セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.05

canonicalとは?ホームページのURLを正規化してSEO効果を出す

ホームページ制作において、SEO対策は不可欠な要素の一つです。中でも、「canonical」タグの役割は大きく、その理解と正確な実装は成功への鍵となります。このHTMLタグは、ページ内容が似ている場合や重複する可能性がある場面で、どのURLを正規ページとしてサーチエンジンに伝えるのかを明示するものです。

重複内容はSEOにとってデメリットとなることが多いので、canonicalタグで正確にURLを正規化することは、一貫した評価を得るための基本的なステップと言えます。

このページでは、canonicalの持つSEO効果や適切な設定方法について、深く探求していきます。ホームページ制作の質をさらに向上させるための有益な情報を、こちらで習得してください。

canonicalとは

ホームページ制作を行う上で、SEOの最適化は絶対に欠かせない要点となっています。その中心に位置するのが「canonical」タグ。この小さなタグが、ホームページに存在する類似コンテンツの中から、サーチエンジンに「これが正規のページだ」と伝える大役を果たします。

たとえば、ホームページ内で同じ内容の記事が複数のセクションに掲載されている場合や、商品が異なるカテゴリで紹介されているとき、canonicalの役割がクリティカルになります。その理由は、このような重複コンテンツがサーチエンジンの評価を散らしてしまい、SEOのパフォーマンスが低下してしまうからです。

しかし、現代のホームページ制作の現場では、多くのCMSやワードプレスのようなプラットフォームを利用しており、多くの場合、canonicalタグは自動的に生成されることが一般的です。ただし、自動生成されたタグが常に最適であるとは限りません。そのため、制作会社やサイトの運営者は、生成されたタグの精査と、必要に応じた手動の調整が求められます。

最後に、canonicalは確かにSEOの一部として重要な役割を果たしますが、それだけでSEO効果が全て左右されるわけではありません。ホームページ制作の全過程を通じて、多角的なSEO対策を施していくことで、サイトの評価を最大限に高めることが可能です。

canonicalのSEO効果

類似ページの回避

ホームページ制作の際、SEOの最適化は常に最前線に位置する課題として取り組まれています。その中でも「canonical」は、特に類似ページや重複コンテンツが存在する場合の評価向上のカギを握っています。

このタグは、ユーザーからは見えない部分で、サーチエンジンに「異なるURLのページでも、中身は同じである」と伝える役割を果たします。例えば、複数のカテゴリーやタグで同じ商品を紹介するネットショップなど、似たり寄った内容のページが繁多に存在する場面で、canonicalの設定は重要性を増してきます。

なぜなら、このタグによりサーチエンジンは正規のページを正確に識別できるため、クローラーの効率が向上し、結果としてサイト全体のSEOパフォーマンスがブーストします。多くのページを持つホームページは、一般的にSEOの観点から好まれる傾向にあります。しかし、内容が類似しているページが過度に増えると、それがスパム活動と誤解され、ペナルティの対象となることも。

このようなリスクを避けるためにも、canonicalの適切な利用は欠かせません。とはいえ、すべてのホームページがこのタグを設定すべきというわけではありません。規模が小さいサイトや、ページのバリエーションが少ないサイトの場合、canonicalの必要性は相対的に低くなります。ホームページ制作時、サイトの大きさや目的、そしてコンテンツの種類を元に、適切なSEO対策を行うことが最も重要です。

評価の分散を防ぐ

ホームページ制作の中で、SEOの調整は必須の工程となっています。その中でも、特に「canonical」タグの適切な取り扱いは、SEO成果に大きく寄与します。

想像をしてみましょう。同一のホームページ上に、似たような内容を持つ2つのページが存在するケースを。この2つのページは、微細な違いはあるものの、主要なキーワードや情報は共通しています。この場合、検索エンジンはどちらのページを評価するか迷い、結果的に両方のページの評価が散逸してしまう可能性が高まります。これは、検索エンジンが同じサイトの異なるページを上位表示することを好ましく思わないためです。

