セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

ページランクとは?SEOへの影響や確認できる無料ツール、上げ方を解説

良質なページを作成すればSEO効果が出ると言っても、初めてホームページ運営を行う方だと、具体的な方向性が見えてこないので、どうすれば高いSEO効果を発揮できるのか分からないと考えている方は多いと思います。

そういったときに役立つのがページランクと呼ばれる指標になり、高いページランクのページを作成すれば、SEO効果が出る可能性が十分にあります。

当ページでは、ページランクとは何かや、SEOへの影響、決まる仕組み、調べることができる無料ツール、上げ方を解説します。

ページランクとは

ページランクとは、Googleがページの相対的な人気度を0から10の11段階でランク付けを行い、数字が大きなページほどSEO効果が発揮しやすくなる指標のことです。

以前は、Googleツールバーを見れば誰でもページランクを確認できていたのですが、2016年にGoogleはツールバーの提供を辞めているので、現在はGoogleが定めたページランクを確認することはできません。

ただし、ページランク自体の概念がなくなったわけではなく、現在でもGoogleのアルゴリズムの1つとしてページランクは存在していると思われます。

その理由は、Googleが掲げる10の真実に、「Googleは、リンク(人気投票)を参考にして、どのホームページが価値あるコンテンツを提供しているのかを判断し、各ページの重要性を評価しています。」と書かれています。

さらに、「Google では、200 以上の基準と、PageRankアルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。」と明確にページランクについての記載があります。

すなわち、この重要性を判断する際に、Googleは現在もページランクを確認して、検索クエリに対してのランキングを定めていると予測されます。

追記

以前に流出したGoogleの内部資料には、サイトオーソリティはSEOに影響すると記載があり、サイトオーソリティがSEOに影響するのであれば、Googleが特許を取得しているページランクもSEOに影響しているはずです。

補足として、サイトオーソリティーとは、一般的な表現でいうドメインパワーのことになり、ドメインパワーについての詳しい解説はこちらからご覧ください。

話を戻し、つまりGoogleが掲げる10の真実にページランクに関する記載があり、さらには特許を取得しているページランクは、現在でも利用されている可能性が非常に高いと推測されます。

ただし、現在、Googleが認識しているページランクは知るすべがないので、以下で紹介する無料ツールを利用しても、各ページのページランクがいくつになっているかを正確に知ることはできず、推測でしかないと理解をしましょう。

ページランクが与えるSEOへの影響

ページランクがSEOに与える影響は、これまでの経験で見ると、大きいと感じます。

と言うのも、ページランクを意識しながらページを作成することで、仮に結果としてページランクが低かったとしても、良質なページを作成することが可能です。

現在のGoogleは、検索クエリに対して良質なページのランキングを高めたいと考えているので、良質なページを作成することは、SEOとして正攻法と言えます。

さらに、詳しくは以下で解説しますが、ページランクを高めるためには、内部リンク数や被リンク数、SNSでバズることが重要になるので、リンク本数が集まることで、さらに高いSEO効果を発揮できます。

現在は、Googleがページランクの提供を辞めてしまっているので、Googleが認識しているページランクを知ることができませんが、それでもWebマスターが意識することによって、高いSEO効果を発揮できることは間違いありません。

特に、初めてのホームページ運営の方は、どのようなページを作成すればSEO効果を発揮できるのか分からないので、そのときの指標の1つとして、ページランクを有効活用することができます。

ページランクが決まる仕組み

ページランクが決まる仕組みは、良質なコンテンツと良質なリンクの数で定まっています。

Googleが掲げる10の真実の4. ウェブ上の民主主義は機能する。

Googleが掲げる10の真実にあるウェブ上の民主主義は機能する。に、「リンクを参考に、どのサイトが価値のあるコンテンツを提供しているかを判断している」や「PageRankアルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して各ウェブページの重要性を評価しています」といった記載があります。

つまり、ページランクを高めるためには、リンク数を増やしてGoogleのクローラーを集客することと、さらにはGoogleがコンテンツを評価する際に価値があると思わせる2点が重要です。

