HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

自分でできる被リンクサイト!無料だしホームページを制作後に登録

被リンクサイトをご紹介!無料だしホームページを制作後に自分で登録

昨今、当社ではホームページ制作後に、被リンク提案は行っていません。

その理由は、被リンク効果が弱まったというよりも、大半が無効化されていて、そこにかかる時間をサイト更新に当てたほうがSEO効果を出せるからです。

ただ、おまじない程度ではありますが、以下でご紹介する無料で行える被リンクサイトには、登録をしていただくケースがあります。

被リンクサイトは価値が大切

被リンクサイトは価値が大切

今や闇雲に被リンク対策を実施されるウェブマスターはいないと思います。

それは、検索エンジンが被リンクの質を見ていて、質が低いと、ほぼ間違いなく無効化されるようになっているからです。

一応、グーグル曰く、質が低いからと言って、検索順位は下がらず、無効化するだけであると発言はしています。

ただ、これまでのホームページ制作経験で言えば、被リンク本数が多いホームページでは、検索順位が安定しないように感じています。

また、さらには、グーグルの発言を100%信用したとしても、あまりに多く低品質なものを獲得するのはおすすめではありません。

当社はホームページ制作が終わったら、グーグルサーチコンソールを導入するのですが、グーグルサーチコンソールはリンク元が確認できます。

そして、100くらいまでであれば、ある程度は容易に確認作業が行えますが、200や1,000になってくると、グーグルサーチコンソールだけでは確認作業が行いづらくなります。

もちろん、増えることが駄目だというわけではなく、増えれば、CSVダウンロードを行い、ローカルで精査していきますが、その作業には手間がかかってしまいます。

当社がホームページを制作した企業ウェブマスターは、多くが営業や事務などと兼任です。

そのため、できる限り無駄を省くためにも、低品質な数を減らすことが大切だと考えています。

もちろん、人が見たときに、質が高そうだし、登録したとしても、最終判断するのは検索エンジンになります。

ただ、せめて自分が良質であると判断したホームページにのみ登録していく方が、効果が出る確率が上がりますし、さらにはグーグルサーチコンソールの管理も容易になるのです。

そのため、当社では、基本的には、ホームページ制作後に被リンク対策は提案していませんが、クライアントが上位表示を狙うキーワードによっては以下ホームページを紹介しています。

では、具体的に、どのような被リンクサイトを紹介しているかをご紹介します。

また、もし多くの被リンクを獲得したいという場合は、金銭のやり取り以外で、条件はありますが、お気軽にお問い合わせください。

自分でできる無料の被リンクサイトへ登録

自分でできる無料の被リンクサイトへ登録

クライアントに、100%提案をしていませんが、ホームページ制作前に行うキーワード調査で、難易度が高そうなホームページには、保険として、無料の被リンクサイトを紹介します。

また、以下はリンクを貼っておりませんので、お手数ではございますが、URLアドレスをコピーしてご活用ください。

必須のホームページ

以下は必須でご登録をいただいています。

がん対策推進企業アクション https://www.gankenshin50.mhlw.go.jp/
パワーランクチェックツール https://www.ispr.net/tools/power-rank-check
スマート・ライフ・プロジェクト https://www.smartlife.mhlw.go.jp/
デジタルの日 https://digital-days.digital.go.jp/
ポジティブ・オフ https://www.mlit.go.jp/kankocho/positive-off/
知って、肝炎 https://www.kanen.org/
SDGs宣言(大阪の法人のみ) https://osaka-sdgs-biz-matching.com/partners-wanted/
地方創生テレワーク https://www.chisou.go.jp/chitele/index.html

SDGs宣言については、大阪でご紹介をしていますが、【SDGs 都道府県名】で検索をすれば、恐らく被リンクサイトが見つかると思います。

実際に、どれくらい効果があるかと言うと、ホームページを制作した直後であれば、多少ありそうに思います。

ただ、仮にSEOポイントが存在していて、80点で1ページ目に入るとしたら、10点程度になっていて、残り70点はその他対策で上げないといけません。

上記は、登録に手間はかかりますが、継続した作業が必要なく、一応、登録が必要だと判断した企業には、ホームページ制作後に必須で登録いただいています。

任意だか登録機会が多い

次に、一応任意として提案はしていますが、多くのお客さまが登録される被リンクサイトをご紹介します。

ペライチ https://peraichi.com/
lit.link https://lit.link/
Link Tree https://linktr.ee/
HTML名刺 https://html.co.jp/
にほんブログ村 https://blogmura.com/
人気ブログランキング https://blog.with2.net/

