セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.06.01

SEOのキーワード難易度とは?調査方法と対策法を紹介

一般的に、ホームページ制作直後から、ホームページのメインテーマになる難易度が高いキーワードでSEOを行うことはおすすめできません。

キーワード難易度が高いSEOは、ライバルサイトも注力しているので、上位表示の難易度が高く、ドメインパワーや品質の高いページが必要になります。

当ページでは、どのようなキーワードでSEOを行っていくかを検討するために、キーワード難易度とは何かや、キーワード難易度に関わる要素、調査方法、対策法を紹介します。

SEOのキーワード難易度とは

SEOにおけるキーワード難易度とは、上位表示の行いやすさのことを指しています。

難易度が高いキーワードであるほど上位表示が難しくなっていて、SEOを行っているすべてのホームページでは、自社の状況に合わせた難易度のSEOキーワードを選択しなければ、期待通りの成果を実現することができません。

特に、ホームページを公開した当初から、難易度が高いキーワードでSEOを行ったとしても、検索順位が高まらず、次第にホームページ運営を辞めてしまうリスクも存在しています。

そのため、自社サイトの状況に合わせたキーワード難易度でSEOを行うことこそが、効率的なSEOを行う上で重要になっています。

当ページをご覧いただき、キーワード難易度について明確に把握すれば、まずは難易度の低いキーワードで着実に成果を出しつつ、徐々に難易度が高いキーワードでSEOを行う正攻法の戦略が行えます。

SEOのキーワード難易度を軽視してしまうと、無駄な努力になる可能性があるので、SEOを行うすべての企業はキーワード難易度を理解することが重要です。

キーワード難易度は数値データでは分からない

当ページをご覧の方は、数値データとしてキーワード難易度をチェックしたいと考えていると思いますが、残念ながらキーワード難易度は数値データで確認することはできません。

以下で紹介するキーワード難易度の調査方法では、数値データとして示してくれるツールを紹介していますが、これらの数値データはあくまで提供企業が定めた数値データになっています。

そのため、当ページで紹介している内容は、どのような要素があるのかや、キーワード難易度が高くても上位表示を狙う方法になり、最終的にはWebマスター自身の勘や経験でキーワード難易度を検討することが必要です。

キーワード難易度に関わる要素

キーワード難易度の要素

SEOのキーワード難易度は、ユーザーニーズと専門性・網羅性、ドメインパワー、競合サイトの数、被リンクの質と本数が影響をしています。

各ページでユーザーニーズに応えているかどうか

昨今のサーチエンジンは、ページタイトルに対して詳しいページを上位表示させています。

サーチエンジンが評価する詳しさとは、読みやすく理解がしやすいことはもちろんですが、もっとも重要なポイントはユーザーニーズに応えることができるかどうかです。

そのため、上位表示を狙っているキーワードを定めたら、まずはそのキーワードでGoogle検索を行い、競合サイトを読み、競合サイトよりもユーザーニーズに応えることができるかを判断して、キーワード難易度を検討しましょう。

検索キーワードに関するサイト全体の専門性と網羅性

検索キーワードに関するサイト全体の専門性や網羅性の高さも求められています。

例えば、ホームページ制作会社のホームページであれば、ホームページ制作についてのみ記載されている方が、SEO効果を高めることができます。

さらに、ホームページ制作の網羅性も大切で、例えば、【料金】や【実績】、【自分で】など、ユーザーがホームページ制作とセットで検索するキーワードも網羅していることで、高いSEO効果を発揮できるのです。

このキーワードの網羅性は、サイト全体で網羅していることもあれば、キーワードごとにページを作成しているケースもあります。

ドメインパワーの高さ

競合サイトのドメインパワーの高さもキーワード難易度に影響します。

ドメインパワーが高いホームページは、上位表示を狙いやすくなっているので、上位表示を狙っているキーワードの競合サイトすべてがドメインパワーが高い場合は、そのキーワード難易度は高く、上位表示を実現することは難しくなります。

このドメインパワーは、サイト全体を良質にしたり、ドメイン運用歴の長さ、質の高いバックリンク数の多さなども影響をしているので、短期ではどうしようもなく、中長期的な戦略が必要になります。

競合サイトの数

キーワード難易度には、競合サイトの数の多さも影響を与えます。

上位表示を狙ったキーワードで検索を行うと、自分が作成しようとしていたページとほぼ同じタイトルのページ数が多い場合は、そのキーワードはSEO難易度が高いと判断して良いでしょう。

