セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2022.12.02

酒造メーカーのホームページは商品ページが重要

酒造メーカーとの出会いは、近隣の大阪でのホームページ制作という縁から始まりました。兵庫県、特に神戸周辺には多くの酒造メーカーが存在し、その中から一つのメーカーが当社を選び、ウェブマスターの採用を背景に、SEOを前提とした効果的なホームページの制作を依頼してきました。このような背景を持つお客様のニーズに、当社はしっかりと応えて参ります。

酒造メーカーのホームページ制作法

酒造メーカーのホームページ制作に関わった経験をもとに、その真髄をお話ししたいと思います。酒造メーカーの中心となるのは、やはり商品ページ。ここでの伝え方がブランドイメージを左右します。私たちが手掛けたホームページ制作では、二つのターゲット、すなわち「酒屋」と「エンドユーザー」の視点を持ち合わせて取り組みました。

酒屋には商材としての魅力を、エンドユーザーには商品の楽しみ方や背景を伝えることが必要です。特にエンドユーザー向けには、直接購入が可能なカートシステムを導入。これにより、商品詳細ページからのスムーズな購入体験を目指しました。

デザインに関しては、最初の提案はメーカーサイト風でした。しかし、クライアントの希望で「酒屋らしいデザイン」へとシフト。そこには、エンドユーザーへの商品の魅力を最前線で伝える意図がありました。そんな中、酒造メーカーとしての誇りや酒造りへのこだわりも忘れず、ウェブデザインに織り込みました。

さらに、ユーザーの動きや興味を的確に把握するため、アクセス解析のデータを最大限に活用するよう心がけました。具体的には、各項目ごとにページを分けることで、ユーザーがどの部分に興味を持ったのかを解析データから読み取れるよう工夫しました。これにより、サイトの改善点やユーザーのニーズに迅速に対応することが可能となりました。

ホームページ制作は、単に情報を伝えるだけでなく、クライアントのビジョンやユーザーの求める価値をしっかりとキャッチし、形にする作業です。酒造メーカーのホームページ制作を通じて、その深みや奥行きを再認識することができました。

酒造メーカーの集客はSEO1本

酒造メーカーのホームページ制作では、一見、スタッフブログの更新が重要に思われがちですが、当社としてのアプローチは少し異なります。私たちが手がけた酒造メーカーのホームページでは、製品詳細ページの重要性を再認識させられました。

何故かというと、ユーザーが最も関心を持つのは、そのメーカーが提供する製品そのものです。そこで、商品の詳細ページをきちんと作り込むことにより、SEO効果を高めることが可能となります。当社の制作過程では、すべての商品や、サイズのバリエーションごとのページを緻密に作成し、それによって上位表示を実現しました。

では、どのようにして製品詳細ページを充実させたのでしょうか。まず、ミーシーの基本概念を用いて、エクセルで全商品をロジカルに整理しました。これにより、商品の特徴や魅力を漏れなく、かつ重複せずに伝えることができました。そして、その整理されたデータを元に、公開前のホームページ制作中に、全商品を登録。これによって、SEO的にも充分なボリュームを持つホームページが誕生しました。

とはいえ、SEOの結果は100%保証されるものではありません。そこで、スタッフブログの存在も忘れてはいけません。スタッフブログは、ホームページに新しい情報を日々追加することで、SEO効果をさらに引き上げる助けとなるのです。ただし、更新の際は品質を重視。当社では、そのための原稿作成法のマニュアルを用意し、適切な更新スケジュールも提案しています。

そして、最後のポイントとして、被リンクの獲得が挙げられます。取引先の酒屋からの被リンクは、テーマが似ているためSEOに大きな影響を及ぼします。酒造メーカー自身でリンクをもらえる取引先をリストアップし、いくつかの被リンクを獲得。これもまた、SEO効果向上の一環となりました。

総じて、酒造メーカーのホームページ制作において、製品詳細ページの強化や適切な更新、そして被リンクの獲得は、SEO効果を最大化する鍵となります。

酒造メーカーのサイト運営法

酒造メーカーのサイト運営は、単なる商品の紹介以上の奥深さを持っています。ウェブ上での魅力的なプレゼンスは、取引先や消費者との信頼関係を築くための大切なステップとなります。

まず、酒屋との取引関係において、被リンクの取得は重要です。被リンクとは他のサイトから自分のサイトへのリンクを指します。取引先である酒屋との関係性を利用し、被リンクを取得する方法は一つのアプローチですが、ただリンクをお願いするだけでは、取りこぼしや最適なリンク配置を逃す恐れがあります。そのため、取引先のサイトをしっかりと閲覧し、最も効果的な場所に被リンクを設置してもらうようリクエストすることで、サイトの訪問者数や認知度を高めることができます。

また、商品紹介ページについても注意が必要です。このページは頻繁に更新するものではありませんが、商品の廃盤やスペックの変更など、微細な変更が必要とされる場面が年に数回は生じるでしょう。情報の正確性は消費者の信頼を得るために絶対的に必要です。間違った情報が表示されていると、信頼を失いかねません。そのため、一定の期間ごとにチェックを行い、必要に応じて情報の更新を行う体制を持つことが重要です。

スタッフブログの更新に関しては、酒造の情報や日常を綴ることで、消費者との距離を縮める効果が期待できます。ただし、日記形式での更新でも、その内容には質を求める必要があります。特に、文字数や画像の使用には注意が必要で、適切なバランスで情報を提供することで、訪問者の興味や信頼を引きつけることができます。

総じて、酒造メーカーのサイト運営においては、被リンクの取得や商品紹介ページの更新、スタッフブログの運営といった要素を適切に組み合わせることで、サイトの価値を高め、消費者や取引先との関係を強化することが可能です。

まとめ

酒造メーカーのホームページ制作で重視したのは、狙い定めたキーワードでの上位表示。特にトップページと商品ページでは顕著な成果を見ています。確かに、キーワードに応じたページのランキングが思い通りでない場合もありますが、全体的には高い流入を実現しています。また、ネットショップの成果も見て取れ、目標の売上への到達を喜んでいただけました。それに、酒屋からの直接の問い合わせは予想よりも少なめでしたが、これはネット上での販売の成功を示していると感じます。今後の提案として、ツイッターの活用を強くお勧めします。酒に関心のあるユーザーの集客が見込めるため、さらなる売上アップに繋がるでしょう。ウェブマスターの手間も少ないため、今後のツイッター運用の強化を進める計画です。