理想的なホームページとは、各ページが異なる内容を持ち、SEOのためのキーワードもバラエティ豊かなものです。そのため、近頃のホームページ制作では、「1ページ1キーワード」のアプローチが強く推奨されています。

しかし、何らかの事情で似た内容のページを維持しなければならない時、どのような手段を取れば良いのでしょうか。ここで「canonical」タグの役割が大きくなります。このタグを正確に設定することで、検索エンジンは「これらのページは実質的に同じもの」と判断し、ページ間の評価分散を抑制します。

総じて、ホームページ制作時に「canonical」の適切な取り扱いを行うことは、SEO成果の向上に不可欠であり、それによりサイトの信頼性と検索エンジンでの競争力を高めることができるのです。

canonicalの設定方法

<head></head>内に記述

ホームページ制作のプロセス中で、SEOの最適化は常に中心的な役割を果たします。特に、複数のページが類似または同じ内容を持つ場面では、「canonical」タグの正確な設定が絶対的に求められます。この「canonical」、具体的にはどの位置に設定するのがベストなのでしょうか。

正確な設置場所としては、<head></head>の中、つまりページヘッダー部分に「canonical」タグを記述する必要があります。この位置を誤ってしまうと、タグが期待通りに機能しないリスクがあり、検索エンジンから適切な評価を受けることができなくなる可能性があります。このタグの配置が特に重要なのは、検索エンジンがウェブページの情報を上から順番に解析するためです。

実際のホームページ制作の現場からの経験によると、多くの場合、メタディスクリプションの直後に「canonical」タグを配置する方法が採用されています。しかし、これは絶対的なルールではありません。基本的に、<head></head>タグの中であれば、どこに「canonical」タグを設定しても問題ないのです。実際に、タグをヘッダーの後方に配置したホームページでも、十分にSEOの恩恵を受け、上位に表示されるケースは数多く見受けられます。

最終的なポイントとして、canonicalの設定は、<head></head>の内部で適切に行うことが大切です。このタグの正確な位置に関しては、ホームページの構造や目的に応じて、最も適した場所に設置することで、最高のSEO効果を追求するべきです。

設定内容

ホームページ制作に際して、SEOの効果を最大限に活用するためには、ページごとの細やかな設定が欠かせません。その中でも、canonicalタグの役割は非常に重要です。このタグは、重複したコンテンツを持つページが複数存在する際、どのページを主要なものとして検索エンジンに提示するかを明示するものです。この設定を適切に行うことにより、ホームページのSEOパフォーマンスの向上が期待できます。

canonicalタグの具体的な設定内容は、<link rel="canonical" href="指定するページのURL" />という形になります。ここで特に注意が必要なのは、「指定するページのURL」の部分です。このURLは、httpsからスタートする絶対パスでの記述が望ましいです。相対パスを用いてしまうと、検索エンジンがURLを正確に解釈できなくなり、タグ自体が機能しなくなるリスクが存在します。

ホームページ制作の過程で、canonicalタグの設定は、一見簡単なタスクのように感じられるかもしれません。しかし、その影響はホームページのSEOにおける非常に大きなものとなります。ユーザーにとって有益な情報を効果的に伝えるため、そして検索エンジンからも高く評価されるために、このタグの適切な設定は必須です。制作の際は、canonicalタグの設定の精度を確保し、ホームページのSEOの品質を向上させる努力を続けましょう。

1ページあたりの記述は1つ

ホームページ制作の過程で、SEOの効果を最大化するためには、canonicalタグの適切な利用が不可欠です。このタグは、サイト内で内容が似ているページや、完全に同一の内容を持つページが存在する際に、どのページを「正規」としてサーチエンジンに伝えるためのものです。

多くの制作者が見落としがちなのは、1ページに複数のcanonicalタグを設定してしまうこと。このような設定は、サーチエンジンがどのタグを優先して認識するのか不明確になり、混乱を招く原因となります。大抵の場合、ページ上部に配置されたタグが先に読み取られる傾向にありますが、これを頼りにするのはリスキーです。

