セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.09.01

ホームページリニューアル前に必要な情報を集める

ホームページのリニューアルは、ビジネスの成長と共に行う必要があります。その際、制作会社とのスムーズなコミュニケーションが求められます。そのためには、顧客があらかじめ用意しておくべき情報があります。この情報が揃っていることで、制作会社はより具体的で効果的な提案を行うことができます。ホームページのリニューアルを考えているあなたに、最適な結果を得るための情報の準備方法をこのページで詳しく解説します。成功への第一歩を、正しい情報の提供から始めましょう。

ホームページリニューアルの目的

ホームページリニューアルを進めるにあたり、その背後にある目的の明確化は非常に重要です。一般的に、ホームページ制作やリニューアルの際、その目的が不明確であれば、最終的な成果が期待するものと異なるリスクが増大します。

リニューアルの主要な目的としては、ユーザー体験の向上、コンバージョン率の増加、ブランドイメージの強化などが考えられます。これらの目的を達成するためには、現行のホームページの強みや弱みを正確に捉える必要があります。現状のアクセス数、直帰率、問い合わせ数などのデータは、その方向性を示す指標となります。

また、現在のホームページに関する主観的な意見も収集することが大切です。例えば、更新の手間、デザインの古さ、コンテンツの不足など、数字では表現しにくい部分もリニューアルのキーとなります。

さらに、ホームページ制作会社に期待する成果を具体的に伝えることで、よりターゲットに合わせた提案が受けられます。無駄に多岐にわたる目的を持つのではなく、最重要のポイントを絞り込むことで、制作会社もその方向性に集中しやすくなります。

近年、多くの制作会社は発注前の具体的なデザイン提出を控える傾向にあります。これは、過去にデザインが取られ発注が成立しないケースが多かったことに起因しています。そのため、現行のホームページの問題点や要望をしっかりと伝え、ヒアリングを通じて最適な方向性を見つけることが、リニューアルの成功への道となります。

ホームページリニューアル前に準備すべき内容

会社や製品情報を整理

ホームページリニューアルを考える際、その成功の鍵は「情報整理」にあります。現在のホームページ内容の精査と、変更や追加を希望する情報の明確化が必須となります。これは単なる制作の前準備だけでなく、制作会社とのコミュニケーションの品質を大きく向上させる手段としても機能します。

リニューアルを検討する段階で、まず自社の情報を一つ一つ見直しましょう。現在のホームページに掲載されている内容は、そのまま継続するものと変更するものに分けられます。変更する項目については、具体的にどの部分をどのように改めるのかを詳細にまとめることが求められます。

また、ホームページリニューアルの際には、新たに追加される情報もあるでしょう。新製品の情報や新しいサービスの紹介など、これまでのホームページにはなかった情報を効果的に盛り込むためには、その情報の整理と整備が不可欠です。

制作会社との初回の打ち合わせやヒアリングでは、このように整理された情報を持ち寄ることで、双方の理解が深まり、より具体的な提案やアドバイスを受けることができます。既存のホームページを参考にしながら、新しい方向性や改善点を話し合うことで、リニューアル後のホームページが期待するものと一致する可能性が高まります。

最後に、情報整理はリニューアルの成功を大きく左右する工程です。十分な下準備と共に、制作会社との協力関係を築くことで、より質の高いホームページリニューアルを実現しましょう。

アクセス解析データ

ホームページのリニューアルを検討する際、最も価値のあるリソースの一つはアクセス解析データです。これは、既存のホームページが集めてきた貴重な履歴情報であり、そのホームページの強みや弱点を明確に示してくれます。

既存のホームページを持つ場合、アクセス解析のツールを通じて得られるデータの深堀りは非常に有益です。主要なツールとしては、グーグルアナリティクスやグーグルサーチコンソール、ビングウェブマスターツールが挙げられます。また、ユーザーの行動を視覚的に捉えるヒートマップツール、例えばマイクロソフトのClarityのようなサービスも役立ちます。

