セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 公開日: 最終更新日:

ポータルサイトとは?メリットや種類、利益を上げる方法、対策法を解説

ポータルサイトとは、インターネットの玄関口として、多くの情報やサービスにアクセスできるホームページのことを指しています。

2024年現在、Yahoo! JapanやGoogle、食べログなどの大手ポータルサイトが既に存在しているため、新たにポータルサイトを制作しても、すぐに大きな成果を上げるのは難しいかもしれません。

しかし、適切な戦略と努力次第で、ポータルサイトから期待以上の成果を得ることが可能です。

当ページでは、ポータルサイトとは何かや、メリット、種類、利益を上げる方法、コンバージョンを増やすための対策法について解説します。

ポータルサイトとは

ポータルサイトとは、インターネットの玄関口として、多くの情報やサービスにアクセスできるホームページのことを言います。

ブラウザを開いて最初に訪れるホームページがポータルサイトで、例えば、インターネットで情報を検索したいときに使うGoogleやYahoo! JAPANなどのサーチエンジンが当てはまりますが、ポータルサイトはサーチエンジンだけではありません。

特定のニーズに対応したポータルサイトも数多く存在し、例えば、飲食店を探すときは食べログや一休が、美容室を探す場合はHOT PEPPER Beautyや楽天ビューティがポータルサイトになります。

このように、ポータルサイトにはさまざまな種類があり、ユーザーが特定のアクションを行うための情報やサービス、仕組みを提供しています。

ポータルサイトを制作するメリット

ポータルサイトを制作することで、さまざまな利益を得ることができます。

例えば、美容室を探している方が、サーチエンジンで期待通りの検索結果が得られなかった場合に、楽天ビューティやHOT PEPPER Beautyなどのポータルサイトを利用します。

なぜユーザーは絞り込まれたポータルサイトを利用するかというと、特定の業界に絞っているポータルサイトでは、具体的な条件で検索できるため、利用者にとって便利だからです。

このようにポータルサイトは便利であるため、固定ファンが付きやすいというメリットがあり、ポータルサイトを運営することで、訪問者数やページビュー数(PV数)が一般的なホームページよりも多くなる可能性があります。

つまり、人気のあるポータルサイトに育てれば、訪問者数やPV数が多いため、登録企業と共同でイベントを開催したり、広告を掲載するなど、さまざまなビジネス展開が可能になり、多くの利益を上げることができます。

ポータルサイトの種類

一言でポータルサイトと言っても、さまざまな種類があり、当ページでは、どのようなポータルサイトがあるのかを詳しく解説します。

総合型ポータルサイト

総合型ポータルサイトで、多くの方がご存じなのがYahoo!Japanになります。

Yahoo!Japanには、検索以外にも天気やニュースなどさまざまなコンテンツが用意されており、特にタブボタン内のニュースは見られることが多く、その日のニュースをあらかた知ることができます。

Yahoo!Japan

つまりYahoo!Japanは総合ポータルサイトとして、多くの情報が網羅されたホームページと言えます。

サーチエンジン型ポータルサイト

サーチエンジン型ポータルサイトとして、もっとも有名なのはGoogleです。

Googleは、検索に特化したポータルサイトになっており、知りたい情報を入力すると、検索クエリに対して関連性が高いページを表示してくれます。

また、最近では、Googleの検索画面内に検索以外にもおすすめニュースが表示されており、単に検索ができるだけのサーチエンジン型ポータルサイトではなくなってきています。

Google

地域型ポータルサイト

地域型ポータルサイトはあまり目にした経験がない方も多いかも知れません。

地域型ポータルサイトとは、特定の地域に絞ったお店や会社、観光スポットを紹介するポータルサイトになり、その地域についての情報が網羅されています。

当社もあまり見たことがありませんが、大阪であるため、枚方つーしんと呼ばれるポータルサイトの存在を知っています。

枚方つーしん

枚方つーしん内にコンテンツを作成することで、用意されている検索ボックスで検索すると、枚方つーしん内でキーワードに該当したコンテンツがリスト化されて表示されます。

特に飲食店などの新しいお店に取材を行いコンテンツを作成することで、店舗としても顧客としても魅力的な情報配信になっているので、存在を知っている方の多くがリピート訪問しています。

専門型ポータルサイト

専門型ポータルサイトは、多くの方が利用しているのではないでしょうか。

例えば、美容室であればホットペッパービューティー、不動産であればSUUMOが有名です。

ある特定のジャンルに絞ったポータルサイトを公開することで、ポータルサイトのテーマで探し物をしたいと考えているユーザーに便利な検索システムを提供することができます。

サーチエンジンとの違いとしては、サーチエンジンは広くその業界についてのホームページを発見することができますが、自分のニーズと異なるホームページも多く表示されてしまいます。

しかし、専門型ポータルサイトでは、絞り込み検索が行えるので、自分のニーズに合った情報だけを検索結果に表示させることができるので、その中から希望通りのお店を見つけることができるのです。

口コミ型ポータルサイト

口コミ型ポータルサイトとは、実際に商品やサービスを利用したり、店舗に訪れたユーザーが、口コミを書き込めるポータルサイトのことを言います。

代表的な口コミ型ポータルサイトには価格.comがあり、価格.comを見ることで、購入したい商品の口コミの確認や最安値で販売している店舗を知ることができます。

価格.com

ユーザーにとって口コミは、企業が発信しているコンテンツよりも信頼性が高いと判断される傾向があるので、ユーザーとして魅力的なポータルサイトであると言えます。

ポータルサイトで利益を上げる方法

ポータルサイトではどのようにして利益を上げることができるのかを解説します。

広告枠の販売

ポータルサイトの広告枠の販売は、月額いくらという契約になっており、そこまで高い金額は設定することができませんが、安定収入に繋げることができます。

ただし、広告枠を購入してもらうためには、訪問者数やPV数が多くなくてはならず、例えば、食べログのようにポータルサイトの訪問者数とPV数、登録店舗数を紹介して、魅力に感じてくれた方が広告枠を購入してくれます。

