セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.08.26

RGBとCMYKの違い!ウェブデザイン作成時の注意点

ウェブデザインの世界では、色がブランドの顔とも言えます。デジタルと印刷、この二つの世界はRGBとCMYKという色の表現方法で分かれています。これを知らずに進めるデザインは、ユーザーや顧客に混乱をもたらすことがあるのです。思い描いたホームページの色が、紙媒体でまるで別の色に変わることも。そのため、RGBとCMYKの違いや特性をしっかりと掴むことは、デザイナーにとって必須の知識となります。当ページで、それらの詳細と注意点をお伝えします。

パンフレットとホームページで色が違う

ホームページ制作時、クライアントから提供される既存のデザイン素材を使用することはよくある話。企業パンフレットや広告、ロゴなど、これらの素材がウェブ上で色が異なってしまう経験をしたことはありませんか?実は、私も初めてこの現象に直面したときは驚きました。明らかにパンフレットの色とホームページの色が違っていました。原因は、RGBとCMYKという色の表現方式の違いにありました。

デジタルディスプレイは、RGBカラーモデルを採用。このモデルは光の三原色、赤、緑、青を組み合わせて色を作り出します。特徴的なのは、色を混ぜれば混ぜるほど白くなる、加法的な混色方式です。一方、紙媒体の印刷はCMYKカラーモデルを採用。シアン、マゼンタ、イエロー、そして黒をベースとして色を表現します。こちらは、色を混ぜれば混ぜるほど黒くなる減法的な混色方式です。

さて、"K"が黒を意味する理由は面白い歴史が隠されています。Key Plateという言葉が由来で、これは印刷に使われるプレートの中で最も詳細な情報を持つものを指します。そして、このプレートでは黒が主に使われるため、"K"が黒色の象徴となったのです。

ウェブデザインの現場では、紙媒体とデジタルでの色の違いを理解し、それを適切に変換する能力が求められます。ユーザーにとって最良の体験を提供するため、そしてブランドイメージを守るためにも、色の調整は欠かせないスキルとなっています。私のように初めての制作で戸惑うことなく、確かな知識を持って取り組めるよう心掛けています。

WebデザインではRGBだがモニターで色が変わる

Webデザインを手がけている時、あることに気がつきます。スクリーン上で美しいブルーや鮮やかなレッドを再現したはずなのに、別のデバイスやブラウザで見ると、なぜか色味が変わってしまっている。これは、私たちが使用するRGBカラーモデルの特性と、デバイスの環境変数によるものです。

RGBカラーモデルはデジタルディスプレイのためのもの。それはスクリーンが光を放つ特性から、最適な色の再現をするための方法です。しかし、モニターやブラウザの違い、さらにはOSの影響で、同じRGB値でも色が変わってしまうことがあります。私も昔、客先で提案したデザインが彼らのPCでは全く異なる色に見えてしまい、大きな混乱を招いたことがあります。

では、どうすればこの問題を解決できるのでしょうか。実は、カラープロファイルというものを利用することで、色の再現性を高めることができます。カラープロファイルは、色の特性を正確に記録するデータのこと。これを埋め込むことで、異なる環境でも同じ色を再現しようとするのです。

私がよく使うPhotoshopでは、画像を保存する際にこのカラープロファイルを簡単に埋め込むことができます。これを活用することで、ユーザーの目には元々のデザイン通りの色が届きます。

Webデザインの世界での最大の醍醐味は、その作品が無数のデバイスやブラウザで見られること。しかし、そのたびに色が変わってしまうのは、デザイナーとしてもユーザーとしても望むところではありません。だからこそ、カラープロファイルのようなツールを駆使して、品質の高いWeb体験を提供することが私たちの使命です。

まとめ

ウェブデザインにおける色の正確さは、ユーザー体験やブランドイメージの形成に大きく影響します。ホームページの制作にあたっては、色の選択がどう表示されるかを事前に把握するのは難しいものです。それは、Web上での表示や印刷、さまざまなデバイスによって色の見え方が変わるため。ユーザーの目には、意図した通りの色でデザインが届くよう、カラープロファイルの利用や複数のデバイスでの確認作業が必要です。

色の選択や表示の差異は、ブラウザやOSの違いからも起こり得ます。しかし、適切な方法を採用することで、この問題は克服できます。最も大切なのは、制作する際にユーザー目線を持つこと。色を選定し、確認するときも、いつもユーザーの視点でデザインを眺めて、最良の体験を提供するよう心掛けましょう。