これらのツールからのデータを利用することで、現在のホームページのどの部分がユーザーに受け入れられているのか、どの部分が改善の余地があるのかを客観的に判断できます。さらに、成功している部分はリニューアル後も引き継ぎ、問題点を解消するためのアクションプランを制作する際の土台として活用することができます。

しかし、制作会社との初期段階でアクセス解析ツールのログイン情報を共有することに懸念を感じる企業も少なくありません。この点に関しては、安全性やプライバシーを確保するための対策を講じつつ、情報の提供を検討することが望ましいです。もちろん、リニューアル制作が正式にスタートした後での情報提供でも、有効なデータ活用が可能です。

総じて、アクセス解析データはホームページリニューアルの方向性を明確にするための鍵となる要素です。このデータを最大限に活用し、より効果的なホームページ制作を目指しましょう。

リニューアルをしても成果が出ないケースもある

ホームページのリニューアルは、多くの企業が取り組む大きなプロジェクトです。期待する成果を追求し、新しいテクノロジーやデザインを取り入れることで、ユーザーエクスペリエンスの向上やコンバージョン率のアップを目指します。しかし、リニューアルだけで自動的に成果が上がるとは限りません。

実際の制作現場で見られる事例を取り上げると、見た目や機能性だけを追求した結果、リニューアル後も成果が伸び悩むケースが存在します。例えば、新しい技術やデザインを採用してページの動きを加えたり、全体のデザインを刷新したりすることは、確かにユーザーの興味を引く要素となり得ます。しかし、コンテンツの質や内容が変わらなければ、本質的な価値提供がないため、ユーザーにとってのメリットは薄れる可能性が高まります。

また、リニューアルに伴うSEOの問題も見逃せないポイントです。URLの変更やコンテンツの大幅な削減、301リダイレクトの不適切な設定などは、検索エンジンからの評価を低下させるリスクとなります。特に、URLの変更は検索エンジンが既存の評価を継承するための大切なポイントです。変更を伴う場合は、適切な301リダイレクトの設定を忘れずに行い、SEOの評価を維持しましょう。

しかし、すべての変更が悪いというわけではありません。アドレスの変更や新しいページ構造の導入は、計画的に行えばSEOやユーザーエクスペリエンスにプラスに作用します。ポイントは、変更を一気に行うのではなく、段階的に実施し、その都度検索エンジンやユーザーの反応をチェックすることです。

総じて、ホームページのリニューアルは、見た目や機能性だけでなく、コンテンツやSEOの観点からも総合的に考える必要があります。そして、それらをバランスよく取り入れることで、真の成果を追求する方向性を見失わないようにしましょう。

まとめ

ホームページのリニューアルは、多くの企業や組織が取り組む一大プロジェクトです。その過程で考慮すべき点やポイントは山ほど存在しますが、ここでのまとめとして、そのエッセンスを押さえておきたいと思います。

まず、ホームページリニューアルに投じる予算は少なからず必要です。新規の制作時よりも、既存の情報や構造を踏まえてのリニューアルは、予想以上の手間や時間がかかることも。特に、一部の制作会社では、リニューアルのための調査や分析が新規制作よりもコストがかさむ場合があるのです。

だからこそ、ウェブマスターや企業側も、リニューアルに際しての準備や対策をしっかりと行うべきです。制作会社に明確で詳細な情報を提供し、そして受け取った提案をしっかりと理解すること。この双方向のコミュニケーションが、リニューアル成功のカギとなります。

また、Web上にはリニューアルによって効果が下がった、あるいは失敗したとされる事例が散見されます。しかし、これらの事例を避けるためには、真剣な取り組みが不可欠です。結局のところ、真心を込めてユーザーのため、そして企業やブランドのために取り組めば、リニューアル後の成果が落ちることはあり得ません。

最終的に、ホームページのリニューアルは単なるデザインの変更やテクノロジーの導入以上のもの。それは、ブランドの再定義や、ユーザーとの新しいコミュニケーションのスタート地点でもあります。だから、その過程を軽視せず、真剣に取り組むことが求められるのです。