被リンクの質と本数

競合サイトの被リンク数が多い場合は、キーワード難易度が高いと判断しましょう。

被リンクが多いということは、多くのWebマスターから評価されていることを意味しているので、サーチエンジンからの評価も高くなります。

ただし、昨今のサーチエンジンは、品質が低い被リンクを無効化しているので、質の高い被リンク数が多いかどうかの判断が必要です。

被リンクの質については、ツールを利用して、被リンク元のドメインランクを見ることでチェックできます。

キーワード難易度の調査方法

キーワード難易度の調査はWebマスターが手作業で調べても良いですが、当社が良く利用する2つの無料ツールを紹介します。

キーワード難易度チェックツール

キーワード難易度チェックツールは、SEO Packが提供しているWebサービスです。

キーワード難易度チェックツールにキーワードを入力する箇所

キーワード難易度チェックツールにアクセスをして、上記の図の中に、難易度を調べたいキーワードを入力すると、SEO難易度や月間検索数予測、1位時の月間検索アクセス数予測が表示されます。

キーワードの難易度

キーワード難易度チェッカー

キーワード難易度チェッカーはAhrefsが提供するWebサービスです。

キーワード難易度チェッカーにキーワードを入力する箇所

キーワード難易度チェッカーにアクセスをして、キーワードを入力の箇所にキーワードを入れ、右にある国名を選択できる箇所はJapanを選択してから、チェックキーワードボタンをクリックします。

キーワードの難易度

そうすると入力したキーワードの難易度が表示されます。

さらに、キーワード難易度チェッカーでは、実際に上位表示を実現しているホームページのドメインランクやUR(URLレーティング)、被リンク、ドメイン、トラフィック、キーワードなども抽出してくれているので、それぞれのホームページがどれくらいSEOに強いかも示してくれています。

キーワード難易度が高くても上位表示を行う対策法

キーワード難易度が高くても上位表示を狙うために行う対策法を紹介します。

競合サイトよりも良質なページを作成する

現在のサーチエンジンは、ドメインパワーなども評価の1つではありますが、基本的には個々のページがどれくらい良質かで判断をしています。

すなわち、ドメインパワーで負けていても、本当に良質なページを作成することができれば、SEO効果を発揮できる可能性があるのです。

ただし、SEO効果が出る可能性は比較的に低めになっていると思われるので、キーワード難易度が高いページを作成する場合は、競合サイトよりも良質なページ作成を行い、ドメインパワーが高まる運営を行っていれば、どこかのタイミングで上位表示を実現できる可能性があります。

ニーズを明確にする

各ページで、どのようなニーズを持つ訪問者を集めるかを明確にして、そのユーザーニーズの対してのみ詳しいページを作成することで上位表示を実現できる可能性があります。

ただ、良質なページと同様に、あくまで可能性の話になっているので、ドメインパワーが低い場合は、どんなにリライトを繰り返しても上位表示ができる保証はありません。

ホームページの専門性を高める

難易度が高いキーワードでSEOを行うのであれば、必須になるのが専門性の高さです。

専門性の高さとは、サイト全体で、上位表示を狙っているキーワードに関する情報が高いレベルで網羅されていることを指し、網羅させることによって、難易度が高いキーワードでも上位表示ができる可能性があります。

被リンクを獲得する

サーチエンジンは、外部のホームページからリンクされているページを、人気があるページと判断するので、SEO効果を与えています。

そのため、難易度が高いキーワードで上位表示を実現するには、多くの良質な被リンク本数が必要です。

ただし、昨今のサーチエンジンは、被リンクの品質を見ているので、自作自演はほぼ間違いなく無効化されると考えてよく、ナチュラルリンクを集めるようにしましょう。

ナチュラルリンクを集めるには、上記で説明している良質と、網羅性、専門性が重要になっているので、他のWebマスターが認めるくらい良質であれば、多くの被リンクを獲得することができます。

まとめ

SEOのキーワード難易度とは何かを紹介しました。

ホームページ制作直後では、ドメインパワーも弱くなっているので、難易度が高いキーワードでは上位表示ができず、難易度が低いキーワードを探して、そのキーワードでSEOを行いましょう。

難易度が低いキーワードで上位表示を実現しているページ数が増えてから、難易度が高いキーワードでのSEOを行うことで、上位表示を実現することが可能です。

SEO効果が期待通りに出ないとお悩みの方の参考になれば幸いです。