セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.15

Webデザインの方向性の定め方

ホームページ制作で、多くの方が気になるのが、Webデザインだと思います。

Webデザインは、ホームページ制作会社が作成するのですが、お客さまとの打ち合わせで方向性を定めながら、ターゲットユーザーに魅力的なWebデザインを作成することが重要です。

当ページでは、ホームページ制作時に行うWebデザインの方向性の定め方について紹介します。

Webデザインの方向性の定め方

ペルソナを設計する

Webデザインの方向性を定める際に、ペルソナを設計することが大切です。

ペルソナとは、20代・男性・メーカー勤務・営業職などのように、具体的なユーザー属性を定めることを言い、一般的なホームページの見込み顧客を定めることで、その方に向けたWebデザインを作成することができるので、効果を発揮する可能性が高まります。

ペルソナ設計は、自社で設定してから、ホームページ制作会社に意図を伝えたうえで、改善してもらうことによって、より高品質なホームページへと成長します。

競合サイトの確認

Webデザインの方向性を定める際に、競合サイトの確認を行いましょう。

競合サイトのWebデザインの確認では、それぞれの競合が、どのような特徴の会社になっているのかを考えて、どんなポイントが特徴を活かしたWebデザインになっているかまで考えると良いでしょう。

ホームページ制作会社は、インターネットの情報収集は可能ですが、競合他社の情報はほとんど持っていないので、お客さまが具体的な特徴とお客さまが考えるWebデザインの活かし方を伝えることで、より高品質なWebデザインとなります。

希望のデザインを伝える

Webデザインの方向性を定めるためには、ウェブマスターやお客さまの会社としての希望のWebデザインを伝えることも大切です。

Webデザインはユーザーのために作成することが一般的ですが、ウェブマスターが気に入らないWebデザインになってしまうと、ホームページの運営頻度の低下に繋がり、昨今のホームページの成果は、運営頻度が重要になるので、成果を出せる可能性が下がります。

ホームページ制作会社に、希望のWebデザインを伝える際には、抽象的であるほど、誤解されてしまう恐れがあるので、少しでも具体的な希望を伝えるようにしなくてはなりません。

読みやすさを考える

Webデザインは、ぱっと見の良し悪しではなく、文章の読みやすさが大切です。

読みやすいWebデザインとは、強調したいフレーズやコンテンツがデザインで強調されていたり、余白をうまく活用することが大切になり、ユーザーが読みやすいと感じるWebデザインを作成することで、自然と成果を高めることが可能です。

Webデザインの方向性を定める際には重視してはいけない

Webデザイン重視のホームページでは成果を出すことができず、大切になるのはユーザー目線の追求です。

そのため、ホームページ制作会社からWebデザインを提案された場合は、ぱっと見の良し悪しで判断するのではなく、訪問者が利用しやすく魅力的なWebデザインかを検討しましょう。

Webデザインを重視したホームページでは集客力を発揮できませんし、またWebデザイン性は高いけれども、読みづらいと感じられては成約率も高くならないので、Webデザインの方向性は訪問者目線に定めることが大切です。

まとめ

Webデザインの方向性の定め方を紹介しました。

ホームページ制作会社はWebデザインを検討する際には、何もない状態だと、インターネットを使ってライバルサイトの確認をして、お客さまの成果を実現できるWebデザインを提案します。

ただ、あくまでホームページ制作会社の考えだけになっているので、具体的にその業界にいるお客さまの意見を反映させることが大切になります。

これからホームページを制作する方の参考になれば幸いです。