SEVEN DESIGN 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

  • 2022.12.10

権威性とは?SEOに大切なホームページ制作法

ホームページ制作前に知っておきたい権威性

権威性とは、誰が情報発信を行ったかになっています。

この権威性を意識することは、SEOに強いホームページ制作において非常に大切ですが、権威性を高めるには短期間では不可能です。

そこで今回は、当社がSEOに強いホームページ制作を行う際に、クライアントへ説明している権威についてご紹介をいたします。

権威があるホームページ制作とは

まず、権威があるホームページを制作できれば、E-A-Tが高まり検索順位が上がりやすくなっています。

しかしこの権威というのは、決して簡単につかず、誰が原稿を書いたかが重要視されています。

簡単に言うと、優れたと噂される人の方が、誰か分からない中小企業が制作したホームページよりも評価されるという訳です。

それはもっともだと思います。

実際に当社も、ホームページ制作やSEOに関する情報を見ていて、やはり権威がある方の方が信頼性が高いと思ってしまいます。

そして、これらをE-A-Tとして検索エンジンは評価をしていて、ややこしい話で、E-A-Tに関するアルゴリズムはないとグーグルは公表をしています。

要するに、どんだけ権威性を高めても、直接的にSEO効果は上がらない可能性が高いです。

ただ、上がりやすいという事実は存在していて、しっかりと高めるべき対象にはなっています。

では、どうすれば高められるかをご紹介したいと思います。

ホームページの権威性を高める手法

ホームページの権威性を高める方法をご紹介します。

リアルで頑張る

制作したホームページとは一切関係がありませんが、リアルでの広報活動などに力を入れましょう。

例えば、優れた商品やサービスを開発してプレスリリースを配信したり、ユーザー満足度が高いセミナーを定期的に開催するなどです。

もちろん、この他にも、ユーザーがインターネットに御社の良い情報を書いてくれる活動に力を入れましょう。

インターネットに書かれなくても良い行動ではあると思いますが、しかしグーグルはインターネットでしか判断が付きません。

そのため、インターネットに告知されないと、もちろんリアルの活動の結果、売上は向上しますが、検索順位が上がらなくなってしまいます。

当ページはSEOに大切なホームページ制作法であり、リアルで活動する際には、どうすれば他サイトに良い情報を書いてもらえるかを考えた活動が必要になっています。

大量の良質なウェブページを作成

広報活動などは大変だと思われた場合に、自社サイト運営を徹底して行っても権威性は高まります。

良質なウェブページ数を多く作成すれば、検索順位が高くなるウェブページも必ず存在してきます。

そしてこれらのウェブページ数を確実に増やせば、この分野で検索を行ったら、必ずこの会社が上位に表示されると認識してくれるようになります。

さらには、ソーシャルメディア運用を行っていると、そこからの流入数も増やせます。

そして、それぞれのコンテンツが優れていれば、自然と、この分野ならこの会社というブランディングができるようになります。

ブランディングを行えれば、御社が他サイトで告知される確率は一気に高まり、権威性を向上させられます。

ただ、実際に、弊社がホームページを制作して運用サポートをしていても、ブランディングまでを行うのは相当大変な労力が必要です。

ツイッターなどのソーシャルメディア運用

最近よく見かける対策が、ツイッターなど、ソーシャルメディアを運用して、権威性を上げる手法です。

ソーシャルメディア運用では、フォロワー数を増やすことが非常に大切です。

そしてフォロワー数を確実に増やせる運用を継続していると、ある日ソーシャルメディアブランディングに成功します。

実際に、当社がこれまで見てきた限りで言うと、ソーシャルメディアで成功した企業のSEO効果は非常に高いです。

弊社が見てきた事例で言うと、もともとは、ホームページは制作しておらず、ツイッターだけで活動していた企業がありました。

当然、当初は、誰も知らないアカウントでしたが、良質なコンテンツを提供し続けて、確実にフォロワー数を増やしていました。

