セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.13

ユーザー目線を意識したWebデザインのポイント

ホームページの制作に際して、ユーザー中心のデザインが不可欠です。UI(User Interface)の洗練だけでなく、実際の使用者が体験するUX(User Experience)の質も考慮しなければなりません。ハイクオリティなUIとUXは、訪問者を顧客に変えるコンバージョン率を向上させる可能性が高まります。

WEB制作のプロフェッショナルとして、ディレクターやデザイナー、コーダー、エンジニアは、制作の各段階でユーザーの視点を持つことが極めて重要です。本記事では、このユーザー目線でのホームページ制作における主要なデザインのポイントを3つ詳しく解説します。

ユーザー目線のWebデザインのポイント

ユーザーニーズを意識する

ホームページ制作の際、そのデザインがターゲットとするユーザーにとっての魅力を最大限に引き出すことは、非常に重要です。ユーザー目線のデザインとは、訪問者のニーズや欲求を正確に理解し、それに合わせて最適なデザインを提供することを指します。

ユーザーがホームページに訪れるとき、彼らは特定のニーズや目的を持っています。それは製品の購入、情報の収集、サービスの予約など、さまざまです。ホームページ制作時に、これらのニーズをしっかりと把握し、それに対応したデザインを展開することが求められます。

例を挙げると、エコロジーを意識したサービスや製品を提供している場合、その価値観を共有するユーザーを惹きつけるデザインが不可欠です。金や銀のような派手な色合いや素材を使ったデザインは、このようなユーザーの期待とは異なるため、彼らの混乱を招く可能性があります。

逆に、ラグジュアリーな商品やサービスを提供している場合、高級感や特別感を感じさせるデザインが求められます。ユーザーの期待に応えるためには、そのニーズに合わせて色やフォント、レイアウトを選定することが重要となります。

ホームページ制作において、ユーザーニーズの理解とそれに基づくデザインの最適化は欠かせないステップです。最終的に、訪問者が求める情報や体験を効果的に提供することで、ユーザーエンゲージメントの向上やコンバージョン率の増加を実現することができるでしょう。

訴求ポイントの優先順位を立てる

ホームページ制作において、ユーザー目線のデザインが欠かせません。特に、ユーザーが最初に目を向けるメインビジュアルは、訴求の核心を的確に伝える場所です。一般的に、企業や事業者はこの部分で多くの情報や訴求ポイントを盛り込みたいと考えることが多いですが、それは正解ではありません。

ある種のアイロニーとも言えることですが、情報の過剰な詰め込みは逆効果になり得ます。訴求ポイントが多すぎると、ユーザーの視線は一定の焦点を持たず、各要点が弱まってしまいます。さらに、情報の過多は、ユーザーにとって圧迫感を生み出し、サイトからの離脱を促してしまう危険性も持ち合わせています。

そこで、制作段階での最重要なステップとして、訴求ポイントの優先順位付けが求められます。どの情報が最も伝えたいものなのか、どの情報が次に大切なのかを明確にし、それに基づいて情報を整理、配置することが肝心です。また、メインビジュアルは、そのページやホームページ全体のテーマやコンセプトを一瞬で伝える役割も持っています。そのため、シンプルかつ明確なメッセージを持つビジュアルが求められます。

ホームページ制作の際、このようなユーザー目線のデザイン原則を守ることで、ユーザーにとって価値ある情報を効果的に伝え、その結果、高いコンバージョンを期待することができるのです。

必要最低限のバナー数

ホームページ制作において、デザインの一部としてしばしば利用される「バナー」。それは、ユーザーの注意を引き付け、特定のアクションを促すための強力なツールとなることが多いです。しかし、バナーの利用には注意が必要です。特に、その数に関しては慎重な判断が求められます。

