セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.04.10

WordPressサイトをバージョンアップするメリットとデメリット

WordPressでホームページを制作したら、定期的なバージョンアップが必要になります。

WordPressは、世界でもっともユーザー数が多いホームページの更新システムになるのですが、言い換えれば、世界でもっともウイルスのターゲットになりやすいと言えます。

今回は、WordPressでホームページを制作したときに、バージョンアップを行うメリットとデメリットを紹介します。

WordPressをバージョンアップするメリット

セキュリティーレベルの向上

WordPressのバージョンアップを行うことで、ホームページのセキュリティレベルが向上します。

過去に当社がWordPressを利用して、ネットショップを作成したお客さまが、公開後に5年ほどバージョンアップを行っていませんでした。

そうすると、ある日お客さまのホームページがウィルスに感染してしまい、1ヶ月もの間、ネットショップを閉鎖する羽目になり、売上の損失は1千万近くにも上っていると聞いています。

このように、WordPressは世界でもっともサイバー攻撃のターゲットになる可能性があるので、定期的に予算をかけてでもバージョンアップを行っていく必要があります。

実際に、その事例では、本来得ることができた売上の1千万円の他にも、ウイルスの原因の調査と改善作業で50万円近くの予算が必要になっています。

もし、年に1度でもバージョンアップを行っていれば、通常通り1千万円の売上を上げることができていたので、大きな損失と言えます。

WordPressのバージョンアップは、高かったとしても、1回当たり数万円で行うことができるので、WordPressでホームページを制作したら、安心で安全なホームページ運用のためにも、定期的なバージョンアップを行わなくてはなりません。

ウェブブラウザへの対応

当社がWordPressでホームページを制作したお客さまの事例ですが、ホームページを公開して1年が経過したときに、IEで管理画面にログインできないという不具合が発生しました。

この事例では、古いバージョンのWordPressと最新バージョンのIEで互換性がなくなったため、管理画面にログインができなくなってしまっています。

ブラウザでログインができなくなった事例は、この1件だけになっていますが、今後は絶対に発生しないとは言い切れません。

ちなみに、現在そのお客さまは、年に1度はWordPressのバージョンアップを行っています。

Webマーケティング施策への対応

分かりやすい例で紹介すると、従来の画像はJPGとPNG、GIFの3つが基本でした。

しかし、最近では、WebPを利用するホームページも増えているのですが、古いWordPressのバージョンを利用していると、WebP画像をアップロードすることができません。

また、さらには、最近よく見かけるTwitterなどの埋め込みなども、古いバージョンのWordPressでは対応することができません。

このように、最新のWebマーケティングに対応するにも、バージョンアップが不可欠になります。

WordPressをバージョンアップするデメリット

予算がかかる可能性

WordPressをバージョンアップすると、まれにレイアウトが崩れてしまう恐れがあります。

そのため、お客さまだけでWordPressのバージョンアップを行うことはおすすめではなく、ホームページ制作会社のサポートを受けることが大切です。

一般的に多くのホームページ制作会社はWordPressの定期バージョンアップサービスを提供しており、月額2万円前後の予算で、常に最新のバージョンのWordPressとすることが可能です。

SEO効果が落ちる可能性

WordPressのバージョンアップを行うと、ソースコードのタグが書き換えられる可能性があり、タグが崩れた結果、SEO効果が落ちる可能性があります。

ホームページ制作会社に依頼をしていれば、適切な確認作業を行ってくれると思うので問題はありませんが、自社でWordPressのバージョンアップを行う際には、ブラウザでの見栄えだけではなく、ソースコードの確認も行ったほうが良いでしょう。

WordPressのバージョンアップを行うタイミング

ホームページリニューアルのタイミングに実施

当たり前ですが、ホームページをリニューアルする際には、最新のWordPressを実装しましょう。

ただし、最新版であれば良いということはなく、例えば、今日WordPressを実装する予定をしていて、今日最新版がリリースされた場合であれば、不具合が発生しているリスクも考えて、1つ古いバージョンのWordPressを実装します。

もちろん、Web制作会社が勝手に行うのではなく、お客さまへの確認は必須になっていますが、これまで多くのホームページに提案をしてきた限りで言うと、最新版を無理に使うよりも、安全性を考えることの方が重要だと思っていただくことができています。

リアルタイムで行う

多くのWeb制作会社は、WordPressのバージョンアップを行う保守・メンテナンスサービスを提供しており、保守・メンテナンスサービスを利用いただくことで、最新のWordPressのバージョンがリリースされれば、すぐにバージョンアップを行うことが可能です。

WordPressの新バージョンは、新しい脆弱性が発見された場合に、リリースされているので、リアルタイムでバージョンアップを行えば、ウイルス感染の可能性を0に近づけることが可能です。

半年に1回

制作実績のホームページで、もっとも多い依頼が、半年に1度行うWordPressのバージョンアップです。

リアルタイムでバージョンアップを行ったほうがウイルス対策としては万全と言えますが、WordPressのバージョンアップはいつ行われるかが分からないため、予定が組みづらくなっています。

例えば、リアルタイムのバージョンアップを行う保守・メンテナンスサービスを申し込んでいるのに、1年間で4回しかバージョンアップ版がリリースされなければ、予算の無駄になってしまいます。

そのため、半年に1度のバージョンアップを申し込んでいただくことで、お客さまは予算に無駄なく、WordPressをバージョンアップすることができます。

また、制作実績のホームページで見ても、半年に1度のWordPressのバージョンアップでも大きな問題が発生したことはないので、ウイルス感染の可能性はほぼないと言っても良いでしょう。

大きなバージョンアップがあったら実施

WordPressのバージョンアップのタイミングとして、必ず行わなくてはならないのは、大きなバージョンアップがあったときです。

マイナーアップデートであれば、変更箇所も少ないので放置していても問題がないですが、メジャーアップデートは大きな変更が加えられているので、メジャーアップデートがあった場合に、バージョンアップを行うだけでも、十分にセキュリティ対策として機能します。

まとめ

WordPressでホームページを制作したら、バージョンアップは必須と言っても過言ではありません。

これまでの制作実績で見ても、WordPressのバージョンアップは、数万円程度で収まるケースがほとんどですし、さらには当社にご依頼いただいている企業では、半年や年に1度の作業になっています。

Web制作会社によっては、月額プランを用意していることもあり、月額プランを利用すれば、常に最新のWordPressを利用することが可能です。

当ページをご覧の方で、WordPressでホームページを制作した企業は、ぜひバージョンアップを実施しましょう。