そして、フォロワー数が5,000人を超えたあたりで、ホームページを制作して公開していました。

当初は、シングルページしかありませんでしたが、あるタイミングで、スタッフブログを追加させ、週1くらいのペースで更新業務をされています。

そうすると、1ヶ月後くらいに、実は作成した大半のウェブページが上がっていました。

実際に、ウェブページ数としては10ページくらいです。

その理由を調査してみると、確かにウェブページ数は少ないですが、被リンク本数がえげつないくらい多くなっていました。

ただ、10ページ前後で、結構難易度が高いSEOキーワードで上位表示ができているというのは本当に凄いです。

これはおそらく、コンテンツの質や被リンク効果もあるとは思いますが、権威性が高く、上がりやすいホームページだったからだと思っています。

良い噂をして貰えるように徹底したサポート

最後に、単に商品を販売したり、サービスを提供するだけではなく、サポートをしっかりと行うのも良い対策です。

実際に、ホームページ制作経験で、もっともSEO効果を出した企業は、被リンク本数こそ少ないですが、良い噂がインターネット上に多くあります。

具体的には、ECサイトになっていて、個人ブログやソーシャルメディアなどで、この会社に頼んで良かったという記述が本当に多いです。

そちらのECサイトでは、SEOを目的として、日々新規ページ作成を行っています。

ただ、競合他社、すなわち上位表示を狙っている競合他社が、異常にウェブページ数や被リンク数が多いネットショップになっています。

そういった状況の中でも、実はサポートをしっかりと行い良い評判を獲得し続けた結果、被リンク対策なしで100ページ作成ほどで上位表示を実現しています。

そしてネットショップであり、顧客囲い込み対策として、マイページ作成やメルマガ配信、ポイント付与などさまざまな対策を行っていました。

その結果、評判が良く、さらにはユーザーサポートをしっかりと行っていて、検索からの訪問者数の成約率が非常に高くなっています。

さらに、リピーター訪問も多く、高い売上をキープできています。

このように、購入者に対するアフターフォローに力を入れれば、外部サイトで御社が告知され、権威性が高まる他、売上向上にも繋がります。

短期計画ではなく中長期計画で権威を高める

権威性を高めるには、短期計画ではなく、中長期計画を立てましょう。

短期では正直な話、期待通りに成果を得るのは難しくなります。

もちろん、上記のように手段はいくつかあります。

ただ、例えば、分かりやすい例として、リアルで広報活動を頑張ったと言っても、毎日プレスリリースを配信するわけにはいきません。

さらには、プレスリリースを配信後に、現状のリリース内容の問題点を検討して、効果的なプレスリリース原稿に変えなくてはなりません。

また、ソーシャルメディアを頑張ったとしても、まったく何もない状態で、アカウントを作るだけで、多くのファンを獲得できる事例はないでしょう。

ソーシャルメディアも同様に、まずは自社ウェブマスターが行う投稿内容を本当にユーザーニーズに最適化させるために、解析データを見て改善が必要です。

さらには、ソーシャルメディアでは、権威性を高めるには、戦略的な投稿が必須になっています。

もちろん、御社が打ち出すべき情報を打ち出すというのは前提にありますが、ユーザーが気になっているポイントを明確に投稿し続ける必要があります。

これらを徹底していけば、少しずつフォロワーを獲得していき、そして御社が打ち出す情報を見てくれるユーザー数を増やせば、権威性が高まります。

どの対策を行うにしても短期ではまず無理でしょう。

そのため、継続が最も大切だと理解をして、戦略と戦術策定を行う際には、1ヶ月などではなく、2年や5年計画を立てる方が良いでしょう。

権威性が高いホームページ

権威性が高いホームページを閲覧すると、どの企業も幅広く広報活動をしています。

例えば、SEOはもちろんですが、ツイッターとフェイスブック、インスタグラム、リンクトイン、グーグルビジネスプロフィールなど、多くのソーシャルメディア運用。

さらには、ユーチューブやリスティング、さらには有料広告、プレスリリース配信などを行っています。

もちろん、インターネットだけの話ではなく、リアルでセミナーを開催したり、異業種交流会に参加など、さまざまな営業や広報活動も行っています。

このように、理想は、広く、そして深く自社情報の告知によって初めて権威性が高まります。

もちろん、一般的な中小企業は、広く浅くなら何とか頑張れるかも知れませんが、不覚となるとかなりマンパワーとして厳しいでしょう。

そのため、当初にどういう活動を行うかをエクセルなどを使って、リストアップしてしまい、そのための作業量をしっかりと記載しましょう。

そして、現実的に継続して行える作業だけをピックアップして、継続していけば、必ず効果を発揮できるようになります。

もちろん、権威性が高まれば、SEO以外の成果も得られます。

そのため、SEOというよりも、自社の営業活動を行って、売上を上げた結果、検索順位も上がりやすくなったと認識するのがベストになります。

中小企業が行う対策には、マンパワーとして限界があります。

ただ、即効性を考えずに、しっかりと継続していけば、必ず向上し、SEO効果が向上しやすいホームページへと成長します。

権威が高いホームページ制作についての質問

最後に権威性の高いホームページ制作についてのよくある質問と回答をご紹介します。

権威性を高めるホームページ制作法は?

当社があまり得意とはしていない分野になりますが、ぱっと見の優れたウェブデザイン作成が重要になっています。

例えばですが、プレスリリースで配信されている原稿を読んでいて、リンクをクリックして、10年以上前に作られたウェブデザインを見たとします。

そのときに、ユーザー心理としては、100%ではありませんが、プレスリリースで内容が良かったと思ったことを忘れ、なんか古臭いホームページだなになってしまいます。

そうなってしまうと、非常に優れたプレスリリースにもかかわらず、成果が出る確率が一気に落ちてしまいます。

また、もちろん、ユーザーにとって分かりやすいサイトやページ構成、さらには原稿や画像なども重要です。

ホームページ制作法としては、細部までユーザー目線にこだわり、作り込みが重要になっています。

効果としてはどういう内容になる?

お客さまが期待する直接的な効果向上は見られないかもしれません。

ただ、権威性を高めた結果、問い合わせ数が増えるというのは間違いありません。

さらに、SEOとしての効果は、検索順位が上がるではなく、上がりやすくなるとご理解ください。

もし、権威性だけでランキングが上がれば、上場企業や巨大ポータルサイトに中小企業が上位にランクインすることは、まずできないでしょう。

ただ、確実に言える内容は、高まれば高まるだけ、検索順位が上げやすくなっていて、毎日少しずつでも良いので、継続した対応が求められています。

短期で結果を出せる?

現実的な話として不可能です。

例えば、初めて営業マンを雇用して、年の目標予算を1億円としても、大半の営業マンは予算目標を達成できません。

営業マンが、1億円を稼ぐには、各種資料を最適化したり、社内のサービス提供やサポート体制の見直し、さらには営業自身の知識レベル向上が必須です。

そして、権威性も同様です。

高めるには、どんな手法があり、それぞれでどんな対策が必要かを明確にして、そして継続した作業がどうしても必要になっています。

そのため、短期間で結果を出すのであれば、別の対策を行ったほうが良いと思われます。

ただ、権威性が高まった時の効果は、御社が期待するもの以上になっていて、別の対策を行うにしても、権威性向上対策も一緒に行ったほうが良いでしょう。

サイト運営で高めるには?

いくつかありますが、インターネットに限定していうと、SEOとソーシャルメディア運用、広告出稿など、さまざまです。

ただし、これらはあくまで集客対策になっていて、人は集められるけれども、ユーザーニーズに応えれなければ、まったく意味がありません。

そのため、制作したホームページ側の品質も意識していく必要があり、当社の特徴である集客と成約をバランス良く行う必要があります。

実際に飛躍的ではありませんが、当社実績でも、権威性が高まったクライアントはいくつかあります。

それらの企業のSEO効果と成約数は目を見張るものがあり、どんな集客対策を行うにしても、ルートごとに最適化作業を行いながら、コンテンツの質を高めていきましょう。

TOP