登録が非常に楽なホームページが並んでいます。

どれも有名なものになっていて、多くの企業ウェブマスターがすでに登録されているかもしれません。

これまでの経験で言えば、取り敢えず登録をして、リンクを設置しただけで検索順位が動いたケースはなく、しっかりと利用しなくてはなりません。

例えば、ペライチであれば、1ページのホームページ制作として、良質なコンテンツ作成はもちろん、さまざまな箇所で告知をする必要があります。

さらに、lit.linkやLink Tree、HTML名刺などは、ソーシャルメディアで利用すると非常に便利なものになっています。

ただ登録しただけでは、まったく意味がないので、何かしらに利用する場合のみ登録をしていきましょう。

クライアントさまは、多くが登録はしてくれていますが、実際に有効活用している企業は少ないように感じます。

登録してもらえない

登録をしてもらえない、あるいは登録をしても利用してもらえないホームページをご紹介します。

また、こちらについては、有料サイトも含んでおります。

はてなブックマーク https://b.hatena.ne.jp/
GSL(有料) https://www.gsl-co2.com/
全日本SEO協会(有料) https://www.zennihon-seo.org/

3サイトの被リンクサイトの中で、特に必ず行っていただきたいのが、はてなブックマークになります。

確かに、はてなブックマークは、10ブックマークがないと被リンク効果はありません。

ただ、基本ルールとして、1人の方が複数のアカウント開設は禁止されていますが、自社サイトのすべてのページに1ブックマークすることは許可されています。

そして、ブックマークを行えば、はてな検索に表示されるようになっていて、新たな見込み顧客が集客できるのです。

はてな検索を行う方は、当然はてなブックマークも開設しています。

そのため、はてなブックマーク数が増える可能性も飛躍的に高まり、10ブックマークを超えれば、効果を生み出せるようになっています。

当社ではホームページを制作したら、必ずはてなブックマークを推奨していますが、現実的には、クライアントの多くが利用をされていません。

また、10ブックマークを自演で行ったら、登録IPとブックマークIPの両方が管理されていて、100%ばれてしまい、永久に開設できないようになります。

その他

最後に、その他番外編として、無料ブログをご紹介いたします。

無料ブログは多くのホームページ制作実績の企業に利用をいただいていて、効果的な無料ブログを3つご紹介します。

アメブロ https://official.ameba.jp/
はてなブログ https://hatenablog.com/
note https://note.com/

上記が弊社が効果的だと思う無料ブログになります。

noteに関しては、リンクにnofollowが付与されるのですが、note自体がSEOに非常に強いのでご紹介をしています。

昨今では、無料ブログの運営量と、自社サイト内の更新量を見比べたときに、恐らく自社サイトを更新していたほうが効果が出ると思うので、息抜きで無料ブログ運営を推奨します。

ホームページ制作経験では被リンクサイトの効果は薄い

ホームページ制作経験では被リンクサイトの効果は薄い

被リンクサイトを紹介していて、言うのもなんですが、被リンクは本当に効果が弱いです。

昨今では、ホームページ制作後に、上記サイトに登録をしたとしても、目に見えるほど効果がありません。

もちろん、SEO業者などを利用して、増やせば一時的に効果があると思いますが、これまでのホームページ制作実績のお客さまを見ると、もって1年で、1年後に検索順位が下がります。

そして、信頼性が高いSEO業者では、ほとんど被リンクに頼らないSEOへと移行していて、自演までは言いませんが、自分で増やしてもあまり価値がないかもしれません。

さらに、当社サイトの例で言えば、確かに被リンクが集まった下層ページは上位表示ができますが、トップページへの影響はかなり弱くなっていると思います。

そのため、現在のSEOで言えば、ホームページ内の更新が9として、被リンクは1程度の時間配分で対策を行うのが良いでしょう。

上記で効果が弱まったとご紹介をしていますが、これまでの経験上、効果が弱いというよりも、自演はもちろんナチュラルリンクなども高い確率で無効化されていると思われます。

そのため、一応当社でも上記のような被リンクサイトの把握をしており、当ページで紹介しているよりも、もう少し多くのホームページを把握しています。

ただ、どれに登録を行っても、飛躍的に検索順位が高まったという経験はなく、ほとんど無効化されていると思います。

そのため、もちろん、対策を行われる方は、上記を参考にしていただければと思いますが、あまり高い期待はしない方が良いでしょう。

それよりも、しっかりと制作したホームページ内をユーザーのために更新する方が効果を出せると思います。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP