セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.06.05

canonicalとは?ホームページのURLを正規化してSEO効果を出す

canonicalとは、サーチエンジンへの指示としてホームページのURLを正規化するタグです。

一般的にWeb制作会社が制作したホームページであれば、canonicalタグを実装することが当たり前のように行われているので、自分でホームページを制作する際にcanonicalタグの実装を意識しましょう。

当ページでは、canonicalとは何かや、SEO効果、記述法を紹介します。

ホームページのcanonicalとは

canonicalとは、ホームページのURLを正規化するタグのことを言います。

訪問者に影響はなく、サーチエンジンに対する指示ができるタグになっており、canonicalを適切に活用することで、ホームページのSEO効果を最大化することが可能です。

例えば、トップページで言うと、トップページを普通に作成するだけで、まったく同じ原稿やデザインのページが8ページも作成され、サーチエンジンが8ページを認識してしまいます。

  • https://sample.com/
  • https://sample.com/index.php
  • https://www.sample.com/
  • https://www.sample.com/index.php
  • http://sample.com/
  • http://sample.com/index.php
  • http://www.sample.com/
  • http://www.sample.com/index.php

1ページに対して8ページ認識されるということは、10ページあるホームページだと80ページとして認識されるのです。

サーチエンジンは、重複コンテンツが多いホームページをSEOスパムとみなして、SEO効果を下げているのですが、canonicalを実装していないと、本来は10ページですが、サーチエンジンからは80ページと認識されているので、70ページでSEOスパムを行っていることを意味します。

そうなると、ホームページのSEO効果を発揮できないので、すべてのホームページでcanonicalを実装して、生成されるページが1ページであることをサーチエンジンに伝えることが重要になるのです。

canonicalのSEO効果

重複ページの回避

サーチエンジンは、重複しているページを作成することを好みません。

先述した通り、canonicalを実装せずに、トップページを1ページ作成すると、8ページが生成されてしまうので、これらの重複を回避することで、SEO効果を最大化することが可能です。

重複の回避という意味で、canonicalをホームページに実装することは、SEO効果を発揮するのではなく、SEOスパム行為と認識されて検索順位が下がってしまうことを回避できる対策になります。

評価の分散を防ぐ

canonicalがないホームページでは、https://sample.com/というURLのページを作成したつもりですが、https://sample.com/index.phpなどのページも生成されてしまいます。

このときに、本来はhttps://sample.com/のページが1ページしかなければ、もう少し高いSEO効果を発揮できていたとしても、同じレイアウトやデザインのページが複数あることで、サーチエンジンからの評価が分散されてしまいます。

また、訪問者は、御社がどのページを作成したつもりになっているかが分からないので、御社は、https://sample.com/を作成したつもりでも、ユーザーがhttps://sample.com/index.phpのページに被リンクを行い、SEO評価の分散が発生する可能性があります。

こういった場合に、canonicalを実装することによって、Googleからの評価や被リンクの分散を防ぐことが可能になり、ホームページのSEO効果が最大化されるのです。

canonicalの設定方法

<head></head>内に記述

canonicalの記述は、ソースコードの<head></head>内に記述しましょう。

canonicalの記述は、<head></head>内でなければ効果が出ないので<head></head>は必須で、当社では、その中でも優先順位としては、meta descriptionの次くらいと考えているので、meta descriptionの下に記述しています。

御社が考えるcanonicalの重要性から<head></head>内の位置を決めて問題はありません。

記述内容

canonicalの記述内容は、<link rel="canonical" href="指定するページのURL" />になり、指定するページのURLはそのページのURLを記載することが一般的です。

WordPressでホームページを制作している場合は、自動的に該当ページのURLが入るようにしてしまえば、運営の中で、canonicalを触る必要がなくなります。

ただ、一点だけ注意点があり、例えば、ホームページに似たページを複数作成する場合に、サーチエンジンの認識としては1ページで良い場合は、代表的な1ページに他のページのcanonicalを向けるようにしましょう。

そうすることで、サーチエンジンは、代表的な1ページしか認識しないので、重複によるSEOのデメリットを回避することができます。

よく見るcanonicalを使ったSEO対策法

以下で紹介する内容は推奨しているわけではなく、さまざまなホームページのcanonicalの利用法を確認したときに、よく目にするSEO対策法になります。

ブログなどの2ページ目以降を1ページ目に正規化

詳細ページへの一覧が表示されているブログや実績などのトップページでは、ページの下部に1、2、3などのページネーションを追加することが一般的です。

このページネーションで、2ページ目以降は、Googleサーチコンソールなどで、クロール済み - インデックス未登録になる可能性が高いページになっています。

もちろん、ページネーションはユーザーの利便性には必要ですが、SEOにとっては不要であり、クロール済み - インデックス未登録が多いホームページは、サイト全体でSEO効果を落とされています。

そのため、高いSEO効果を実現しているホームページの中には、ページネーションの2ページ目以降のページに、canonicalで1ページ目のURLを記載しているケースが見られます。

ただ、現状では、高いSEO効果を出していると言っても、Google自体がページネーションの2ページ目以降を1ページ目に正規化しない方が良いと発言をしているので、できれば辞めた方が良いでしょう。

ただ、現状で言えば、SEO効果を発揮しているので、ウェブマスターの考え方次第になります。

記事を分割して1ページ目の記事に正規化

まれに見かけるのが、1つのテーマに対して記事を分割しているホームページです。

1ページの情報量を減らすことで、ユーザーが読みやすくなるので、ホームページの成約率を高める効果があります。

例えば、5分割されている記事があった場合に、2ページ目以降の記事を1ページ目へと正規化するために、canonicalを利用しているホームページを見かけます。

この記事を分割した場合、ページタイトルは同じですが、書いている内容は異なってくるので、以前GoogleがTwitterで行う必要はないと発言をしています。

2ページ目以降の記事のcanonicalを1ページ目に指定してしまうと、2ページ目以降の本文で利用されたキーワードで検索結果に出てくることがなくなってしまいます。

そのため、記事を分割しているホームページは、それぞれのページのURLを記載したほうが高いSEO効果を得られます。

似た内容のページを作成して正規化

canonicalの一般的な使い方で、1つのテーマに対して複数のページを作成している場合に、その中で1番重要なページにcanonicalを向けることで、SEO効果の最大化を図っているホームページが見られます。

1つのテーマに対して、似たテーマでページを作成することで、ユーザーの満足度が高まるのであれば、作成したほうがホームページの成果は高まりますが、サーチエンジンは似たテーマのページを作成するとカニバリゼーションが発生してしまい、サイト全体のSEO効果を落としてきます。

そのため、内部リンクを使えばユーザーは訪問できるけれども、サーチエンジンには似たテーマのページの中で一番重要なページ以外を認識させないためにcanonicalを利用します。

ホームページ運営期間が長くなるにつれて、似たテーマの内容も増えてくるので、canonicalを適切に利用すれば、高いSEO効果を実現できる可能性があります。

canonicalは不用意に触る必要はない

当社のホームページ制作は、WordPressの実装を行い、プラグインとしてAll in One SEOを導入することが当たり前になっています。

このAll in One SEOは、管理画面の編集ページの下部にcanonicalの入力箇所があるのですが、期待通りにSEO効果が出なかった場合に重複コンテンツを疑い、canonicalで複数ページのURLを正規化してしまう事例があります。

しかし、これまでの経験上、canonicalを触ってSEO効果が高まった事例はなく、場合によってはサーチエンジンから関連性がないページへcanonicalを向けていると考えられてしまい、逆に検索順位を落とす可能性があります。

そのため、ホームページ制作時には、canonicalの設定が必須ですが、運営の中でSEO効果を高めるために、canonicalを触るのは辞めた方が良いでしょう。

どうしてもcanonicalを触りたい場合は、Web制作会社やSEO会社に相談することをおすすめします。

まとめ

ホームページのcanonicalについて紹介しました。

canonicalは、ユーザーの見栄えには影響がなくサーチエンジンへの指示が行えるタグになっており、SEOを行っているホームページでは必須と言えます。

ただ、ホームページ制作中にcanonicalを実装することは重要ですが、運営の中でcanonicalを触る必要はなく、触っていると多くの場合でSEO効果を落としてしまいます。

canonicalって何だろうとお思いの方の参考になれば幸いです。