せるという点になっています。

ただし、サイト運営時間がほとんど取れないのにSEOもソーシャルメディアも行うのはあまりおすすめしません。

どちらも中途半端で結果が出ない可能性があるため、もし時間的に余裕がない場合はSEOだけに絞り込みましょう。

ソーシャルメディアをホームページ制作中に開設しよう

上記を見てもしソーシャルメディア開設をご検討であれば、ホームぺージ制作中に開設をしてしまいましょう。

その理由は、ホームページ制作が完了していなかったとしても、できる作業が多くあるためです。

例えばソーシャルメディア開設当初は御社が投稿をしても見てもらえる可能性は非常に低いです。

その理由はフォロワー数になっていて、ホームページ制作後であったとしても、まずはフォロワー数を増やす対策から始まります。

この対策は昔にあったような自分からフォローを行ってフォローバックを待つ対策はいけません。

基本的には御社の業種や業態にあった内容で投稿をし続け、最初のころは、検索ユーザーに投稿を見てもらうことに注力しましょう。

そしてこれらを行っていけば、御社の投稿内容のノウハウレベルが高ければですが、着実にフォロワーを増やすことが可能です。

そしてもし低かったとしても、ホームページ制作期間は3ヶ月あります。

この期間の間にノウハウを理解して身に着けて、フォロワーが増えるための対策法を明確にしましょう。

そしてホームページ制作が完了すれば、毎回はうざいので辞めたほうが良いですが、定期的に自社サイトへのリンクを掲載します。

そうすると御社の投稿はフォロワーに表示される点、そしてこれまで積み上げてきたノウハウの高さから、リンクをクリックしてくれる可能性が高まるのです。

もちろんここでは、成約をしてくれると、拡散してくれる、被リンクをしてくれるの3つのカテゴライズが存在しています。

それぞれに対して最適化をする手法をトライ&エラーを繰り返しながら、調整するとよりソーシャルメディア運用効率が高まります。

ここでSEOと併用であればスタッフブログなどのノウハウ系記事を書いていると、ソーシャルメディアでの拡散率が高まります。

そして成果を得れないとしても、被リンクが獲得できるので、御社のホームページ全体のSEO効果が高まるのです。

昨今の集客では、ソーシャルメディアは必須になりつつあります。

もし集客でお困りでしたら、ぜひソーシャルメディア運用を検討してみてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP