セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

ページタイトルとは?SEO効果を高める書き方と文字数を解説

ページタイトルとは、書籍でいう題名のことで、ページの内容が要約された文章のことを指しています。

ページタイトルは、SEOに大きな影響を与えるので、適切なページタイトルを作成することが重要です。

当ページでは、ページタイトルとは何かや、SEOにおける役割、ページタイトルの文字数、書き方、見直すタイミングを解説します。

ページタイトルとは

ページタイトルとは、HTML内に記述されている<title>で囲われたコードのことを言い、ページタイトルに記述した文章はさまざまな箇所に表示されます。

ブラウザのタブ

ブラウザのタブに表示されたページタイトル

サーチエンジンの検索結果

検索結果に表示されたページタイトル

上記以外にもSNSでURLを投稿したらページタイトルが表示されたり、ブラウザでお気に入り登録をしたらページタイトルが表示されたりもしています。

すなわち、ページタイトルは、ホームページの訪問者やサーチエンジン、SNSなどに対して、ページの内容を示す重要なタグと言えるのです。

SEOにおけるページタイトルの役割

SEOにおいてページタイトルの重要性は高く、ページタイトルにSEOキーワードを利用すれば、サーチエンジンからこのページはこのキーワードが重要と認識されたり、検索結果でのクリック率を高めることができます。

では、ページタイトルに重要なキーワードを利用することのSEOの役割を解説します。

SEO効果が高くなる

サーチエンジンはページタイトルを書籍の題名と同じと考えているので、タイトルにページで重要なキーワードを含めていないと、狙ったキーワードでSEO効果を発揮できません。

例えば、書籍を購入する際に、自分が知りたいキーワードが利用されている題名を見ると、購入するかどうかは置いといても、手に取って確認だけはすると思います。

この手に取る行為が、検索ユーザーのクリックする行為に該当しており、クリックされる可能性が高いページに対して、サーチエンジンはSEO効果を与えています。

クリック率に影響する

現在のサーチエンジンは、SEOに影響を与える要素の1つにユーザー行動を含めています。

ユーザー行動とは、検索結果でクリックされる割合のことを指しており、GoogleサーチコンソールではCTRと表示されています。

GoogleサーチコンソールのCTR

CTRを高めるためには、上位表示を狙っている検索キーワードをページタイトルに含めることが大切で、サーチエンジンは、検索結果でよくクリックされているタイトルのページは、人気があるページと判断して、SEO効果を高めているのです。

ページタイトルの文字数

ページタイトルの文字数は何文字が良いのかというのは多くの方が気になると思い、3つの考え方があるので、それぞれを解説し、自社のホームページにあった利用法を行いましょう。

ちなみに、ページタイトルとは、例えば当ページで言うと、「ページタイトルとは?SEO効果を高める書き方と文字数を解説|大阪のホームページ制作会社セブンデザイン」ですが、「|大阪のホームページ制作会社セブンデザイン」という全ページ共通箇所の文字数はカウントする必要はありません。

Googleが認識できるページタイトルの文字数を超えた場合には、「...」と表示されてしまい検索結果では省略されますが、ページタイトルは、検索結果に表示される情報と考えることが重要で、Googleに省略されたとしても、SEO評価としてはプラスの影響を与えているので心配はいりません。

パソコンとスマートフォンでの表示

パソコンもスマートフォンも30文字以内であれば、すべてのページタイトルが検索結果に表示されます。

パソコンの場合

パソコンでページタイトルが表示される文字数は30文字

スマートフォンの場合

スマートフォンでページタイトルが表示される文字数は30文字

どちらも30文字までですが、ページタイトルが完全に日本語の場合は、パソコンで32文字、スマートフォンで38文字が表示されているケースもあります。

しかし、使い分けるのも面倒なので、30文字以内と認識しましょう。

AIOSEOスコアを高めたい場合

WordPressのプラグインになるAll in one seoを導入したホームページでは、AIOSEOスコアと呼ばれる点数が表示されています。

WordPressのAIOSEOスコア

AIOSEOスコアを高めたい場合は、20文字から39文字の間のページタイトルを定めましょう。

AIOSEOスコアは、Googleではなく、All in One SEOが定めたSEOのスコアであるため、直接的な検索順位への影響はありませんが、SEO効果が高いホームページでは、90点前後が平均になっています。

当社がおすすめするページタイトルの文字数

当社がおすすめするページタイトルの文字数は25文字から32文字で、できれば30文字以内で作成しましょう。

ページタイトルが省略されてもSEO効果はありますが、サーチエンジンは検索結果でのクリック率にもSEO効果を与えていて、検索ユーザーが気になるキーワードが省略されていてはクリック率の最大化を図れません。

そのため、理想は25文字から30文字、ページタイトルをどうしても調整できなかった場合は、32文字以内と考えることが、もっともSEOに強いと多くの会社に提案をしています。

ページタイトルの書き方

どのようにしてページタイトルを書けば良いかを解説します。

titleタグの位置

ページタイトルとは、titleタグ内に記述されたコードのことを言い、titleタグをどこに記述すれば良いのかですが、<head>・・・</head>内であればどこでも問題はありません。

titleタグの位置

従来は、<head>の中でも少し上部に記述しなければ、サーチエンジンの認識がスムーズに進まなかったのですが、昨今のサーチエンジンは高い認識能力を持っているので、<head>内であれば、どこにあってもスムーズに認識することができます。

ページタイトルの記述法

ページタイトルの記述法は以下です。

<title>大阪のホームページ制作会社セブンデザイン</title>

WordPressにAll in One seoを導入したホームページは2ヶ所から設定ができます。

トップページ

トップページはAll in One seo>検索の外観>全体設定にページタイトルを記入する欄があります。

All in one seoでトップページのページタイトルを定める

下層ページは、編集画面の「タイトルを追加」の箇所がページタイトルになります。

WordPressのページタイトルの記述位置

各ページで固有のページタイトルを作成する

サーチエンジンは、他のページと同じテーマや文言のページを嫌う傾向があります。

それは、検索結果で同じ会社が運営している同じ内容のページが出てくると、検索ユーザーの利便性が低下すると考えているからです。

すなわち、それぞれのページで固有の情報を掲載しているホームページのSEO効果を高めているのですが、固有の情報が書かれているページであれば、タイトルも当然異なってきます。

そのため、ページタイトルは固有のものでなければならないと認識することが大切です。

ちなみに、SEOに取り組んでいるホームページでは、似たテーマのページを作成したい場合は、新規ページを作成する予定のコンテンツを似たテーマのページにリライトで追加することがおすすめです。

SEOキーワードの使い方

ページタイトルを作成する際には以下の3つのポイントを意識しましょう。

SEOキーワードは左に書く

SEOキーワードはできる限り左に記載しましょう。

ホームページを閲覧しているユーザーは、左から右に文章を読んでいるので、左にある方が強調されて検索結果でクリックされる可能性が高くなります。

さらに、サーチエンジンもそれを認識しており、左にあるキーワードの方がSEOで高い評価をしています。

SEOキーワードを詰め込み過ぎない

1ページに複数の重要なSEOキーワードがあっても、多くのキーワードを詰め込むのは辞めましょう。

キーワードを詰め込むと、1つのキーワードに対してのSEO効果が弱まったり、キーワードが詰め込まれたページタイトルではユーザーが魅力的に感じてくれず、クリック率を高めることができません。

原則、現在のSEOは1ページに固有の1ワードと言われており、ページタイトルに使うSEOキーワードは、多くても2つ、通常は1つと認識しましょう。

SEOキーワードの関連キーワードを含める

重要なSEOキーワードと関連したキーワードをページタイトルに含めましょう。

関連キーワードとは、例えば、「ページタイトルとは?」というページがあった場合に、ユーザーが一緒に利用するキーワードのことを指しています。

この関連キーワードは、Webマスターが考えることも大切ですが、Googleのサジェストキーワードを利用するとスムーズです。

サジェストキーワードの調べ方

Googleの検索ボックスにSEOキーワードを入力して、検索ボックスをクリックすると表示されるフレーズがサジェストキーワードになります。

これらのサジェストキーワードを見て、ページ本文で利用ができそうなものをピックアップして、ページタイトルに含めることで、Googleからより詳しいページと判断されるようになるので、SEO効果を高めることが可能です。