食べログなどの大手ポータルサイトであれば、営業活動をしなくても、顧客の方から問い合わせをしてくれることも多いですが、一般的にはテレアポやメールなどを使った営業活動が必要です。

クリック型広告

クリック型広告とは、広告がクリックされると利益が発生する種類になり、Googleアドセンスが有名です。

Googleアドセンスは、Googleの審査が必要になりますが、アフィリエイト広告よりも、収益に結びつきやすいという特徴があり、ポータルサイトの閲覧の邪魔にならない箇所にクリック型広告を配置することで、多くの利益を生み出せる可能性があります。

ただし、クリック型広告は、プログラムで広告が表示されているので、競合のポータルサイトが広告に表示される可能性や、まったくユーザーニーズと異なる広告が表示される可能性もあるので過剰に目立たせることはおすすめできません。

固定費での掲載

店舗などの情報を掲載するのに、月額いくらという固定費での掲載スタイルを取るポータルサイトも多いです。

ただ、固定費で掲載できるポータルサイトは、掲載を希望している方にとって、その予算を出してでも掲載するメリットがあると感じさせることが大切です。

そのため、いきなり固定費での掲載を謳ったとしても、訪問者数やPV数が少ないので、掲載してくれる企業はほとんどなく、ポータルサイトの訪問者数が増えてからでなければ利益を上げることができません。

成果報酬での掲載

成果報酬での掲載では、お店の情報を登録すること自体は無料ですが、成果が発生した場合に、利益が生まれるビジネスモデルです。

固定費での掲載よりも成果報酬の方が高く設定されていることが特徴で、成果数に応じた支払いになるので、掲載を検討中の会社としても登録がしやすい特徴があります。

ポータルサイトのコンバージョンを増やすために

ポータルサイトについて大まかに理解ができたと思いますが、これからポータルサイトを制作する方は、闇雲に制作・運営を行っても十分なコンバージョンを獲得することはできません。

では、どのようなポータルサイトを制作・運営すれば良いかを解説します。

制作時に運営のしやすさを追求する

ポータルサイトを制作する際には、運営のしやすさを追求しましょう。

例えば、ポータルサイトに掲載するお店の更新は、運営会社が行うのか、それとも店舗にしてもらうのかを明確に定めて、どちらの場合でも運営効率が高いポータルサイトを制作することが大切です。

ポータルサイトは、通常のホームページよりも複雑になっているので、後から改修すれば良いと考えていると、必ずどこかでトラブルが発生します。

そのため、ポータルサイトを制作する際には、企画段階でできる限り詳細な内容を打ち合わせ、それらをすべて達成できるポータルサイトを制作しましょう。

テーマを絞ったポータルサイトを制作

ポータルサイトを制作する際には、必ずテーマを絞りましょう。

サーチエンジン型ポータルサイトではGoogleが、総合型ポータルサイトではYahoo!Japanにすでに大半のシェアを獲得してしまっています。

そのため、ポータルサイトからコンバージョンを得るには、地域型や専門型などのテーマを絞りましょう。

もちろん、当社で言えば、美容関係についての知識が浅いのに、美容関係のポータルサイトを制作しても、コンテンツ作成が難しくなり、コンバージョンを獲得することができないので、それぞれの会社で得意なテーマを定めることが大切です。

集客力を高める

ポータルサイトでコンバージョンを得るためには集客力が大切です。

どんなにデザイン性が優れたポータルサイトであったとしても、ユーザーが訪れなければ、コンバージョンを獲得することはできません。

これまでポータルサイトを制作してきた経験で見ると、ポータルサイトの集客で多いのが、SEOとSNSを使った集客対策で、ポータルサイトで利益を上げられるようになった段階で、広告出稿を行う会社が多いです。

良質な情報量を豊富にする

ポータルサイトは、情報量が豊富でなくてはならず、訪問者が知りたい良質な情報が網羅されていなければなりません。

例えば、美容室のポータルサイトにアクセスしたときに、単に美容室のホームページへとリンクが掲載されているポータルサイトを魅力に感じてくれるユーザーはいないでしょう。

そのため、ヘアカタログや、ポータルサイトに登録している店舗の口コミなど、訪問者が見て役立つコンテンツを網羅することで初めて、多くのユーザーが利用するポータルサイトへと成長するのです。

ユーザー導線を意識

一般的な会社のホームページに比べて、ポータルサイトは特にユーザー導線を意識しましょう。

例えば、あるお店の紹介ページを見ているユーザーが、そのお店は違うと思った場合に、異なるお店の紹介ページへと移動できる内部リンクの設置が必要です。

さらに、ポータルサイト運営会社が更新しているブログページを見ているユーザーに対しては、この記事のテーマに合うお店を一覧から探すなどの内部リンクでお店検索ページへと誘導することも大切です。

ポータルサイトは、一般的なホームページよりも大規模になっているので、ユーザーが求めているページを発見できる可能性がそれほど高くないので、ユーザー導線を考えて、内部リンクで誘導していくことが大切です。

まとめ

ポータルサイトとは何かを解説しました。

現在、インターネットには、多くのポータルサイトが存在しているので、これからポータルサイトを制作したとしてもすぐに成果を実現することは難しいかも知れません。

しかし、良質を意識したり、適切な集客対策を行っていれば、まだまだ十分に利益を上げることができます。

ポータルサイトって何?とお思いの方の参考になれば幸いです。

記事一覧に戻る