ユーザーがホームページを訪れた際、最初に目を向けるエリアは、通常、メインビジュアルとそれに隣接する部分です。このエリアに多くのバナーを配置すると、どれが主要な情報なのか、どのバナーをクリックすべきなのかが一目瞭然とならず、ユーザーの混乱を招きかねません。

研究によれば、ユーザーが注意を払うバナーの数は、実際には2~4つが限界であると言われています。そのため、メインビジュアル下やその近くに配置されるバナーは、必要最低限の数に抑えることが求められます。多くの情報やプロモーションを伝えたいという企業の意向も理解できますが、最終的にはユーザーが求めている情報や興味を引くコンテンツを選択して配置することが最も効果的です。

ホームページ制作の際は、バナーの内容や配置に関する方針を明確にし、ユーザー目線での最適な情報提供を目指しましょう。情報の過多は、ユーザーの興味や注意を散らすだけでなく、コンバージョン率の低下にも繋がりかねません。必要な情報だけを選別し、伝えるべきポイントを的確に配置することで、ユーザーエクスペリエンスの向上と、高いコンバージョンを実現できるでしょう。

お問い合わせフォームのデザインを意識

ホームページ制作の過程で、ユーザーのエンゲージメントを高めるための最後の一歩となるのが、お問い合わせフォームです。このフォームが複雑であったり、使いにくいデザインであれば、ユーザーはすぐにページを離れてしまいます。反対に、明確で簡潔なデザインのフォームは、ユーザーの信頼を勝ち取り、コンバージョン率を向上させる要因となります。

ホームページの制作において、お問い合わせフォームのデザインは極めて重要です。というのも、これがユーザーと企業の直接的なコミュニケーション手段となるからです。使いやすさはもちろん、信頼感や安心感をユーザーに与えるデザインが求められます。

フォームの必須項目と任意項目は、色やアイコンで明瞭に区別し、ユーザーが迷わないようにしましょう。また、選択項目が多い場所では、プルダウンメニューの代わりに入力式を推奨することで、ユーザーの入力の手間を減らします。

さらに、ユーザーがフォームを完成させる過程での進捗を視覚的に示すデザインは、彼らの動機づけを保つ役割を果たします。ステップが多い場合や入力項目が多い場合、ページを分割することで、ユーザーにオーバーホエルム感を与えないように心がけることが重要です。

例文の提供や、入力の自動補正機能の導入は、ユーザーの使いやすさを一層向上させる要素です。これにより、ユーザーは迷うことなくスムーズに情報を入力できます。

最後に、ホームページ制作時にお問い合わせフォームのデザインを意識することで、ユーザーからの信頼を得るだけでなく、より多くのお問い合わせやアクションを促進することができるでしょう。

まとめ

ホームページ制作は、単に情報を掲載するだけの場所ではありません。それはビジネスやブランドの顔として、またユーザーとのコミュニケーションの場として機能します。そのため、制作する際の最大の焦点は、ユーザー目線での最適化です。

実際、情報の過多はユーザーにとって大きなストレスとなります。彼らは特定の情報やサービスを求めてホームページを訪れますが、情報が溢れるページには迷いやすく、結果的に目的の情報にたどり着けないことが多いです。このような状況は、ユーザーがページから離脱する大きな原因となります。

ホームページ制作の際には、情報の優先順位を明確にし、重要なものから順に目立たせるようにデザインすることが必要です。このようなアプローチにより、ユーザーは効果的に情報を取得できるようになります。

さらに、ユーザーが具体的なアクションを取る部分、例えばお問い合わせフォームなどは、特に注意深くデザインすべきです。これらの部分は、ユーザーとのコミュニケーションの最終段階となるため、彼らの行動を妨げる要素があれば、全ての努力が水の泡となってしまう恐れがあります。そのため、使いやすさを追求し、ユーザーのストレスやハードルを極力取り除くことが求められます。

総じて、ホームページ制作の際にはユーザー目線の最適化を心がけることで、訪問者の満足度を高め、ビジネスの成果につなげることができるでしょう。