セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2024.05.27

Webマスターとは?仕事内容や求められるスキルを紹介

Webマスターとは、ホームページの運営・管理を行う役職のことを言います。

Webマスターがいない企業は、それぞれの方が思い付きでホームページの更新をしてしまうので、統一感がなかったり、ページごとにデザイン性が異なってしまうので、期待通りの成果を実現することができません。

当ページでは、Webマスターとは何かや、仕事内容、求められるスキルについて紹介します。

Webマスターとは

Webマスターとは、ホームページの運営・管理を行う役職のことを言い、会社の規模やホームページが向かう方向性によって、その仕事内容が異なってくるので、一概に何をすれば良いとは言い切れません。

ただ、どのような会社であったとしても、Webマスターが行う仕事内容は、そのホームページで得たい効果を明確にして、効果を得るための対策法の検討や実行を行うことになっています。

例えば、新商品がリリースされれば、新商品の情報をホームページに公開して、インターネットユーザーに宣伝したり、ホームページの訪問者数を増やすためにSEOやSNS運用の計画立案と実行を行うことがWebマスターの仕事です。

Webマスターは、ホームページを公開した後ではなく、ホームページ制作中から関わることが大切で、制作中から関わることで、より深くそのホームページのことを知ることができるようになるので、運営・管理を行いやすくなります。

Webマスターの仕事内容

具体的には、会社の規模やホームページで得たい効果などによって異なってくるので、当ページでは、一般論としてWebマスターが行う仕事内容を紹介します。

ホームページの方向性を定める

Webマスターは、ホームページの方向性として、得たい効果や、そのために必要な対策法を定めましょう。

例えば、多くある事例として、ホームページから問い合わせを獲得したいと考えれば、ホームページの集客と成約力を高めるための対策法を検討します。

また、単に方向性を定めるだけではなく、ホームページの集客と成約力を高めるには、ホームページの運営が必須になってくるのですが、その運営を誰がどのように行うかまでを考えなくてはなりません。

具体的な方向性を定めなければ、最初のころは順調に運営ができていたとしても、次第に運営をさぼりがちになってしまうので、ホームページから成果を出すことができなくなるのです。

ホームページ制作に参加する

Webマスターは、ホームページ制作に参加するようにしましょう。

Webマスターは、ホームページの運営や管理の仕事を行うので、どのようにホームページが制作されているかを理解することが大切です。

もちろん、HTMLやCSSなどのソースコードの記述法までを理解する必要はありませんが、どのようにしてホームページが作られているのかなどの全体像を把握することは大切です。

全体像を把握することによって、イレギュラーな問題が発生した場合でも、落ち着いて適切な対応が行えるようになります。

ホームページが抱える問題点の発見

Webマスターの仕事として、メインになるのが、ホームページが抱える問題点を発見することになります。

ホームページから得たい成果が出ない理由を探して、その理由を改善するための方向性を定めることによって、期待通りの成果が出るホームページへと成長します。

ホームページが抱える問題点の発見は、Webマスターが目視で検討することも重要ですが、アクセス解析ツールも併用することで、数値データとしてなぜ成果が出ないのかが分かるので、具体的な対策法を思いつきやすくなります。

Webマスターに求められるスキル

仕事内容を実行するために、Webマスターが持っておきたいスキルを紹介します。

ホームページ制作の基礎知識

Webマスターは、新規でHTMLやCSSなどのソースコードの記述までは行えなくても良いですが、ちょっとした手直しであれば行えるだけのホームページ制作の基礎知識を身に着けることが大切です。

ソースコードを記述することはできないけれども、読むことはでき、簡単な内容であれば自分でも修正できるようにすることで、ホームページ運営をスムーズに行えるようになります。

また、さらにはドメインやサーバーについての基本的な知識を持つことによって、スムーズな公開が行えるようになるので、ホームページ制作に関するスキルを身に着けるようにしましょう。

ライティングのスキル

Webマスターは、ライティングスキルを身に着けるようにしましょう。

ホームページから成果を出すには、コンテンツの品質が高いことが前提になってくるので、ライティングスキルが0のWebマスターでは、成果を出すことが難しくなります。

プロのWebライターのような正しい文法で魅力的な表現や技法を活用する必要はありませんが、どのようなライティングを行えば、訪問者が魅力的に感じてくれるかを考えたライティングスキルの習得は必要です。

ちなみに、このライティングスキルは、勉強を行うことも大切ですが、勉強する時間が取れないというWebマスターであれば、普段からライティングスキルを高めることを意識したホームページ運営を継続しているだけでも高い効果を発揮します。

集客の知識

ホームページから成果を出すためには集客対策が必須です。

ホームページの集客法には、SEOやリスティング広告、SNS運用など、さまざまな方法があるのですが、すべての集客ルートで異なる対策が必要になってきます。

そのため、Webマスターは、自社サイトの集客ルートに対しての知識を身に着けることが大切で、Webマスターが知識を身に着けることによって、効率よく見込み顧客をホームページに集客できるようになります。

コミュニケーション能力

Webマスターは、自分1人でホームページの方向性や対策法を検討するだけではなく、社内の複数人のWebマスターとの打ち合わせや、ホームページ制作会社との打ち合わせが必要になります。

そのため、Webマスターと言えども、コミュニケーション能力が必要になり、自分が考えている内容を他の人に適切に伝えることによって、より効果的な対策が行えるようになります。

コミュニケーション能力は、単に話す能力だけのことではなく、資料化するスキルも含まれていて、すなわち自分が考えている内容を適切に相手に伝えるスキルのことを指しています。

まとめ

Webマスターとは何かや、仕事内容、求められるスキルを紹介しました。

ホームページは闇雲に制作をしても成果を実現できることはなく、当ページで紹介した仕事内容や求められるスキルを意識しているWebマスターの会社ほど高い成果を実現しています。

Webマスターに就任したけど、何をすれば良いか分からないとお悩みの方は、当ページを参考にすることで、高い成果を実現できる可能性があります。

また、当社では、Webマスターの仕事についてのサポートもさせていただけますので、興味があればお気軽にご相談ください。