ページの内容を要約する

ページタイトルは本文の要約でなければなりません。

例えば、当ページは、「ページタイトルとは?」がページタイトルですが、そこでSNSや広告について解説していると、「ページタイトルとは」が要約ではなくなってしまいます。

要約ではなくなったページタイトルは、サーチエンジンからの評価を落とすことはもちろん、検索ユーザーが訪問したとしても、ブラウザバックで検索結果に戻ってしまいます。

サーチエンジンはユーザー行動を重視していると紹介しましたが、このブラウザバックで検索結果に戻ることはSEOで大きな減点になっています。

ブラウザバックすると言うことは、ユーザーニーズに応えることができていないページとGoogleから判断されるので、検索順位を落としてしまうのです。

すなわち、要約ではないページタイトルは、SEOとして減点、そしてユーザー行動で、SEOの減点と直帰者数の向上からコンバージョン率の低下を招いてしまうので、SEOだけではなくサイト全体で大きなマイナスと言えるでしょう。

検索結果をイメージする

ページタイトルを作成する際には、検索結果をイメージすると良いでしょう。

検索結果で上位のホームページよりも魅力的なページタイトルを作成

当ページで言えば、【ページタイトルとは】で検索を行い、上位表示サイトのページタイトルを確認して、5位に表示されたときに、1位から4位のホームページよりもユーザーがクリックしてくれそうなページタイトルを作成します。

どんなに1位表示されたとしても、ユーザーがクリックしてくれなければ、訪問者を集客することができませんし、検索結果でのクリック率が低いと、SEO効果も次第に下がっていきます。

そのため、SEOキーワードでの検索を行い、検索結果の確認は必須と言え、ライバルサイトよりも魅力的なページタイトルを作成することで、最大のSEO効果を得ることができます。

ページタイトルを見直すタイミング

ページタイトルは作成して終わりではなく、定期的にリライトが必要になるのですが、どのタイミングでリライトが必要になるかを解説します。

検索順位を上げたいとき

検索順位を上げたいページがある場合に、本文をリライトする前に、まずはページタイトルに問題がないかを確認して、あれば改善してからSEO効果のチェックを行いましょう。

本文をリライトすることは大切ですが、1ページのリライトであったとしても、多くの時間がかかるので、できればページタイトルだけの変更でSEO効果を高めるのが良いと思います。

実際に、ページタイトルだけを変更して、大きくSEO効果を伸ばした事例は、Twitterで公開されているので、上記を参考にして、まずはページタイトルの改善から取り組み、ページタイトルの改善だけで検索順位が上がらなかった場合に本文のリライトを行うのが効率的なSEOと言えます。

平均CTRを高めたいとき

GoogleサーチコンソールでCTRを確認

Googleサーチコンソールを使って、CTRを確認します。

CTRを高めるためには、検索順位も影響を与えているので、検索順位が高いのにCTRが低いページをリストアップして、ページタイトルを改善します。

これまでさまざまなホームページに対して、CTRの改善提案を行ってきましたが、もっとも影響力が高いのがページタイトルになっています。

CTRの改善は1度で期待通りの成果を得ることは難しいので、中長期期間改善を継続することが大切で、CTRの改善に成功すれば、サイト全体のSEOにも良い影響を及ぼすことができるでしょう。

ページタイトルに関係する用語解説ページ

ページタイトルと関係する用語を解説しているページを紹介します。

meta description 検索結果に表示されるページの要約文
メタキーワード ページで重要なキーワードのこと

まとめ

ページタイトルについて解説しました。

ページタイトルは、検索結果でのクリック率やSEOに大きな影響を与えるので、ホームページの集客力を高めるには必須のコンテンツと言えます。

ページタイトルってどうやって作れば良い?とお悩みの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る