セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.11.02

WordPressのサイトヘルスステータスとは

WordPressの管理画面にアクセスすると、サイトヘルスステータスという項目があります。

サイトヘルスステータスには、改善が必要というメッセージが表示されるケースもあり、ウェブマスターとしては、改善しなければホームページの成果が高まらないや、安全ではないのかと焦ってしまうことがあると思います。

当ページでは、ホームページの安全性を高めることを目的として、サイトヘルスステータスとは何かや、よくある問題点を紹介させていただきます。

サイトヘルスステータスとは?

サイトヘルスステータスとは、WordPressの管理画面にアクセスすると表示されている情報です。

サイトヘルスステータスには、良好と改善が必要という2つのステータスのどちらかが表示され、改善が必要と出ている場合には、「サイトヘルス画面上の〇項目をご確認ください。」というメッセージに内部リンクが設置されています。

この内部リンクをクリックすることで、「〇件の致命的な問題」と「〇件のおすすめの改善」というカテゴリー分けで、具体的な改善ポイントが表示されます。

サイトヘルスステータスは、WordPressを実装しているホームページの安全性を高めるために、2019年2月21日にリリースされたWordPress5.1から実装された機能になっています。

では次に、WordPressのサイトヘルスステータスに表示されるよくある問題点を紹介します。

サイトヘルスステータスのよくある問題法

WordPressの更新が可能です

WordPressで新しいバージョンがリリースされた場合は、サイトヘルスステータスに、バージョンアップの警告が表示されます。

一般的に当社のホームページ制作では、半年に1回以上はWordPressのバージョンアップを実施していて、これまでこのペースでもホームページに不具合が発生した経験がありません。

ただ、WordPressのバージョンアップは、セキュリティ対策としての重要性が高いので、サイトヘルスステータスを確認して、もし新バージョンがリリースされていれば、ホームページ制作会社に何かを依頼するついでにバージョンアップも行ってもらうようにしましょう。

更新可能なプラグインがあります

プラグインに新バージョンがある場合に表示される警告です。

WordPressと同様に、プラグインでもセキュリティ対策としてバージョンアップが必須になっているので、実装しているプラグインにバージョンアップ版がある場合は、行うようにした方が良いでしょう。

ちなみに、制作実績のホームページでは、プラグインだけをバージョンアップした経験はなく、WordPressと一緒のタイミングでプラグインのバージョンアップも行っています。

停止中のプラグインを削除してください

何かしらの理由で、停止中にしたWordPressのプラグインがある場合に表示される警告です。

WordPressのプラグインを停止中にしていたとしても、ホームページには実装されているので、ウイルスのターゲットになってしまう可能性が高くなります。

そのため、WordPressに実装したプラグインは、利用していないプラグインは無効化ではなく削除を行うことで、ホームページのセキュリティを高めることが可能になります。

更新可能なテーマがあります

更新可能なテーマがある際に表示される警告です。

テーマのバージョンアップもセキュリティ対策には重要な要素になっているので、利用していないテーマであってもバージョンアップをしっかりと行ったほうが良いでしょう。

停止中のテーマを削除してください

停止しているテーマがある場合に表示される警告です。

ホームページ制作会社に依頼したホームページでは、オリジナルテーマの作成を行い、利用していないテーマは削除してくれているので、表示されることはないと思います。

ただ、万が一、サイトヘルスステータスに停止中のテーマを削除してくださいと出ていた場合は、ホームページ制作会社に確認を取ったうえで、削除を行うことで、セキュリティ対策とすることが可能です。

サイトが古いバージョンのPHPを実行しています

一般的なホームページ制作はHTMLですが、WordPressはPHPで制作しており、ホームページで利用しているサーバーのPHPのバージョンが古い場合に表示される警告です。

PHPのバージョンアップは頻繁に行う必要はありませんが、4,5年に1度は実施したほうがセキュリティホールを改善できるので、ホームページの安全性を高めることが可能です。

PHPのバージョンアップは、レイアウト崩れや一部機能が動かなくなる可能性もあるので、お客さまだけで行うのではなく、ホームページ制作会社に相談するようにしましょう。

まとめ

WordPressのサイトヘルスステータスについて紹介しました。

WordPressのサイトヘルスステータスは、主にセキュリティ対策となる項目が多くなるので、リアルタイムで行う必要はないにしても、年に2,3回は行う必要があると認識を持つようにしましょう。

また、お客さまだけで実施してしまうと、ホームページのレイアウト崩れや一部機能が正常に動かなくなる恐れがあるので、ホームページ制作会社に依頼することが大切です。

WordPressのサイトヘルスステータスって何?とお思いの方の参考になれば幸いです。