最も安全で効果的な方法は、1ページに1つのcanonicalタグのみを設定すること。これにより、混乱を避け、ユーザーにとって最も関連性の高いページを明確にサーチエンジンへ示すことができます。

また、ホームページの各ページが他のページと内容が重複していない場合でも、そのページのURLをcanonicalとして明示的に指定することは、SEOの観点から見ても有効です。これにより、ページの権威を強化し、サーチエンジンからの評価を一層向上させることができます。

ホームページ制作の際は、これらのポイントをしっかりと意識し、正確なcanonicalの設定を行うことで、SEOの品質を確保しましょう。正しい設定を行えば、ユーザーとサーチエンジンの双方からの信頼を勝ち取ることが期待できます。

canonicalの実装はホームページ制作で当たり前

ホームページ制作の現代において、canonicalタグの実装は基本中の基本となっています。ワードプレスを使用する制作が増えており、そのSEO向けのプラグインが自動的にcanonicalタグを出力することから、ほとんどのホームページにこのタグが導入されています。実際、当社でのホームページ制作の大部分もワードプレスを採用しており、そのためクライアント様が特別な要望をしなくても、このタグは自然と組み込まれます。

しかし、特別な要求を持ってフルスクラッチでCMSを作成する場面も考えられます。この場合、SEOに関して専門的な知識を持たない制作会社も存在するため、canonicalタグの実装を明示的に要求することが必要です。

当たり前となっている今日、canonicalの実装を確認することは、ホームページ制作の品質を確保するための重要な一歩です。ホームページ制作においては、常にユーザーとサーチエンジンの両方を意識し、最適なページ表示を目指すべきです。そのため、ホームページ制作を依頼する際は、canonicalタグの実装が標準として取り入れられているか確認し、業者にしっかりと指示を出すことが求められます。

canonicalは不用意に触る必要はない

ホームページ制作を経て、SEOの取り組みを始めるとき、様々な要因で検索順位が上がらないことがあります。そのような場面で、canonicalタグの調整をすぐに考えるのは、実は危険です。間違った設定をすることで、検索エンジンの評価を低下させるリスクが高まります。特に、初心者が不用意に変更を加えると、意図しないページが正規ページとして扱われることも。

ホームページのSEO効果を追求する中で、canonicalの設定に疑念を抱くことは、決してゼロではありません。しかし、実際に調整や変更を行う前には、制作会社やSEO専門の会社へ相談をすることを強く推奨します。我々の経験上、クライアントが自らcanonicalを変更するケースは極めて少なく、大規模なサイトでさえも、それは希少な事例です。

事実、過去のクライアントの中でも、5,000ページ以上の大量のコンテンツを持つネットショップを除いて、canonicalを自ら手を加えた例はほとんど記憶にありません。SEOの効果を最大限に生かすためには、正確な知識と経験が求められます。したがって、Web制作会社からの指示や専門家の意見を受け入れ、不用意にcanonicalタグを触らないよう注意しましょう。一度SEOの評価を落としてしまうと、その回復は容易ではありません。

まとめ

ホームページの制作と運営において、SEO対策は欠かせない要素となっています。その中心に位置するのが、URLの正規化を行う「canonical」です。ホームページ制作初期においては、同一内容のページを制作することは少ないかもしれませんが、サイトの拡張や更新に伴い、内容が類似するページが生まれることは少なくありません。

実際のサイト運営の中で、類似のコンテンツが存在する場面では、一般的な対応策として、ページのリライトや削除を考慮するのが一般的です。これにより、Googleなどの検索エンジンが重複コンテンツと認識するリスクを減少させることができます。しかし、ユーザーにとって有益な情報を提供するページである場合、単純に削除するのは得策ではないことも。

このような状況で役立つのが、canonicalタグの適切な利用です。このタグを活用することで、同じような内容のページでも、主要なページを明示し、検索エンジンへの適切な評価を受けることができるのです。ホームページ制作に関わる担当者や運営者は、このcanonicalタグの存在とその使用方法をしっかりと理解しておくことで、SEOの最適化をさらに進めることができます。