リンクを集める際に、闇雲に集めてしまうと、Googleはペンギンアップデートによって低品質なリンクは無効化処理を行っています。

さらに低品質なコンテンツが多いページやホームページは、パンダアップデートの影響を受け、低い検索順位で表示されてしまいます。

そのため、良質なコンテンツと被リンク数の数を元に、ページランクが決められていると判断できます。

ページランクを調べることができる無料ツール

現在、Googleはページランクの提供を行っていませんが、多くの事業者がページランクの代わりになる指標を公開しています。

以下で紹介する無料ツールは、Googleが提供しているものではないので、SEOと直接的な関係性はありませんが、SEOに取り組んでいる方の参考になる数値データであることは間違いありません。

ちなみに、有料ツールを利用すれば、さまざまなツールでページランクを測定することができます。

Moz

Mozでは、ページランクという表現ではなく、Page Authorityと言います。

Mozにログインして、以下で紹介するURLからPage Authorityを計測したいURLを調査することで、ページランクを表示することができます。

MozのPage Authority

ただ、Mozのページランクは少し低めに設定されているように思われ、よほど多くの対策を実施しなければ、なかなか上げることは難しいと言えるでしょう。

All in One SEO

少し概念が異なってしまいますが、WordPressのプラグインになるAll in One SEOにもページランクに近い指標になるAIOSEOスコアという数値データがあります。

All in One SEOのAIOSEOスコア

各投稿画面の右側にAIOSEOスコアの数値が表示されており、当ページであれば100点中95点という結果になっています。

AIOSEOスコアは、被リンク本数は一切影響せずに、各ページがAll in One SEOが定めた良質のルールに則っているかで判断されているので、少しページランクとは異なる指標ですが、手軽に目安の一つとして利用することができます。

ページランクを上げる方法

最後に、ページランクを上げる方法を解説します。

良質なページを作成する

ページランクを高めるためには、良質なページを作成しましょう。

ページランクを上げるためには、各ページで何について書いているかを明確に定めることが大切で、各ページで上位表示キーワードを定めて、上位表示キーワードについてのみの文章作成が必要です。

また、テキストだけではユーザーが十分に理解できない可能性があるコンテンツには、画像を使った補足説明を行うことで、より良質なページへと成長します。

被リンクを獲得する

ページランクで高い効果を生み出す可能性があるのが被リンクの獲得です。

ただし、闇雲に自作自演で低品質なコンテンツから被リンクを獲得してもページランクが高まることはないので、訪問者が自発的に行ってくれるナチュラルリンクの獲得を狙いましょう。

良質なページを作成していれば、自然とナチュラルリンクを獲得することができるので、より高いページランクを獲得できます。

SNSでバズる

昨今では、ホームページを持っていない方の数が増えて、代わりにSNSが主流になってきたため、会社のホームページではSNSからの集客も狙うべき対策の1つになっています。

SNSの被リンクにはnofollowが付いているので、リンクとして直接的なSEO効果はありませんが、ソーシャルシグナルと呼ばれる指標があり、ソーシャルシグナルを高めることで、Googleから評判の良いホームページだと認識され、ページランクやSEO効果を高めることができます。

SNSでバズらせるのは、難易度が少し高いですが、それでも毎日しっかりと効果測定を行いながら、SNS運用やホームページの品質を高めるための対策を行い続けることで、少しずつSNS上でホームページが拡散されるようになるでしょう。

内部リンクを集める

Webマスターが自分で行えるリンク対策として、内部リンクの充実があります。

自分が上位表示したいページに対して、関連したページがある場合は、そのページから内部リンクを行うことで、該当ページのページランクが高まり、少しずつSEO効果を発揮することができます。

ただし、昨今のGoogleは内部リンクもチェックしているので、関連性がないやSEOのための内部リンクがあると、ページランクもSEO効果も高まらないので注意が必要です。

まとめ

ページランクについて解説しました。

ページランクを高めることで、SEO効果を発揮することができますが、現在のGoogleはページランクを公表していないので、Google以外の会社が提供しているページランクを確認する必要があります。

ただ、他社が提供していたとしても、Webマスターのホームページ運営の指針の1つにはなると思うので、ぜひ当ページで紹介している無料ツールを活用してはいかがでしょうか。

ページランクって何?とお考えの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る